人生の教科書



読み上げ動画・音声
旅行
手荷物を無料で丁寧に扱ってもらえる、一言とは。
旅行
ロストバゲージのほかに起こりやすい、意外な紛失の2パターン。
旅行
スーツケースに鍵がかかっているからとはいえ、安心とは限らない理由。
旅行
荷造りは大きなものから入れ、隙間を衣類で埋める。
旅行
スーツケースを買うなら、TSAロックつきがおすすめ。
旅行
ロストバゲージを防ぐ簡単な方法。

旅慣れた海外旅行達人になる
30方法

お気に入り3 読んだ
7

なぜ達人は、
クローゼットをきちんと利用するのか

テルに到着すると、誰でも最初にすることがあります。

荷物を取り出すため、スーツケースを開けることです。

ここまでは、誰もがすることでしょう。

 

しかし、旅の初心者は、開けっ放しのままにします。

ホテルに何泊かするあいだ、服や下着を取り出すとき、開けたままのスーツケースから直接取り出そうとします。

ホテルにはクローゼットや棚が用意されていますが、利用しません。

「スーツケースから直接取り出したほうが楽だろう」と思います。

 

しかし、達人は違います。

旅の達人は、ホテルに着くやいなや、スーツケースに入っているものを一度全部外に出します。

服はクローゼットに、本は本棚へ、そのほか備品は棚にしまいます。

なぜそうするのかというと、完全にホテルの部屋を「自分の部屋」にしてしまうためです。

海外では知らない場所だらけです。

だからこそ、せめてホテルの自分の部屋くらいは、完全に自分色の空間にしてしまいます。

生活の拠点であり、心のよりどころです。

体力だけでなく、精神面で安心できる場所を作ることです。

海外旅行先でも、安心できる自分の部屋があるのは大切です。

そうすることで「ここは自分の部屋だ」と思えるようになります。

気持ちの上で「今日からここは自分の部屋」と思うことが大切です。

そこで得た安心感が、ホテルの外に出たときの活動力へとつながります。

旅慣れた海外旅行の達人になる方法 その7

  • ホテルいたら、
    スーツケースのものを、
ホテルの部屋の使い方で、その人の本質が見えてくる。

もくじ
(旅慣れた海外旅行の達人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品