子育て上手な父親になる
30の方法

3
7

父が楽しそうに仕事をする背中を見て、
子は育つ。

父が楽しそうに仕事をする背中を見て、子は育つ。 | 子育て上手な父親になる30の方法

私がコンピューターに慣れ親しんだのは、特に父からの影響が大きいと思います。

実は、父から一度も「機械の勉強をしろ」と言われたことはありません。

しかし、こうやって今、自分でサーバーを組み立てたり、プログラムを組んだり、自分のウェブページを公開するようになりました。

私から興味を抱いて、自分から進んでしたことです。

そうなるようになったきっかけは、はるか幼いころです。

まだ私が幼い、小学1年生くらいのころまで遡ります。

父は、工業系の仕事をしていました。

まさに「仕事虫」という言葉が似合う人です。

仕事を家でもするタイプで、いろいろと会社から部品を持ち帰っていました。

持ち帰る部品の数々は、子供には単なるがらくたにしか見えません。

「なぜごみばかりを持ち帰るのだろうか」と不思議に思っていました。

ねじやボルトはもちろん、磁石やなんとも言えない変な形の鉄の塊など、持ち帰っていました。

がらくたにしか見えないはずですが、不思議なものです。

父が楽しそうにがらくたをいじっていると「何だろう」と気になります。

父は変わった人です。

何が変わっているのかというと、そういう部品の組み合わせや設計書を、にやにやしながら考える人でした。

楽しそうに仕事をしているのが、見てすぐわかりました。

父が楽しそうに仕事をしているので、何をしているのかが気になり始めました。

父が触っている部品に対して「これ何?」と質問したり、変な設計書を見せてもらったりしました。

がらくた集めではなく、なにやら会社の開発に関わる大切なことをしているのだとわかりました。

父の仕事の内容がわかり始めます。

開発や設計を楽しんでいました。

それからです。

私は父のやっていることを真似るかのように、同じく部品をいじったり組み合わせたりするようになりました。

大した話ではありません。

父の持ち帰る部品を使って、積み木にしたり、並べたりしていただけです。

しかし、そんな小さな行為の中にも、何か「組み合わせる楽しさ」や「開発の喜び」が感じられました。

本当に小さな喜びでしたが、何か父のやっている楽しさを理解できました。

これが、理系に足を踏み入れる第一歩でした。

子育て上手な父親になる方法(3)
  • 楽しそうに仕事をする。
子供の勉強のきっかけは、興味や関心から始まる。

子育て上手な父親になる30の方法
子育て上手な父親になる30の方法

  1. 父親が育児をする、子供は自分に自信を持つ。
    父親が育児をする、子供は自分に自信を持つ。
  2. 父が育児に参加することで「父」から「父親」へと成長する。
    父が育児に参加することで「父」から「父親」へと成長する。
  3. 父が楽しそうに仕事をする背中を見て、子は育つ。
    父が楽しそうに仕事をする背中を見て、子は育つ。
  4. 子供の勉強のきっかけは、興味や関心から始まる。
    子供の勉強のきっかけは、興味や関心から始まる。
  5. 子供が破壊行為をし始めたら、強い興味や関心の表れている証拠。
    子供が破壊行為をし始めたら、強い興味や関心の表れている証拠。
  6. どんな遊びも、突き詰めれば勉強になる。
    どんな遊びも、突き詰めれば勉強になる。
  7. 本当に家族を大切にする父親は「家族サービス」という言葉を使わない。
    本当に家族を大切にする父親は「家族サービス」という言葉を使わない。
  8. 父親の趣味に、子供を誘ってみよう。
    父親の趣味に、子供を誘ってみよう。
  9. なぜ子供にとって父は、母より遠い存在と感じてしまうのか。
    なぜ子供にとって父は、母より遠い存在と感じてしまうのか。
  10. 母親の大変さを理解するために、男性こそ育児に参加する。
    母親の大変さを理解するために、男性こそ育児に参加する。
  11. 家族揃って食事ができるように、週に何度かは早く家に帰る。
    家族揃って食事ができるように、週に何度かは早く家に帰る。
  12. 特別な日に特別頑張る父は、大幅に評価が向上する。
    特別な日に特別頑張る父は、大幅に評価が向上する。
  13. 疲れて育児に参加できないときは、母親へ育児をねぎらう言葉だけでも伝える。
    疲れて育児に参加できないときは、母親へ育児をねぎらう言葉だけでも伝える。
  14. 叱るというのは、愛を伝えるということ。
    叱るというのは、愛を伝えるということ。
  15. 叱るばかりはいけないが、まったく叱らないのは、もっといけない。
    叱るばかりはいけないが、まったく叱らないのは、もっといけない。
  16. 母親からの愚痴には「解決策」の前に「共感」からかけよう。
    母親からの愚痴には「解決策」の前に「共感」からかけよう。
  17. 甘える父親は、もう1人の子供である。
    甘える父親は、もう1人の子供である。
  18. 父親という遊び相手ほど、面白い相手はいない。
    父親という遊び相手ほど、面白い相手はいない。
  19. ストレス発散をするなら、子供の遊び相手になればいい。
    ストレス発散をするなら、子供の遊び相手になればいい。
  20. 親から暴力を振るわれた子供は、友人にも暴力を振るうようになる。
    親から暴力を振るわれた子供は、友人にも暴力を振るうようになる。
  21. 父の仕事現場を見せてあげると、父の仕事のイメージが湧くようになる。
    父の仕事現場を見せてあげると、父の仕事のイメージが湧くようになる。
  22. 早く家に帰られる人は、気の利いた父親になるための気遣いをしよう。
    早く家に帰られる人は、気の利いた父親になるための気遣いをしよう。
  23. 愛の伝わるスキンシップがあれば、回数は少なくてもいい。
    愛の伝わるスキンシップがあれば、回数は少なくてもいい。
  24. 正しい力の使い方とは、大切な人を守るためである。
    正しい力の使い方とは、大切な人を守るためである。
  25. 子供の下品な言葉に、いちいち本気にならない。
    子供の下品な言葉に、いちいち本気にならない。
  26. 男らしい父親なら、曖昧な返事は返さない。
    男らしい父親なら、曖昧な返事は返さない。
  27. 夫婦仲のいい家庭は、子育てにもいい影響を与える。
    夫婦仲のいい家庭は、子育てにもいい影響を与える。
  28. 子供の失敗は、褒めたたえるくらいでいい。
    子供の失敗は、褒めたたえるくらいでいい。
  29. 子供の話に、小難しい評価や感想はいらない。<br>単に共感するだけでいい。
    子供の話に、小難しい評価や感想はいらない。
    単に共感するだけでいい。
  30. 家の手伝いは、言い換えれば「体育の授業」である。
    家の手伝いは、言い換えれば「体育の授業」である。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION