まとめ
(子育て上手な父親になる30の方法)
子育て上手な父親になる30の方法

  • 父親こそ、育児に参加する。
  • 父ではなく、父親になる。
  • 楽しそうに仕事をする。
  • 子供の興味や関心を伸ばしてあげる。
  • 子供の破壊行為に、寛大になる。
  • 遊びを突き詰めて、勉強に変える。
  • 「家族サービス」という言葉を使わないようにする。
  • 父と子供の都合を、一緒に叶える方法を模索する。
  • 父親は子供と触れる時間が短いからこそ、意図的に増やす。
  • 母の大変さを理解する。
  • 週に1回くらいは、夕食に間に合うよう早めに帰宅する。
  • 家族の誕生日くらいは早めに退社できるよう、あらかじめスケジュール調整しておく。
  • 母親へ、育児をねぎらう言葉をかける。
  • 子供に愛を伝えるために、叱る。
  • 叱るときには、叱れる父親になる。
  • 母親の話に、共感する。
  • 母親の負担にならないよう、自分でできることは自分でする。
  • 子供の遊び相手になる。
  • ストレス発散と、子供の遊び相手を同時に叶える。
  • 子供に暴力を振るうのはやめる。
  • 可能なら、働いている職場を見せてあげる。
  • 早く家に帰れる日は、夕食を買って帰るか、家族で外食をする。
  • 愛のあるスキンシップを心がける。
  • 大切な人を守るために、力を使う。
  • 子供の汚い言葉を、軽く聞き流せる親になる。
  • きちんとした返事を、心がける。
  • 夫婦仲を、よくする。
  • 子供の失敗を、むしろ褒めたたえる。
  • 子供の話に共感する。
  • 家の手伝いを通して、体育の授業をする。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION