人生の教科書



読み上げ動画・音声
住まい
旅先で買えるものを、わざわざ持たない。
旅行
お土産を早めに買っておけば、旅の楽しみに専念しやすくなる。
旅行
海外旅行をする数日前から体内リズムを整える。
旅行
女性が荷物を減らしつつ、おしゃれを倍に楽しめる方法。

旅慣れた海外旅行達人になる
30方法

お気に入り3 読んだ
5

海外旅行達人は、
身軽格好かける

慣れていない人は、準備万全にしていくのが特徴です。

もちろん準備万全がいけないわけではありません。

知らない土地に向かいますから、準備を万全に整えるのは当然です。

 

しかし、往々にして「整えすぎる」傾向があります。

現地で何があっても完璧に対応できるよう、必要になるであろう物を全部持っていこうとします。

洋服や下着はもちろん、靴下・タオル・歯ブラシ・歯磨き粉・ドライヤー・くし・目覚まし時計。

ホテルの備品として置いてあるはずのシャンプーやリンスまで持っていこうとする人までいます。

生活に必要な、あらゆるものを持参しようとする。

小さな引っ越しのようです。

荷物が多すぎるため、スーツケースが2つも3つも必要になる場合もあります。

荷物が超過しますが「これも安全のため。仕方ない」と思い、追加料金を支払います。

実は、私が最初そうでした。

親から「もっと荷物を減らせられないのか。それは本当に使うのか」と言われていました。

初心者は、いくら準備をしても足りないような気がします。

 

一方、旅慣れている人は、逆に荷物が減ります。

ほとんどなくなる、といっても過言ではありません。

スーツケースは持ちません。

せいぜいバッグ1つです。

なぜかというと、生活品は現地で購入しようとするからです。

どんな海外旅行であろうと、そこに人がいるなら、生活用品も必ず売っているはず。

最低限、パスポートとお財布があれば、何とかなります。

よくよく考えてみれば、当たり前のことですね。

持ち物が少ないので、現地ではフットワークが軽く、動きやすくなるのです。

旅慣れた海外旅行の達人になる方法 その5

  • 必要は、
    現地購入する
海外旅行の達人の語学力は高い。
語学力が高いから、臨機応変に対応できる。

もくじ
(旅慣れた海外旅行の達人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品