旅行

人生を変える
「海外旅行」のすすめ

1
19

未知の経験が、
素晴らしい教養。
教えられたわけでもなく
「なるほど」とわかることがある。

未知の経験が、素晴らしい教養。教えられたわけでもなく「なるほど」とわかることがある。 | 人生を変える「海外旅行」のすすめ

海外旅行をすれば、国内では経験できないような数々の体験ができます。

風習や文化など、母国とは大きく異なります。

「へえ、こういう文化があるのか」

「こういう町並みが世の中にはあるのか」

「母国にはない変わったマナーだ」

おそらくそのときの姿勢は、母国と比較になっていることでしょう。

私が最も印象に残っているのは、アメリカに旅行した際の「チップの習慣」でした。

アメリカではレストランで食事し終えてテーブルを離れる際、テーブルの上に15パーセント前後のチップを置く習慣があります。

チップは食事を提供してくれたウエイターやウエイトレスへの感謝の気持ちです。

 

一方、日本ではチップという習慣はありません。

食事の会計の中に、チップも含まれているという考え方です。

結局どちらも、支給してくれた人への感謝の気持ちです。

それをどこで表現するかの違いだけです。

 

「テーブルの上か、レジなのか」です。

 

初めて日本を離れ、海外で「チップ」という慣れない習慣を体験したとき、正直、最初はとても面倒と思いました。

 

しかし、しばらく滞在を続けているうちに意識が変わってきました。

チップのある習慣の国のほうが、行き届いたサービスを提供している場合が多いと感じます。

自発的にサービスを提供しようとする姿勢や心がけが、まっすぐ伝わってきます。

なぜでしょうか。

このサービス精神は、チップがある習慣があるからこそ湧き出てきます。

お客さんとしては、素晴らしいサービスを提供してもらえれば、チップとして感謝を表現できます。

金額であり、数字として評価できる。

サービスを提供する側も、より多くのチップを得たいがために、仕事を工夫したりやる気を出したりします。

その結果、気持ちが引き締まったり自発的にサービスを工夫したりするようになります。

チップの習慣によって、自然と人が育つシステムであることに気づきました。

そういうメリットがあると「チップという習慣もいいな」と思いました。

レジで淡々とお金を払うのも気楽でいいですが、テーブルの上で感謝を表現する文化も悪くはない。

そう思えるようになることが大切です。

この比較は、母国にはない経験を海外でして、初めて得られる感覚です。

海外の経験で何が貴重なのかというと、そういう母国にはないサービスを受ける場合があることです。

今まで常識だと思っていたものとは違う、別の習慣や文化に出会うと、ぱっと視野が広がる感覚があります。

未知の経験が、素晴らしい教養です。

教えられたわけでもなく「なるほど」とわかるのです。

人生を変える「海外旅行」のすすめ(19)
  • 母国にはないサービスを受けて、開眼する。
余裕がないときこそ、海外旅行をする意味は大きい。

もくじ
人生を変える「海外旅行」のすすめ
未知の経験が、素晴らしい教養。教えられたわけでもなく「なるほど」とわかることがある。 | 人生を変える「海外旅行」のすすめ

  1. さあ、世界に目を向けよう。<br>海外旅行をすると、見識が一気に広がる。
    さあ、世界に目を向けよう。
    海外旅行をすると、見識が一気に広がる。
  2. 昔に比べ、現代ほど海外旅行がしやすい時代はない。
    昔に比べ、現代ほど海外旅行がしやすい時代はない。
  3. 学生時代こそ、海外旅行をするベストタイミング。
    学生時代こそ、海外旅行をするベストタイミング。
  4. 難しく考えない。<br>「行きたい」と思ったときに行くのが一番。
    難しく考えない。
    「行きたい」と思ったときに行くのが一番。
  5. 海外旅行の第一関門は、親の説得。
    海外旅行の第一関門は、親の説得。
  6. 学生なら、遊びも勉強として受け止めてもらいやすい。
    学生なら、遊びも勉強として受け止めてもらいやすい。
  7. 海外旅行で敷居が低くなる方法。
    海外旅行で敷居が低くなる方法。
  8. 外国人に見慣れること。<br>これが見識を広める第一歩。
    外国人に見慣れること。
    これが見識を広める第一歩。
  9. 本場は、おいしくない?
    本場は、おいしくない?
  10. 自分が感じる「おいしい」という基準は、必ずしも世界共通とは限らない。
    自分が感じる「おいしい」という基準は、必ずしも世界共通とは限らない。
  11. 期待をしつつも、期待しすぎないほうがいい。
    期待をしつつも、期待しすぎないほうがいい。
  12. 「余裕ができてから」と思えるのは、すでに余裕がある証拠。
    「余裕ができてから」と思えるのは、すでに余裕がある証拠。
  13. 海外の体験は、海外でしかできない。
    海外の体験は、海外でしかできない。
  14. 批判は抜きにして「そういうものだ」と受け入れる。
    批判は抜きにして「そういうものだ」と受け入れる。
  15. 本当に素晴らしい観光地は、1回ではとても見切れない。
    本当に素晴らしい観光地は、1回ではとても見切れない。
  16. 観光地は「誰と行くか」でまったく変わる。
    観光地は「誰と行くか」でまったく変わる。
  17. 時間もお金もなくていい。<br>先に航空券を購入する。<br>すると、時間とお金は作られていく。
    時間もお金もなくていい。
    先に航空券を購入する。
    すると、時間とお金は作られていく。
  18. 海外旅行へ行くと、母国を客観視でき、素晴らしさを再認識できるようになる。
    海外旅行へ行くと、母国を客観視でき、素晴らしさを再認識できるようになる。
  19. 未知の経験が、素晴らしい教養。<br>教えられたわけでもなく「なるほど」とわかることがある。
    未知の経験が、素晴らしい教養。
    教えられたわけでもなく「なるほど」とわかることがある。
  20. 余裕がないときこそ、海外旅行をする意味は大きい。
    余裕がないときこそ、海外旅行をする意味は大きい。
  21. パスポートの出入国のスタンプは、勇気の証明。
    パスポートの出入国のスタンプは、勇気の証明。
  22. 現地の人と「挨拶」だけでなく「会話」もする。
    現地の人と「挨拶」だけでなく「会話」もする。
  23. 自分の限界を超えるのは、難しいようで簡単。
    自分の限界を超えるのは、難しいようで簡単。
  24. 若いころに受けた刺激は、その人の土台を作り上げる。
    若いころに受けた刺激は、その人の土台を作り上げる。
  25. なぜ海外に行くと、恋に落ちやすくなるのか。
    なぜ海外に行くと、恋に落ちやすくなるのか。
  26. すべてを知ったつもりになっているのは、新しい情報が入ってこないから。
    すべてを知ったつもりになっているのは、新しい情報が入ってこないから。
  27. 夢中になって写真を撮るより、自分の目で見て、感動すること。
    夢中になって写真を撮るより、自分の目で見て、感動すること。
  28. 本当に感動させられるのは「鮮明な写真」より「色あせた記憶」である。
    本当に感動させられるのは「鮮明な写真」より「色あせた記憶」である。
  29. 海外旅行によって「世界の人はすべて、同じ人間」という認識を深めることができる。
    海外旅行によって「世界の人はすべて、同じ人間」という認識を深めることができる。
  30. 興味があるから行くのではなく、行くから興味が出てくる。
    興味があるから行くのではなく、行くから興味が出てくる。

同じカテゴリーの作品