健康

健康のためになる
30の散歩術

  • なぜ、
    老いるときには、
    あっという間に老いるのか。
健康のためになる30の散歩術

もくじ
  1. なぜ、老いるときには、あっという間に老いるのか。

    いく人ものご老人と接するとき、ふと気づくことがあります。
    体力低下や筋力低下は少しずつ始まりますが、あるとき、一気に低下する時期があります。
    あっという間です。

  2. ウォーキング初心者は「歩数単位」より「時間単位」で始めるほうがうまくいく。

    「1日10,000歩を目標にするぞ!」
    ウォーキングと言えば、歩く歩数を最初に思い浮かべてしまいがちです。
     

  3. 「たった3分だけ歩こう」そう思うほうが始めやすい。

    ウォーキング初心者は「歩数単位」より「時間単位」で考えるほうが気は楽で、始めやすくなります。
    歩数単位で考えようとすると、歩数計を購入する必要がありますが、時間単位なら、準備が不要だからです。
    さらには時間単位のほうが、桁数が少ないものです。

  4. 歩数計は、歩数を測るだけの道具ではない。
    やる気を発生させる効果もある。

    しばらくしてウォーキングを続けて慣れてくれば、さっそく「歩数計」を買いましょう。
    これはウォーキングを続けていく上で、なくてはならない道具です。
    初心者なら、最初は簡易的なもので十分でしょう。

  5. 高機能な歩数計は、よきアドバイザー役になる。

    ウォーキングに慣れて、1日10,000歩くらい歩けるようになれば、さっそくステップアップです。
    何をステップアップさせるのかというと、歩く歩数だけではありません。
    もうワンランク上の歩数計を購入します。

  6. スポーツにかけるお金は、健康への投資であり、医療費の節約と考える。

    どんなスポーツでもそうですが、本格的に始めると、やはりお金がかかり始めます。
    野球や水泳などは、使用料金を支払う必要があります。
    移動する手間があるので、なかなか手軽にとはいきません。

  7. 外を歩くだけで、自然と免疫力が上がる。

    室内でこもってばかりいると、いつも同じ空気を吸うことになります。
    高機能な空気清浄機の登場によって、ミクロのちり・ごみ・ウイルスなども除去でき、よりきれいな空気に触れる機会が増えました。
    大変きれいな空気に触れるので、清潔感あふれる生活です。

  8. 人生を決める分岐点は、学生時代だけではない。
    社会人になってからもある。

    学生時代は、いくら食べても太りませんでした。
    普通に学生生活を送っているだけで、運動をする機会が頻繁にあります。
    毎日学校があるため、歩いて登校、もしくは自転車をこいで登校することになります。

  9. 自分の平熱は把握しているのに、1日の歩数を把握していない人は、多い。

    健康管理のため「平熱」を知っておくことは、重要です。
    平熱が分かっていると、自分の体調について、平熱を基準にして体調の変化を確かめることができます。
    平熱なら、多くの人が把握していることでしょう。

  10. 睡眠時間はためられないが、歩いた歩数ならためることができる。

    睡眠は、ためることができません。
     
    たとえば、1日平均6時間睡眠の人が「今日12時間寝たから、明日はまったく寝なくても大丈夫」というわけにはいきません。

  11. ウォーキングの目標は「1日単位」より「1週間単位」のほうがうまくいく。

    「1日○○歩、歩こう」
    歩く目標を立てるとき、真っ先に歩く歩数の目安を決めてしまいます。
    これはこれで合理的です。

  12. 健康で大切なのは「1日に歩いた歩数」より「歩き続けた日数」。

    「1日に何歩歩けば、健康になれるのだろうか」
    健康維持には、やはり目標がなくてはなりません。
    このくらい歩くべきという具体的な数字があれば、取り組みやすくなるでしょう。

  13. 健康を意識するなら、最低でも1日5,000歩は歩くべきだ。

    「気分転換」や「リラックス」のために歩くなら、あまり歩数は関係ありません。
    ぶらぶらのんびり歩くことで、自然と体の緊張が解けていきます。
     

  14. なぜ、足は第2の心臓と呼ばれるのか。

    「心臓」は、血液を体全身に送り出すポンプです。
    心臓によって動脈へ血液を送り出します。
    体全身を一周した後、静脈を通ってまた心臓に戻ります。

  15. ウォーキングの初心者は、坂道や不安定な道は避けておきたい。

    基本的に散歩は、どこでもOKです。
    気の向くままに歩けるのが散歩のいいところです。
     

  16. きれいな姿勢で歩く、3つのチェックポイント。

    歩くときには、美しい姿勢が大切です。
    姿勢が悪いと、関節を痛めたり疲れやすくなったりするためです。
    正しい姿勢で歩くことで、外見から美しくなれます。

  17. 大型デパートは、楽しみながら歩ける散歩コースの穴場。

    私は、よく買い物で週末は大型デパートに行きます。
    だいたい本屋が目的ですが、洋服も見たり靴も見たりと脱線してしまいます。
    大型デパートには、さまざまな店がひしめき合っています。

  18. 歩く習慣は、老若男女が死ぬまで一生楽しめるスポーツだ。

    年を取って動かなくなる。
    動かないから、筋力が衰える。
    さらに筋力が衰えるため、さらに動かなくなり、さらに衰える。

  19. 大きな目印があると、歩きやすくなる。

    ある日、歩いていると、ふと発見したことがあります。
    私の家からは、遠くからでも見える大きな目印があります。
    「あそこを目指して歩こう」

  20. 年を取るにつれて、運動量は増やさなければいけない。

    基本的に、年を取るにつれて、歩く歩数は必要です。
    昔と変わらぬ食事量と運動量なら、年を取っても同じ体型が維持できるというのは、間違いです。
    食事量と運動量が変わらなくても、年を取ると体型が崩れます。

  21. ウォーキングが大変だと思っている本当の正体。

    「ウォーキングは大変だ」
    「どうにも疲れを感じて、やる気が起きない」
    「体がだるくて、言うことを聞かない」

  22. 水中ウォーキングには、陸の上ではできないメリットがある。

    プールと言えば「泳ぐ」というイメージばかりが先行しますが、泳ぐだけではありません。
    「泳ぐ」のではなく「歩く」運動もあります。
    「水中ウォーキング」です。

  23. 気分転換には、コーヒーより散歩のほうが効果的。

    軽く気分転換をしたいとき、あなたならいつもどうしていますか。
    コーヒーを飲んだり、タバコを吸ったり、音楽を気分転換に活用している人も多いのではないでしょうか。
     

  24. 空腹状態でのウォーキングは控える。
    特に朝は要注意。

    ウォーキングをするとき「運動と食事のタイミング」について考えたことがありますか。
    「運動をしてから食事をする」
    そういうパターンの人もいるのではないでしょうか。

  25. なぜ、食事をした直後の運動は、おなかが痛くなるのか。

    学生時代を思い出しましょう。
    給食後の体育の授業で、おなかが痛くなった経験はありませんか。
    食後、すぐ激しい運動をすると、横腹あたりが痛くなります。

  26. 「激しい運動かどうか」の基準は「走る運動かどうか」で分かれる。

    食後をした直後は、激しい運動を控えるほうが、賢明です。
    おなかが痛くなって、運動をしたくてもなかなかできないのが現実です。
     

  27. 自動販売機やコンビニを利用すれば、ペットボトルを持ち歩く手間から解放される。

    ウォーキングをすれば汗をかき、汗をかけば喉も渇きます。
    そこで、ペットボトルを持参してウォーキングに出かける人も多いのではないでしょうか。
    500ミリのペットボトルなら、500グラムということになります。

  28. 歩きながらの計算で、右脳だけでなく左脳も鍛える。

    しばらく歩いていると、淡々と歩くウォーキングに何か変化をつけたいと思うようになります。
    ウォーキングに飽きが来ない工夫の1つに「計算をしながらウォーキング」という方法があります。
    具体的にどうするのかというと、歩いている途中、視界に入る数字を足すという内容です。

  29. ただ歩くだけで、多くの筋肉を同時に鍛えることができる。

    人間の全身には、およそ400種類の筋肉があります。
    全身に数多くの関節が存在しますね。
    関節1つに使われる筋肉は、1つではありません。

  30. なぜ山登りを始めると、足が止まらなくなるのか。

    私の実家の近くに「谷上山」という山があります。
    それほど大きな山ではありません。
    標高455メートルの小さな山ですが、頂上には展望台もあり、地元ではそれなりに有名なところです。

同じカテゴリーの作品