ダイエットが成功する
30の方法

  • 「痩せるぞ」という決意から、
    ダイエットは始まる。
ダイエットが成功する30の方法

「痩せるぞ」という決意から、ダイエットは始まる。

まず、ダイエットは「痩せるぞ」という決意から始まります。
そういう意志を固めることです。
自然といつの間にか痩せられれば一番理想的ですが、できれば苦労しません。

「痩せるぞ」という決意から、ダイエットは始まる。

食べないダイエットほど、失敗しやすいダイエット法はない。

ダイエットをする前に、まずは「一番してはいけないダイエット法」から紹介します。
「食べないダイエット法」です。
食べる量を減らすなら、まだわかります。

食べないダイエットほど、失敗しやすいダイエット法はない。

朝食を抜くダイエットだけはやめてほしい。

ダイエットに慣れていない人が犯しがちな過ちがあります。
特にダイエットの初心者は、ほとんどの人が次のような過ちを犯します。
朝食を抜くことです。

朝食を抜くダイエットだけはやめてほしい。

用事もないのに、コンビニには行かない。

ダイエットを意識するなら、コンビニも意識しましょう。
何を意識するのかというと「用事もないのに入らない」ということです。
普段私たちは、お店に行く用事があって向かいます。

用事もないのに、コンビニには行かない。

寝る直前は、食事をしない。

朝と昼は、どんなに食べても太りません。
体や頭をフル活動させるからです。
日中は体を動かす機会が多いため、カロリーの消費も大きくなります。

寝る直前は、食事をしない。

ダイエットのポイント。
「夜は食べない。
朝に食べる」

ダイエットのポイントは「夜食べず、朝食べる」ということです。
往々にしてダイエットに失敗する人は、ただ徹底的に食べる量ばかりを減らすことだけを考えがちです。
食べることを我慢するからストレスがたまり、挫折しやすく、あるとき爆発します。

ダイエットのポイント。「夜は食べない。朝に食べる」

寝られないときには、ホットミルクやホットココアを飲めばいい。

おなかがすいて寝られないときがあります。
「おなかがすきすぎて寝られない」
私の場合、そういうことが何度もありました。

寝られないときには、ホットミルクやホットココアを飲めばいい。

スナック菓子は、かわいい顔をした悪魔。

ダイエット中は、コンビニで売られているスナック菓子はやめるようにしましょう。
チョコレート・ポテトチップ・クッキーなどには、カロリーの高い油分が多く含まれています。
しかもその油分は「トランス脂肪酸」という大変質の悪い油を使っています。

スナック菓子は、かわいい顔をした悪魔。

パンよりご飯のほうが、ダイエットが成功しやすい。

若い女性は、パンが好きな人がたくさんいます。
おしゃれでかわいいパンは、つい手にとって、口にしてしまいます。
かわいくて、食べやすく、おいしい。

パンよりご飯のほうが、ダイエットが成功しやすい。

空腹感は、笑ってごまかす。

私は、お笑い番組が好きです。
お笑いとはいえ、ばかばかしいことを言っているだけではありません。
もちろん一部にはくだらない内容もありますが、一般的に人気のあるお笑い芸人ほど、知性的な内容です。

空腹感は、笑ってごまかす。

噛む回数を増やせば、食べる量も自然と減る。

太りやすい人の食生活には共通点があります。
「早食い」です。
まず、一口の量が多い。

噛む回数を増やせば、食べる量も自然と減る。

朝は、1杯の野菜ジュースから。

睡眠中とはいえ、汗をかきます。
体温調節のために、寝ている間にも大量の水分を放出しています。
一晩の間に、およそ500ミリリットルの水分が失われていると言われています。

朝は、1杯の野菜ジュースから。

痩せるために、バスタイムを工夫しよう。

あなたはお風呂に入るとき、何か工夫をしていますか。
ダイエットで控えたほうがいい入浴方法を紹介します。
控えたほうがいい入浴方法は、2つあります。

痩せるために、バスタイムを工夫しよう。

豆腐は、最高のダイエットフード。

健康を保ちながら痩せるためには、食べることが大前提です。
食べないと栄養が不足してしまい、肌も髪も元気がなくなり、筋力も衰えます。
できるだけ多種多様な食品を取って、栄養バランスを整えることが重要です。

豆腐は、最高のダイエットフード。

太る原因は「太りやすい体質」だからではない。
「体を動かさない習慣」こそ、真の原因である。

太っている人には、ある共通点があります。
「体を動かさない習慣」です。
自転車・自動車・エレベーター・エスカレーターなど、便利な道具が増えました。

太る原因は「太りやすい体質」だからではない。「体を動かさない習慣」こそ、真の原因である。

テレビ・パソコン・携帯を見つめていると、寝つきが悪くなる。

ダイエットにつながる指導は、食生活だけではありません。
普段の生活の中でも、ぜひ実践していただきたいことがあります。
寝る1時間前からは、テレビ・パソコン・携帯から離れるということです。

