旅行

旅慣れた海外旅行の達人になる
30の方法

読んだ お気に入り0
18

海外旅行をするなら、
現地の気候に合わせた服装で出かけること。

海外旅行をするなら、現地の気候に合わせた服装で出かけること。 | 旅慣れた海外旅行の達人になる30の方法

海外に移動するとなると、時差だけでなく、気候も大きく異なります。

場所にもよりますが、母国では冬のような寒さでも、渡航先では夏のような暑さということがあります。

暑さ寒さが逆転することは、珍しいことではありません。

日本の冬のシーズンには、オーストラリアでは夏のような暑さです。

旅慣れていない人は、つい母国の気候に合わせた服装で海外へ出かけてしまいます。

渡航先の状況を頭に入れていません。

渡航先の気候を考えた服装で出発しないと、現地に到着してから、場違いな格好に苦しむことがあります。

季節の変わり目では体調を崩しやすいように、海外旅行で気温が急に変わることで体調を崩しやすくなります。

暑さや寒さだけではありません。

湿度によって、体感も大きく異なります。

旅慣れた人は、あくまで現地の気候に合わせた格好で出かけます。

「気温」と「湿度」の両方を考慮に入れた服装で出かけるのです。

まとめ

旅慣れた海外旅行の達人になる方法 その18
  • 現地の気候に合わせた服装で、出かける。
寝るわけにもいかない微妙な待ち時間は、本を読む。

もくじ
旅慣れた海外旅行の達人になる30の方法
海外旅行をするなら、現地の気候に合わせた服装で出かけること。 | 旅慣れた海外旅行の達人になる30の方法

  1. パッケージツアーが味気なく感じ始めれば、次のステップに上がり始めた証拠。
  2. パッケージツアーに頼らない試行錯誤と悪戦苦闘が、旅を旅らしくさせる。
  3. 海外旅行をする数日前から体内リズムを整える。
  4. 飛行機のベストポジションとは。
  5. 海外旅行の達人は、身軽な格好で旅に出かける。
  6. 海外旅行の達人の語学力は高い。
    語学力が高いから、臨機応変に対応できる。
  7. なぜ達人は、棚やクローゼットをきちんと利用するのか。
  8. ホテルの部屋の使い方で、その人の本質が見えてくる。
  9. 海外旅行の達人は「トラブル」した分「落ち着き」へと変える。
  10. 旅の達人は思い出を、写真に残すより、心に残す。
  11. 旅の達人は、わずかな仮眠をたくさん取る。
  12. 海外旅行は、二度楽しむことができる。
  13. 何でもない場所のほうが、その土地の「素顔」がはっきり見える。
  14. 予定されていない出来事は、予定されている出来事より面白い。
  15. 現地に到着してから、ずれた時間を合わせるのでは遅い。
  16. 海外にいる感覚は、文章として書くと、自覚しやすくなる。
  17. 海外のお土産より、海外から手紙をもらうほうが、はるかに嬉しい。
  18. 海外旅行をするなら、現地の気候に合わせた服装で出かけること。
  19. 寝るわけにもいかない微妙な待ち時間は、本を読む。
  20. チップは、先に払うのが通。
  21. 旅慣れた人は「安全はお金で買うもの」という意識が強い。
  22. 「今日は結婚記念日だから」と言えば、通りにくいお願いが、通りやすくなる。
  23. 旅慣れた人ほど、旅行シーズンを避けて、旅行をする。
  24. 大胆に言えば、現金がなくても、海外旅行はできる。
  25. 旅慣れた人ほど、クレジットで買い物をする。
  26. 旅慣れた達人は、クレジットカードを「2枚」持って、海外に出かける。
  27. 本来、現地の人が言うべき気遣いの言葉を、逆に海外旅行者が言う。
  28. 旅慣れた海外旅行の達人は、チップに気持ちを込めた手紙を添える。
  29. なぜ海外旅行をすると、1日が長く感じられるのか。
  30. 土産話に勝るお土産はない。

同じカテゴリーの作品