ダイエット

ウォーキング・ダイエットのすすめ

6
5

有酸素運動が、
ダイエットに効果がある理由。

有酸素運動が、ダイエットに効果がある理由。 | ウォーキング・ダイエットのすすめ

体を動かす運動は、どれも同じと思っていませんか。

同じではありません。

大きく分けて、2種類の運動があります。

 

「無酸素運動」と「有酸素運動」です。

 

代表的な無酸素運動といえば「短距離走」や「筋トレ」などです。

無酸素運動という言葉から誤解されがちですが、息を止めてする運動という意味ではありません。

「エネルギーを作り出す際、酸素を必要としない運動」のことです。

私たちは普段、呼吸で酸素を取り込みながらエネルギーを作り出しています。

 

しかし、無酸素運動は、短時間で急激な運動をするため、息をしっかり吸って酸素を取り込む時間がありません。

そこでどうするのかというと、酸素を必要としない方法でエネルギーを取り出しています。

そのエネルギー源とは、血球に含まれる炭水化物です。

血中に含まれる炭水化物をもとに、エネルギーを素早く取り出すため、急な運動が可能です。

 

しかし、急な運動によって、痛みやだるさを伴う「乳酸」という成分が、血中に含まれるようになります。

この乳酸があるため、痛みやだるさが伴い、運動を長時間続けたくても続けられなくなります。

短時間で強い力は発揮しやすいが、長時間続けるのが難しく疲れやすい特徴があります。

 

一方、有酸素運動とはどんなものでしょうか。

無酸素運動とは逆に「エネルギーを作り出す際、酸素を必要とする運動」という意味です。

 

