子育て上手な父親になる
30の方法

  • 父親が育児をする、
    子供は自分に自信を持つ。
子育て上手な父親になる30の方法

もくじ

父親が育児をする、子供は自分に自信を持つ。

父親が育児をする、子供は自分に自信を持つ。

子供がこれから、小学校・中学校へと進学し、社会人へと大きくなります。
勉強・人間関係・恋愛・仕事など、数多くの山場が待ち構えています。
どのステージであろうと、その難局を乗り越えるためには、なにより自分に自信がないといけません。

父が育児に参加することで「父」から「父親」へと成長する。

父が育児に参加することで「父」から「父親」へと成長する。

父親は、育児を母親に任せがちになります。
「育児は母に任せている。自分には関係ない」
おや、それではいけません。

父が楽しそうに仕事をする背中を見て、子は育つ。

父が楽しそうに仕事をする背中を見て、子は育つ。

私がコンピューターに慣れ親しんだのは、特に父からの影響が大きいと思います。
実は、父から一度も「機械の勉強をしろ」と言われたことはありません。
しかし、こうやって今、自分でサーバーを組み立てたり、プログラムを組んだり、自分のウェブページを公開するようになりました。

子供の勉強のきっかけは、興味や関心から始まる。

子供の勉強のきっかけは、興味や関心から始まる。

父は仕事の関係で、さまざまな部品を家に持ち帰りました。
最初に興味を持ったのは「磁石」でした。
見た目は単なる石です。

子供が破壊行為をし始めたら、強い興味や関心の表れている証拠。

子供が破壊行為をし始めたら、強い興味や関心の表れている証拠。

テレビの中には人が入っていない。
ラジオの中にも人が入っていない。
父のやっていることを真似ているうちに、こうした衝撃の事実を知ることになりました。

どんな遊びも、突き詰めれば勉強になる。

どんな遊びも、突き詰めれば勉強になる。

私が小学4年のとき、水口家にパソコンが登場しました。
父の仕事でパソコンが必要になったことがきっかけです。
なんと当時は50万円ほどした「PC9801」というタイプのパソコンです。

本当に家族を大切にする父親は「家族サービス」という言葉を使わない。

本当に家族を大切にする父親は「家族サービス」という言葉を使わない。

父親として気をつけたい言葉があります。
「家族サービス」という言葉です。
家事や子育てをしている父親が、つい口にしてしまう言葉です。

父親の趣味に、子供を誘ってみよう。

父親の趣味に、子供を誘ってみよう。

父親が休日にやりたい代表は、おおむね2つしかありません。
「のんびりしたい」か「趣味を楽しみたい」かのどちらかです。
家族のために、家事や育児の手伝いなどできればいいですが、なかなか思うようにいかないことがあります。

なぜ子供にとって父は、母より遠い存在と感じてしまうのか。

なぜ子供にとって父は、母より遠い存在と感じてしまうのか。

子供のころを思い出しましょう。
父と母のどちらと接する時間のほうが多かったでしょうか。
特殊なケースもありますが、一般的にはやはり「母親」と答える人が大多数のはずです。

母親の大変さを理解するために、男性こそ育児に参加する。

母親の大変さを理解するために、男性こそ育児に参加する。

もちろん父親も育児に参加です。
母から「手伝ってよ」と言われてからでは遅い。
むしろ父から「今日は子供の面倒は自分が見るよ」と言うくらいがちょうどいいでしょう。

家族揃って食事ができるように、週に何度かは早く家に帰る。

家族揃って食事ができるように、週に何度かは早く家に帰る。

父親としては、仕事で忙しくなるほど帰宅する時間も遅くなります。
早くは帰りたいが、仕事の関係で遅くなるという家庭も多いことでしょう。
子供が起きる前に家を出て、子供が寝てから家に帰る。

特別な日に特別頑張る父は、大幅に評価が向上する。

特別な日に特別頑張る父は、大幅に評価が向上する。

子供のころ、父の帰りは、いつも深夜でした。
私が寝た後に父が帰ってくる、という日も少なくありませんでした。
しかし、普段は夜中に帰宅する父でも、夕食に間に合う時間に帰る日もありました。

疲れて育児に参加できないときは、母親へ育児をねぎらう言葉だけでも伝える。

疲れて育児に参加できないときは、母親へ育児をねぎらう言葉だけでも伝える。

どうしても疲れて育児に参加できないときがあります。
仕事で疲れて、育児まで回る力が出ない。
家に帰って育児とはいえ、すでに子供たちは眠ってしまっている。

叱るというのは、愛を伝えるということ。

叱るというのは、愛を伝えるということ。

「こら! ダメじゃないか!」
叱ると言えばどのようなイメージを持っていますか。
欠点をとがめたり、怒鳴ったりすることだと思っている人が多いのではないでしょうか。

叱るばかりはいけないが、まったく叱らないのは、もっといけない。

叱るばかりはいけないが、まったく叱らないのは、もっといけない。

叱るといえば、父の仕事です。
大事な場面では、叱るのは父の役目です。
礼儀や作法を教えるだけでなく、子供のことを本気で心配している気持ちを伝えるという役目もあるからです。

