人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
旅行
チップは、先に払うのが通。
独立・起業
チップは、サービスを受ける前に払うほうがいい。

旅慣れた海外旅行達人になる
30方法

お気に入り2 読んだ
28

旅慣れた海外旅行達人は、
チップ気持ちをめた手紙える

テルのメイドにはベッドメーキングやバスルームなどサービスがあります。

お金を支払っている宿泊客は「して当然、やって当然」と考えがちです。

特に日本人は、チップをお会計に含めて支払う文化があるため「チップを別に支払う」という意識が希薄です。

悪気はありませんが、慣れていない。

旅慣れていない日本人宿泊客は、メイドに対してチップを支払う人が少ないです。

普通は、ホテルのメイドに対してもいくばくかのチップを支払うのがマナーです。

テーブルの上や枕の下などに、チップを置いておくといいでしょう。

基本的に1ドルで結構です。

たとえ、チップを置く文化のない国に旅行をしたときでも、チップサービスは決して悪いことではありません。

やはりサービスを提供するメイドとしては、サービスに対する報酬がきちんと得られるのは、嬉しいことです。

 

しかし、旅慣れた達人になると、チップだけでは終わりません。

さすが達人、チップに対して、もう一工夫を加えます。

チップに手紙を添えます。

手紙とはいえ、本当に簡単なものでいい。

「Thank you」と書かれた紙の上に、少額のチップを置きます。

大変スマートです。

淡泊にチップを渡すのもいいですが、やはりチップに手紙を添えるのが、達人らしい技です。

ここです。

サービスパーソンが最も求めているのは、お金より気持ちです。

感謝です。

「Thank you」という言葉があるかないかは、全然違います。

感謝されると「やってよかったな。もっといいサービスを心がけよう」と思います。

感謝されたメイドは、ほかの宿泊客への態度がよくなったり、メイドサービスの向上に磨きをかけたりするでしょう。

品質のいいサービスの連鎖が生まれます。

その好循環の始まりは、ささいなことです。

あなたがチップに添えた「Thank you」というメッセージから、好循環は始まるのです。

旅慣れた海外旅行の達人になる方法 その28

  • 「Thank you」かれたに、
    少額チップ
なぜ海外旅行をすると、1日が長く感じられるのか。

もくじ
(旅慣れた海外旅行の達人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品