人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

旅慣れた海外旅行達人になる
30方法

お気に入り2 読んだ
20

チップは、
うのが

テルに到着してタクシーから降りると、ホテル従業員が待ち構えています。

ホテル従業員は、ホテルのチェックインを手伝ってくれたり、荷物を部屋まで運ぶのを手伝ってくれたりします。

サービスを受けた後、最後にチップを支払う。

これが通常のマナーです。

別におかしくもなんともありませんが、旅慣れた海外旅行の達人は少し違った行動を取ります。

タクシーから降りてすぐホテル従業員に「This is tip for you.」と言って、少し多めのチップを手渡します。

サービスを受ける前に、いきなりチップを支払います。

しかも、少し多めのチップです。

チップを受け取ったホテル従業員は、先にもらえたチップに見合うサービスを提供しようと、明るい表情で親切丁寧になります。

通常のサービス以外に「そのほか、私にできることはありませんか」と、進んで助けようとしてくれるはずです。

旅先のチップは、けちらないほうがいい。

2倍も3倍も多いチップを渡す必要はありません。

せめて、1.5倍ほど多めのチップを手渡すと、ホテル従業員の態度が、明らかによくなります。

こうしたところで、ホテルの印象が決まります。

そもそも旅慣れた人は、ホテルに限らず、チップは先に支払う習慣があります。

レストランでの食事も、先にチップを支払います。

すると、ウエイターやウエイトレスの態度が引き締まります。

表情がよくなり、サービスの質が上がります。

あらゆるサービスは、先にチップを支払っておけば、よりよいサービスが期待できます。

気持ちよく旅を進めやすくなるのです。

旅慣れた海外旅行の達人になる方法 その20

  • チップは、
    支払
旅慣れた人は「安全はお金で買うもの」という意識が強い。

もくじ
(旅慣れた海外旅行の達人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品