テレビ・パソコン・携帯を見つめていると、寝つきが悪くなる。

寝る前は「読書」と「ストレッチ」がおすすめ。

寝る1時間前からは、テレビ・パソコン・携帯から離れるようにしましょう。
寝つきが悪くなり、疲労回復を妨げます。
肌に悪影響を及ぼすばかりか、疲れも取れにくくなってしまいます。

寝る前は「読書」と「ストレッチ」がおすすめ。

つま先歩きで、手軽にカロリー消費をアップ。

できるだけ多くカロリーを消費するために、ジムに通う人がいます。
もちろんお金に余裕があったり、行きたい気持ちがあったりすればいいでしょう。
しかし、わざわざジムに通わなくても、普段の生活で手軽に実践できるカロリーの消費アップ方法があります。

つま先歩きで、手軽にカロリー消費をアップ。

「お菓子・コンビニ・テレビ」を、視界に入れない。

ダイエットを成功させたければ、普段の生活の中でできるだけ「視界に入れてはいけないもの」が3つあります。
・お菓子
・コンビニ

「お菓子・コンビニ・テレビ」を、視界に入れない。

カロリーオフの人工甘味料には、意外な危険性がある。

ソフトドリンクは、砂糖の塊です。
一般的なソフトドリンク1本にどのくらいの砂糖が含まれていると思いますか。
実は、大さじ10杯にも及ぶ砂糖が含まれています。

カロリーオフの人工甘味料には、意外な危険性がある。

プラスを想像していると、食事がよりおいしくなる。

おいしい食事を取ると、単純に人は元気になります。
食べることは、人間の3大欲の1つです。
どんなにつらいときでも腹は減るし、おいしいものを食べると明るく元気が出てきます。

プラスを想像していると、食事がよりおいしくなる。

毎日、お風呂上がりに体重計に乗る。

あなたのお風呂場の脱衣室には体重計がありますか。
体重計がなければ、ぜひ置いてください。
ダイエット食品を買うお金があるなら、多少お金がかかっても、体重計を買うべきです。

毎日、お風呂上がりに体重計に乗る。

夜型人間は太りやすい。
朝型人間は太りにくい。

この世には、原因と結果の法則が働いています。
スリムな人は、スリムになるような原因があります。
逆に、肥満体の人は、太るような原因があります。

夜型人間は太りやすい。朝型人間は太りにくい。

太っている人とは、距離を置く。

ダイエットを成功させるために、1つ忠告があります。
一部の人には反感を抱かれる内容であるのは承知ですが、話をさせてください。
「太っている友人と距離を置く」という方法です。

太っている人とは、距離を置く。

食前の一口の水が、食事の量を抑える。

食事の量を抑える工夫があるのでご紹介します。
誰にでもできる簡単な方法です。
食事の前に、ほんの一口の水を飲むことです。

食前の一口の水が、食事の量を抑える。

太っている人と痩せている人は、食べ方に違いがある。

「太っている人」と「痩せている人」の違いは、食事のときにはっきり現れます。
誰が見てもわかるほどです。
太っている人の気になる特徴といえば「一口で食べる量が多いこと」です。

太っている人と痩せている人は、食べ方に違いがある。

ストレス管理こそ、ダイエットに成否を分ける。

私の失敗談を1つ紹介します。
ある日、仕事で大きな失敗をしてしまい、ストレスのため食べすぎてしまったことがあります。
足元はふらふらで、元気を出そうとする元気も残っていませんでした。

ストレス管理こそ、ダイエットに成否を分ける。

1品目ばかりを食べるダイエットは、痩せることができても体には悪い。

テレビや雑誌では「○○ダイエット」というダイエット方法を紹介しているのを見かけます。
1つの食材ばかりを食べるダイエット方法です。
たとえば、リンゴダイエット、バナナダイエット、納豆ダイエットなどです。

1品目ばかりを食べるダイエットは、痩せることができても体には悪い。

カラオケは「カロリー消費・ストレス発散・友人との交友」を同時に実現する。

ダイエットをし始めると、1つ困ったことが出てきます。
人付き合いが悪くなることです。
たとえば、ダイエットでは夜更かしは厳禁ですから、友人からの遊びの誘いを断ることになります。

カラオケは「カロリー消費・ストレス発散・友人との交友」を同時に実現する。

サプリメントは、生活の支えの1つ。

栄養面での理想は、食事から取ることです。
さまざまな食事を口にして、いろいろなおいしさを楽しみながらビタミン類を摂取できれば、食生活が華やかになります。
ダイエットも成功しやすくなります。

サプリメントは、生活の支えの1つ。

同じカテゴリーの作品

1:10:24
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION