人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

早朝散歩習慣のすすめ

お気に入り6 読んだ
27

リラックスめるなら、
れのより、
むしろのほうがいい

リラックスを求めるなら、晴れの日より、むしろ雨の日のほうがいい。 | 早朝の散歩習慣のすすめ

歩を雨の日にしたことがありますか。

雨の日は、ほとんどの人が外を歩くのを控えることでしょう。

傘を差すのが面倒です。

足元が濡れます。

 

しかし、意外なことに、晴れた日より雨の日のほうがリラックスしながら歩けます。

一度経験したことがある人なら分かっていただけると思います。

なぜでしょうか。

雨の日は、マイナスイオンが町中に広がるためです。

マイナスイオンとは、空気中に含まれるわずかな電気を帯びた分子集団のことを言います。

目には見えない空気分子ですが、大変微弱ながらプラスやマイナスの電気を帯びています。

電気を帯びているとはいえ、微弱で感電するわけではありません。

この電気を帯びているというのが重要で、人体にさまざまな効用をもたらします。

プラスイオンは、いらいらさせたり興奮させたりする作用があります。

 

一方、マイナスイオンは、ストレス軽減やリラックス効果があるとされています。

このマイナスイオンを発生させるのは、簡単です。

水を地面に落とすだけで、OKです。

水が衝突して粉砕したとき、周辺の空気の電化状態に変化が現れ、マイナスイオンが発生しやすくなります。

滝の近くで、すっきりした気分になった経験はありませんか。

滝では大量の水が粉砕し、大量のマイナスイオンが発生しているため、気分がすっきりします。

雨の日も、これと同じです。

滝ほどではありませんが、空から水が落ちて地面に落ちたとき、水が粉砕されます。

この瞬間、マイナスイオンが発生します。

雨の日は、いわば、町中がマイナスイオンにあふれる日です。

ありきたりな雨なら、ぜひ一度でもいいので、雨の中を散歩してみましょう。

いつも以上に、リラックスをしながら、散歩をすることができるはずです。

散歩にリラックスを求めるなら、晴れの日より雨の日のほうが適切とも言えます。

足元に気をつけながら、ぜひ雨の日こそ、散歩に出かけてみましょう。

早朝の散歩習慣のすすめ その27

  • こそ、
    散歩かける
落ち込んだときこそ、歩く。
悲しいときがあったときこそ、歩く。

もくじ
(早朝の散歩習慣のすすめ)

同じカテゴリーの作品