母親からの愚痴には「解決策」の前に「共感」からかけよう。

母親からの愚痴には「解決策」の前に「共感」からかけよう。

「ねえ、聞いてよ。今日も大変だったのよ。あの子ったら……(あれやこれや)」
育児に疲れた母親は父親に対して、1つや2つの愚痴をこぼします。
そういうとき、母の育児の悩みに対して、男性はまず「解決策」から言ってしまいがちです。

甘える父親は、もう1人の子供である。

甘える父親は、もう1人の子供である。

父親は子供に言います。
「自分のことは自分でしなさい!」と。
何でもかんでも親に頼らず、自分でできる範囲のことは自分でするようにしなさいという言葉です。

父親という遊び相手ほど、面白い相手はいない。

父親という遊び相手ほど、面白い相手はいない。

水口家には、大きな座敷があります。
子供のころ、その大きな座敷は遊び場になっていました。
柔らかい緑色のじゅうたんが敷かれてあったので、けがをする心配もありません。

ストレス発散をするなら、子供の遊び相手になればいい。

ストレス発散をするなら、子供の遊び相手になればいい。

父は仕事でストレスがいっぱい。
ストレス発散と言えば、やはり運動ですね。
休日には軽いジョギングなどをして、ストレスを発散させようとします。

親から暴力を振るわれた子供は、友達にも暴力を振るうようになる。

親から暴力を振るわれた子供は、友達にも暴力を振るうようになる。

子供が悪いことをしたとき、父親は心がけたいことがあります。
「叱るのはいいが、暴力はいけない」ということです。
たった一言ではありますが、深い意味があります。

父の仕事現場を見せてあげると、父の仕事のイメージが湧くようになる。

父の仕事現場を見せてあげると、父の仕事のイメージが湧くようになる。

「父親が仕事をしている」とはいえ、子供たちは抽象的な想像しかわきません。
子供なりの父の働く姿を想像しますが、必ずしもそのとおりとは限りませんね。
そういうときこそ、父の職場を子供たちに見せてあげましょう。

早く家に帰られる人は、気の利いた父親になるための気遣いをしよう。

早く家に帰られる人は、気の利いた父親になるための気遣いをしよう。

仕事が速く切り上げることができ、夕食前に早く家に帰られそうなときがあります。
週に1回くらいは、そういうタイミングのいい日もあることでしょう。
さて、そんなときです。

愛の伝わるスキンシップがあれば、回数は少なくてもいい。

愛の伝わるスキンシップがあれば、回数は少なくてもいい。

子供が一番喜ぶのは、やはりスキンシップです。
わんわんと泣いているなら、抱っこをしてみましょう。
すぐ泣きやむはずです。

正しい力の使い方とは、大切な人を守るためである。

正しい力の使い方とは、大切な人を守るためである。

男性の特徴の1つといえば「力」です。
男の子のお子さんがいる場合、しつけておきたいことがあります。
「力の使い方について」です。

子供の下品な言葉に、いちいち本気にならない。

子供の下品な言葉に、いちいち本気にならない。

子供は、幼いころが一番かわいいと言います。
10歳くらいまでは、何でも「はい」「ありがとう」と言って素直に言うことを聞く年齢です。
お人形さんのようにかわいいですが、10歳くらいを過ぎると、急変します。

男らしい父親なら、曖昧な返事は返さない。

男らしい父親なら、曖昧な返事は返さない。

夫婦でよく話すのは、父親より母親のケースが多いのではないでしょうか。
もちろん父親でおしゃべりの人もいますが、そういうケースはまれです。
おしゃべりは女性の得意技であり、主導権を握っています。

夫婦仲のいい家庭は、子育てにもいい影響を与える。

夫婦仲のいい家庭は、子育てにもいい影響を与える。

夫婦仲がいいと、子育てにもいい影響を与えます。
「いつもお仕事、大変ね。お疲れ様」と父の仕事に感謝する母。
「いつも育児ありがとう。本当に助かっているよ」と母の育児をねぎらう父。

子供の失敗は、褒めたたえるくらいでいい。

子供の失敗は、褒めたたえるくらいでいい。

あなたが、新しいことに挑戦しようとするときはどのようなときですか。
・成長を求めているとき
・向上しようと心がけているとき

子供の話に、小難しい評価や感想はいらない。
単に共感するだけでいい。

子供の話に、小難しい評価や感想はいらない。単に共感するだけでいい。

心理学から言えば、人が誰かに話しかける目的の大半は「共感してもらいたいから」とのことです。
話を聞いて、納得してもらったり、一緒に気持ちをわかち合ったりしたい。
あなたにも当てはまるのではないでしょうか。

家の手伝いは、言い換えれば「体育の授業」である。

家の手伝いは、言い換えれば「体育の授業」である。

私の実家は、兼業農家です。
週末の朝は「おい、貴博。今日も手伝ってくれ」という父の一声で、叩き起こされていました。
夏場の週末には、ミカンもぎの手伝いが慣例でした。

同じカテゴリーの作品