旅行

旅慣れた海外旅行の達人になる
30の方法

  • パッケージツアーが味気なく感じ始めれば、
    次のステップに上がり始めた証拠。
旅慣れた海外旅行の達人になる30の方法

もくじ
  1. パッケージツアーが味気なく感じ始めれば、次のステップに上がり始めた証拠。

    「パッケージツアーが一番だ」
    最初はそう思って利用していたものの、だんだん海外旅行に慣れてくると、不満に感じ始めることがあります。
    「パッケージツアーは自由が少ない」ということです。

  2. パッケージツアーに頼らない試行錯誤と悪戦苦闘が、旅を旅らしくさせる。

    旅慣れた達人は、パッケージツアーに頼りません。
    パッケージツアーは、楽すぎるからです。
    「楽ならそれでいいじゃないか」と思います。

  3. 海外旅行をする数日前から体内リズムを整える。

    海外旅行では、時差ぼけがネックです。
    時差ぼけにならないための基本は、現地に着いたら現地のリズムに合わせることです。
    到着時間が昼間なら、現地が夜になるまで寝ないほうがいい。

  4. 飛行機のベストポジションとは。

    初めて飛行機に乗った人にとって、大変魅力的に感じる席があります。
    「窓側の席」です。
    飛行機に乗るからには、やはりいい景色を見たいと思います。

  5. 海外旅行の達人は、身軽な格好で旅に出かける。

    旅慣れていない人は、準備万全にしていくのが特徴です。
    もちろん準備万全がいけないわけではありません。
    知らない土地に向かいますから、準備を万全に整えるのは当然です。

  6. 海外旅行の達人の語学力は高い。
    語学力が高いから、臨機応変に対応できる。

    海外旅行の達人の条件とは、臨機応変に対応ができることです。
    海外旅行では、すべてが予定されたとおりに進むとは限りません。
    体調を崩したり、予約していた飛行機がキャンセルになったり、盗難に遭ったり、道に迷ったりなど、何が起こるか分かりません。

  7. なぜ達人は、棚やクローゼットをきちんと利用するのか。

    ホテルに到着すると、誰でも最初にすることがあります。
    荷物を取り出すため、スーツケースを開けることです。
    ここまでは、誰もがすることでしょう。

  8. ホテルの部屋の使い方で、その人の本質が見えてくる。

    海外旅行で利用するホテルはどこも、メイドサービスがあります。
    毎日シーツやタオルを取り換えてくれたり、部屋やお風呂場の掃除をしてくれたりするサービスです。
    そういうサービスがあるからとはいえ、急に部屋を乱暴に使う人がいます。

  9. 海外旅行の達人は「トラブル」した分「落ち着き」へと変える。

    海外では、何があるか分かりません。
    一度、海外で盗難に遭った。
    飛行機が時間より大幅に遅れた、もしくはキャンセルになった。

  10. 旅の達人は思い出を、写真に残すより、心に残す。

    旅慣れた人は、カメラを持ち歩きません。
    だからとはいえ、旅を楽しんでいないわけではありません。
    旅に慣れれば慣れるほど、カメラは持ち歩かなくなります。

  11. 旅の達人は、わずかな仮眠をたくさん取る。

    海外旅行をするとき、旅慣れていない人は、体力勝負で旅行をしようとします。
    朝から晩まで体力が続くかぎり、歩いて歩いて歩き回ろうとします。
    若い時期なら、体力勝負の旅もいいですが、年齢が高い人にはつらいことでしょう。

  12. 海外旅行は、二度楽しむことができる。

    海外旅行は、二度楽しめます。
    一度目は「実際に自分が旅行をして楽しむこと」です。
    海外の文化・通貨・言葉など、ギャップをたくさん感じて、大いに感動します。

  13. 何でもない場所のほうが、その土地の「素顔」がはっきり見える。

    海外旅行で行くところと言えば、やはり観光地が代表的です。
    その国の名所旧跡は、その国の文化や歴史の代表になっていることでしょう。
    そのほか、有名なショッピングモール・博物館・美術館などもあります。

  14. 予定されていない出来事は、予定されている出来事より面白い。

    私は、1人で海外旅行を楽しむとき、予定はほとんど立てません。
    以前は、予定を綿密に立てていましたが、いつのころからか予定を立てなくなりました。
    予定を立てずに向かう海外旅行は、予定を立てる旅行にはない刺激があるからです。

  15. 現地に到着してから、ずれた時間を合わせるのでは遅い。

    海外旅行では遠くを移動するため、時差があります。
    よほど近場の国なら別ですが、山や海を越える海外旅行では、時差があるのがほとんどでしょう。
    現地に到着してから、時計の時刻を合わせる作業が必要です。

  16. 海外にいる感覚は、文章として書くと、自覚しやすくなる。

    台北に海外旅行に行ったとき、ひときわ高いタワーが視界に入りました。
    雲を突き抜けるほどの高いタワーです。
    ガイドブックで調べると、101階建ての「TAIPEI101」というタワーだそうです。

  17. 海外のお土産より、海外から手紙をもらうほうが、はるかに嬉しい。

    ある日、旅慣れた友達からの手紙が届きました。
    なんと海外からの手紙です。
    「今、○○にいるよ。元気でやっています。そちらはどうですか」という内容でした。

  18. 海外旅行をするなら、現地の気候に合わせた服装で出かけること。

    海外に移動するとなると、時差だけでなく、気候も大きく異なります。
    場所にもよりますが、母国では冬のような寒さでも、渡航先では夏のような暑さということがあります。
    暑さ寒さが逆転することは、珍しいことではありません。

  19. 寝るわけにもいかない微妙な待ち時間は、本を読む。

    旅では待ち時間が、発生します。
    空港に早めに到着すれば、搭乗時間までに椅子に座って待っている時間があります。
    海外でのテーマパークでは、思わぬ待ち時間に苦しめられることもあります。

  20. チップは、先に払うのが通。

    ホテルに到着してタクシーから降りると、ホテル従業員が待ち構えています。
    ホテル従業員は、ホテルのチェックインを手伝ってくれたり、荷物を部屋まで運ぶのを手伝ってくれたりします。
    サービスを受けた後、最後にチップを支払う。

  21. 旅慣れた人は「安全はお金で買うもの」という意識が強い。

    旅行者は誰でも、できるだけお金をかけないようにしたがります。
    貧乏の人でもお金持ちでも、やはり必要な金額が小さいほうが助かります。
    「無駄なお金はかけたくない。できるだけ旅費は抑えたい」

  22. 「今日は結婚記念日だから」と言えば、通りにくいお願いが、通りやすくなる。

    夫婦で海外旅行に行く場合、やはりホテルの部屋にはこだわりたいところです。
    ホテルの部屋と言っても、ピンキリです。
    1階より10階のほうが眺めはいい。

  23. 旅慣れた人ほど、旅行シーズンを避けて、旅行をする。

    観光シーズンのど真ん中に、うっかり韓国旅行に行ったことがあります。
    3月の連休なので気温も過ごしやすく、海外旅行にはうってつけのシーズンです。
     

  24. 大胆に言えば、現金がなくても、海外旅行はできる。

    海外旅行では、現地の通貨で買い物をすることになりますね。
    韓国なら「ウォン」。
    タイなら「バーツ」。

  25. 旅慣れた人ほど、クレジットで買い物をする。

    旅慣れた海外旅行の達人ほど「現金は持たない主義」の人が多い。
    旅の達人ほど、クレジットカードの力を最大限に活用するためです。
    もちろんまったく現金を持たないわけではありません。

  26. 旅慣れた達人は、クレジットカードを「2枚」持って、海外に出かける。

    旅慣れた人はクレジットカードを使って買い物をします。
    海外旅行では、現金を持ち歩くのは危険です。
    万が一、落としたとき、取り返しがつきません。

  27. 本来、現地の人が言うべき気遣いの言葉を、逆に海外旅行者が言う。

    旅を楽しみたければ、逆に楽しませるという姿勢が必要です。
    自発的に働きかけるということです。
    態度でもそうです。

  28. 旅慣れた海外旅行の達人は、チップに気持ちを込めた手紙を添える。

    ホテルのメイドにはベッドメーキングやバスルームなどサービスがあります。
    お金を支払っている宿泊客は「して当然、やって当然」と考えがちです。
    特に日本人は、チップをお会計に含めて支払う文化があるため「チップを別に支払う」という意識が希薄です。

  29. なぜ海外旅行をすると、1日が長く感じられるのか。

    初めてシンガポールに行ったとき、時計を持っていきませんでした。
    「時計くらい現地にたくさんあるだろう」
    そう甘く考えていました。

  30. 土産話に勝るお土産はない。

    旅行に行ったら、お土産です。
    旅行中は、友達や職場の人のためにお土産を買うことがあるでしょう。
    お土産の選び方は、簡単そうで難しい。

同じカテゴリーの作品