人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

旅慣れた海外旅行の達人になる
30の方法

お気に入り1 読んだ
27

本来、
現地の人が言うべき気遣いの言葉を、
逆に海外旅行者が言う。

本来、現地の人が言うべき気遣いの言葉を、逆に海外旅行者が言う。 | 旅慣れた海外旅行の達人になる30の方法

旅を楽しみたければ、逆に楽しませるという姿勢が必要です。

自発的に働きかけるということです。

態度でもそうです。

言葉でもそうです。

 

では、どうすればいいのでしょうか。

さまざまな方法がありますが、英語圏に旅行するなら、簡単に実現できます。

別れ際に「Have a nice day!」と言えばいい。

「いい1日を送ってくださいね」という意味です。

本来なら、現地の人が海外旅行者に言うところです。

大金を払って、わざわざ海外から来ていますから、気持ちのいい言葉の1つもかけるところです。

 

しかし、そうではなく、逆に海外旅行客が現地の人に言います。

これを言われて嫌な顔をする人はいません。

必ず現地の人は、嬉しい笑顔になります。

私も何度も試したことがありますが、現地の人はぱっといい笑顔になってくれます。

中には機嫌をよくして、手を振って見送ってくれる人までいるくらいです。

それを見た私も嬉しくなります。

これはさまざまな場所で使えます。

ホテルのフロントでも、タクシーの下り際でも、レストランのレジで会計を済ませた後、買い物をした後などです。

言うタイミングを探せば、1日に何度も口にする機会があるはず。

ぜひ、恥ずかしがらずに言ってみましょう。

言えば言うほど「海外を楽しんでいるぞ」というテンションが上がってくるのです。

旅慣れた海外旅行の達人になる方法 その27

  • 別れ際に
    「Have a nice day!」と言う。
旅慣れた海外旅行の達人は、チップに気持ちを込めた手紙を添える。

もくじ
(旅慣れた海外旅行の達人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品