人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

旅慣れた海外旅行達人になる
30方法

お気に入り0 読んだ
8

ホテル部屋使で、
その本質えてくる

外旅行で利用するホテルはどこも、メイドサービスがあります。

毎日シーツやタオルを取り換えてくれたり、部屋やお風呂場の掃除をしてくれたりするサービスです。

そういうサービスがあるからとはいえ、急に部屋を乱暴に使う人がいます。

  • 「ホテル代を払っているんだから、それくらいしてくれて当然だろう」

これはよくありません。

 

たしかに部屋や風呂場の掃除はメイドの仕事の1つですが、だから乱暴に使っていいというのは別問題です。

してくれるのは「掃除」です。

「片付け」ではありません。

乱暴に使うのは、話が別です。

メイドの立場になれば、よく分かります。

私たちの日常を思い浮かべてください。

部屋が汚ければ「だらしない人だな」と思う一方、部屋がきれいなら「きちんと自己管理ができる人だな」と思います。

部屋の状態だけで、その人の善しあしを判断されてはたまりません。

 

しかし、部屋の様子だけでそういう印象を持たれるのは事実です。

どの国の人でも、感じ方は同じです。

ホテルの掃除をしていると、めちゃくちゃな使い方をされている部屋を見て「ここに泊まっている人はそういう人か」と思われます。

どうせそのメイドとは今後一切会わないから、どう思われてもいいと思うのは、よくありません。

海外旅行は、お互いに気持ちのいいサービスを提供し合うものです。

メイドの代わりに部屋を掃除する必要はありませんが、片付けくらいはできるはずです。

ベッドから起きれば、布団をたたむ。

タオルをきれいに使う。

バスタオルは、元の位置に戻す。

これだけでも、全然違います。

  • 「おや。ここに泊まっている人は素晴らしい人だな」

誰かがそう思ってくれるだけでも、気持ちのいいことだとは思いませんか。

会って話をすることはないかもしれませんが、そう思ってくれる瞬間を作るのが、達人の仕事なのです。

旅慣れた海外旅行の達人になる方法 その8

  • ホテル部屋を、
    きれいに使
海外旅行の達人は「トラブル」した分「落ち着き」へと変える。

もくじ
(旅慣れた海外旅行の達人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品