人生の教科書



健康

早朝の散歩習慣のすすめ

お気に入り16 読んだ
23

くよくよ悩む暇があるなら、
とにかく歩け。

くよくよ悩む暇があるなら、とにかく歩け。 | 早朝の散歩習慣のすすめ

仕事や人間関係で悩むことがあります。

悩んだときには、とにかく歩くのが一番です。

じっとしていても、事態は好転しません。

何もしていない状態が、余計に悩みを大きくさせてしまいます。

人間はじっとしていると、悪いほうへ妄想を膨らませがちです。

悩んだときには、体を動かすのが一番です。

歩くと、体を動かしているうちに、つらいことから意識が離れていくようになります。

「歩いた」という達成感が得られるので、気分転換のきっかけがつかみやすい。

また運動することそのものが、ストレス発散の効果もあります。

歩き疲れて、寝て起きたときには、体が楽になっているはずです。

まとめ

早朝の散歩習慣のすすめ その23
  • 悩んだときは、たくさん歩いてストレス発散させる。
次のページ >>
目で本を読むより、耳で本を読むほうが、考えが膨らみやすい。

もくじ
(早朝の散歩習慣のすすめ)

同じカテゴリーの作品