では、この有酸素運動のメカニズムをご説明しましょう。

普段私たちは、食事から摂取した「糖分」と、吸った息に含まれる「酸素」をもとに、エネルギーを作り出しています。

糖分と酸素が結合すると、エネルギーが生まれます。

そういう意味では、普段から私たちは有酸素運動をしているといえばしています。

わかりやすく言えば「いつもより酸素をたっぷり吸って、いつもよりエネルギー消費のペースを上げよう」というイメージです。

代表的な有酸素運動は「ウォーキング」「水泳」「サイクリング」「エアロビクス」などです。

この有酸素運動を続けることで、ある変化が生まれます。

長時間続けていると、血中の糖分が不足し始めます。

普段なら、おなかがすくこのタイミングで食事の時間になりますが、有酸素運動はそうもいきません。

そこで代わりのエネルギー源として、脂肪組織を分解し、活用し始めます。

脂肪1グラムは、9キロカロリーもあります。

しかも有酸素運動は、無酸素の場合とは違い「乳酸が作られにくい」という特徴もあります。

そのため、疲れやだるさを感じにくく、長時間続けることが可能です。

疲れにくくて脂肪を燃焼しやすい。

このことで、ダイエットにも効果があると言われるのです。

ウォーキング・ダイエットのすすめ(5)
  • ダイエットのために、有酸素運動をする。
食後に軽い散歩をするだけで、太りにくくなる。

もくじ
ウォーキング・ダイエットのすすめ
有酸素運動が、ダイエットに効果がある理由。 | ウォーキング・ダイエットのすすめ

  1. ダイエットを「食べない」という方法だけに頼っている人は要注意。
    ダイエットを「食べない」という方法だけに頼っている人は要注意。
  2. さまざまなスポーツの中で、ウォーキングほど場所と時間を問わないものはない。
    さまざまなスポーツの中で、ウォーキングほど場所と時間を問わないものはない。
  3. 明確な目標があるほうが、モチベーションは向上する。
    明確な目標があるほうが、モチベーションは向上する。
  4. 「だらだらした散歩」と「有酸素運動としてのウォーキング」は、似て非なるもの。
    「だらだらした散歩」と「有酸素運動としてのウォーキング」は、似て非なるもの。
  5. 有酸素運動が、ダイエットに効果がある理由。
    有酸素運動が、ダイエットに効果がある理由。
  6. 食後に軽い散歩をするだけで、太りにくくなる。
    食後に軽い散歩をするだけで、太りにくくなる。
  7. 運動すれば、すぐ脂肪が燃焼されるわけではない。
    運動すれば、すぐ脂肪が燃焼されるわけではない。
  8. 有酸素運動を意識するなら、時速4キロのペースを目安に歩きたい。
    有酸素運動を意識するなら、時速4キロのペースを目安に歩きたい。
  9. 水分補給は、ウォーキング前にするのがポイント。
    水分補給は、ウォーキング前にするのがポイント。
  10. たくさん汗をかく人は、ミネラル不足に陥りやすい。
    たくさん汗をかく人は、ミネラル不足に陥りやすい。
  11. 汗をかくことで、毒も体外へ排出される。
    汗をかくことで、毒も体外へ排出される。
  12. コーヒーを飲んだ30分後にウォーキングすれば、ダイエット効果は倍増する。
    コーヒーを飲んだ30分後にウォーキングすれば、ダイエット効果は倍増する。
  13. 少し厚着をしたほうが、汗はたくさん出て痩せやすい。
    少し厚着をしたほうが、汗はたくさん出て痩せやすい。
  14. 「足腰を強くする」というのは「人生に対して強くなる」ということ。
    「足腰を強くする」というのは「人生に対して強くなる」ということ。
  15. ウォーキングほど、運動量の調整がしやすい有酸素運動はない。
    ウォーキングほど、運動量の調整がしやすい有酸素運動はない。
  16. 記録をつけ始めると、その時点で、ダイエットの半分は成功している。
    記録をつけ始めると、その時点で、ダイエットの半分は成功している。
  17. 腕を90度に曲げながら歩くと、上半身を鍛えながら歩くことができる。
    腕を90度に曲げながら歩くと、上半身を鍛えながら歩くことができる。
  18. 昨日と比べて1キロ痩せたと喜ぶのは、大きな思い違い。
    昨日と比べて1キロ痩せたと喜ぶのは、大きな思い違い。
  19. 消費カロリーは「歩いた距離」は目安にならない。<br>「歩く速さ」と「歩いた時間」をもとに考えること。
    消費カロリーは「歩いた距離」は目安にならない。
    「歩く速さ」と「歩いた時間」をもとに考えること。
  20. 本当に大変なのは、ウォーキングより、ウォーキングが終わった後。
    本当に大変なのは、ウォーキングより、ウォーキングが終わった後。
  21. ウォーキング・シューズは、自腹で買うほうが効果的。
    ウォーキング・シューズは、自腹で買うほうが効果的。
  22. 歩く気分が乗らないときは、ハイテンポの音楽を聴けばいい。
    歩く気分が乗らないときは、ハイテンポの音楽を聴けばいい。
  23. 音楽がなくても、自分の足音を聞けば、いつでもリズムに乗れる。
    音楽がなくても、自分の足音を聞けば、いつでもリズムに乗れる。
  24. 夜にウォーキングをするときの、ベストな流れ。
    夜にウォーキングをするときの、ベストな流れ。
  25. 「音楽のリズム」と「足のリズム」を合わせれば、相乗効果が得られる。
    「音楽のリズム」と「足のリズム」を合わせれば、相乗効果が得られる。
  26. どんなに忙しい人であろうと、きちんと探せば、歩けるチャンスは必ずあるはず。
    どんなに忙しい人であろうと、きちんと探せば、歩けるチャンスは必ずあるはず。
  27. 「痩せること」はあえて忘れる。<br>「楽しみ、喜び」から考えると、ダイエットはうまくいく。
    「痩せること」はあえて忘れる。
    「楽しみ、喜び」から考えると、ダイエットはうまくいく。
  28. ウォーキングをしてかく汗は、その人を芯から輝かせる。
    ウォーキングをしてかく汗は、その人を芯から輝かせる。
  29. ウォーキングのとき動かすのは、足や腕だけではない。<br>大切な部分を忘れていませんか。
    ウォーキングのとき動かすのは、足や腕だけではない。
    大切な部分を忘れていませんか。
  30. ウォーキング・ダイエットの効果を倍にする、ささいな工夫。
    ウォーキング・ダイエットの効果を倍にする、ささいな工夫。

同じカテゴリーの作品