人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

旅慣れた海外旅行達人になる
30方法

お気に入り0 読んだ
3

海外旅行をする数日前から体内リズムえる

海外旅行をする数日前から体内リズムを整える。 | 旅慣れた海外旅行の達人になる30の方法

外旅行では、時差ぼけがネックです。

時差ぼけにならないための基本は、現地に着いたら現地のリズムに合わせることです。

到着時間が昼間なら、現地が夜になるまで寝ないほうがいい。

うっかり寝てしまうと、ずれたままの時差で脳が覚えます。

夜は眠くない一方、昼はひどく眠くなります。

眠いだけなら、まだいい。

人によっては、気分が悪くなったり吐き気を催したりすることもあります。

時差ぼけとはいえ、軽視できません。

そういうとき、少しでも時差ぼけの苦しさを軽くする方法があります。

旅行に旅立つ数日前から、現地のリズムに合わせればいい。

わざと早起きをする。

もしくはわざと徹夜をする。

海外旅行先のリズムに少しでも近づけようとします。

現地に到着してから、少しでも違和感が少なくなるように、早めに体のリズムをずらしておけばいい。

特に「時差が6時間を超える場合」は、対策を講じておいたほうがいいでしょう。

時差が6時間を超えると、海外旅行の初日に苦労する場合が多いためです。

数日前から体を慣れさせておくのがおすすめです。

完全に苦しさがなくなるとはいかないまでも、多少は時差ぼけが軽くなるはずです。

旅慣れた海外旅行の達人になる方法 その3

  • わざと早起きや夜更かしをして、
    出発前
    あらかじめリズム現地わせておく
飛行機のベストポジションとは。

もくじ
(旅慣れた海外旅行の達人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品