成功するための
30の勉強力

20
5

どんな旅行ブックより、
現地の人ほど詳しい人はいない。

どんな旅行ブックより、現地の人ほど詳しい人はいない。 | 成功するための30の勉強力

私が韓国旅行にいったときです。

節約のためにモーテルに泊まろうと思い、ホテルを予約せずに向かったことがありました。

モーテルとは「motor」と「hotel」との合成語からできた言葉で、もともとは自動車旅行者のための宿泊所です。

もちろん自動車旅行者ではなく、一般の人も宿泊できます。

そのため、一般的なホテルほど、清潔感も備品もサービスもありません。

一言で言えば「寝られればそれでいい」という人向けの格安の宿です。

ホテルと比べて圧倒的に格安なので、私は韓国旅行もモーテルで泊まろうと思いました。

普通は旅行に行くとき、現地のホテルや旅館を予約してから向かいます。

たとえ慣れている国内でも、泊まるところがないまま向かうのは不安になりますが、海外ならなおさらです。

やってみればわかりますが、ホテルを予約せずに海外旅行に行くのは、独特の緊張感があります。

「もし、どこも満室で泊まれなかったらどうしよう。橋の下で寝ようかな」という妄想が広がります。

韓国に到着してモーテルを探してみたところ、思っていた出来事が起こりました。

ちょうど大型連休と重なっていたため、尋ねるモーテルはどこも予約でいっぱいでした。

何件も宿を尋ねましたが、どこも「満室です」と断られます。

大きなホテルなら空き部屋はありますが、宿泊できるほど大金を持ってはいません。

宿を探すために時間をかけてしまい、半日くらいつぶれてしまい、泣きそうになりました。

「こんなことになるんだったら予約しておくべきだった」と後悔しました。

10件目くらいの宿で「満室なんです」とまた断られ、私の表情がよほど暗かったのでしょうか。

ちょうど隣り合わせにいた日本語を話せる韓国人が、話しかけてきました。

「ちょうどこの時期はどこもいっぱいだからね。近くに安くていいところがあるよ」と言って、指を差して紹介してもらいました。

ちょうど歩いていける距離だったので「物は試しで行くだけ行ってみよう」と向かいました。

大通りから外れた、細い道を曲がって進み、奥に隠れるようにあるわかりにくい場所でした。

そのわかりにくい場所のせいなのか、その宿は空室が目立ちます。

なおかつ、モーテルとは思えないくらいよくできた宿でした。

ベッド・冷蔵庫・テレビ・ビデオ・シャワーなど、ひととおりの設備はあって、寝るには十分すぎるほどです。

また「オンドル式」という床が暖かい、韓国独特の部屋の作りでした。

これだけそろって、1泊わずか3,000円という格安です。

「これはいいところを見つけたぞ」と思い、急に得をした気分になりました。

旅行ブックにも載っていましたが、本の隅に小さく書かれているだけでした。

文面では、まさかこんな穴場だとはわかりません。

思えば当然のことで、やはり現地のことは、現地の人が一番詳しいです。

どんなに詳しい旅行ブックも、現地に住んでいる人に聞くと、実際の情報を聞けます。

困ったときには、ガイドブックを読むより、現地の人に直接聞くという方法を学んだ珍道中だったのでした。

成功するための勉強力(20)
  • 困ったときには、現地の人に聞いてみる。
「早起き」という言葉を使うのが恥ずかしいくらい、当たり前の習慣にする。

成功するための30の勉強力
成功するための30の勉強力

  1. 勉強は、結果が出るまでに時間がかかる。
    勉強は、結果が出るまでに時間がかかる。
  2. 勉強をして一番変わるのは「雰囲気」である。
    勉強をして一番変わるのは「雰囲気」である。
  3. 信号の赤を、チャンスに変える。
    信号の赤を、チャンスに変える。
  4. アドバイスを求める人ほど行動せず、アドバイスを求めない人ほど行動している。
    アドバイスを求める人ほど行動せず、アドバイスを求めない人ほど行動している。
  5. 「気になる」という気持ちがあるうちに、調べる癖をつける。
    「気になる」という気持ちがあるうちに、調べる癖をつける。
  6. 暗い夜に考えていると、気分も暗くなる。<br>明るい朝に考えていると、気分も明るくなる。
    暗い夜に考えていると、気分も暗くなる。
    明るい朝に考えていると、気分も明るくなる。
  7. 「頭がいい」とは、そういう「事実」ではなく「姿勢」である。
    「頭がいい」とは、そういう「事実」ではなく「姿勢」である。
  8. 勉強をすれば、喧嘩が減る。
    勉強をすれば、喧嘩が減る。
  9. 勉強をしてから目的を決めるのではない。<br>先に目的があって勉強する。
    勉強をしてから目的を決めるのではない。
    先に目的があって勉強する。
  10. 一度しかない人生を悔いなく生きないと、本当に悔いてしまう。
    一度しかない人生を悔いなく生きないと、本当に悔いてしまう。
  11. スピードを出しているうちは、疲れを感じない。
    スピードを出しているうちは、疲れを感じない。
  12. 権威のある辞書があると、自信がつく。
    権威のある辞書があると、自信がつく。
  13. 辞書の面白さとは、引くつもりのなかった言葉を引くこと。
    辞書の面白さとは、引くつもりのなかった言葉を引くこと。
  14. 悩みと疑問を抱いているときが、勉強をする最適な時期。
    悩みと疑問を抱いているときが、勉強をする最適な時期。
  15. 勉強をする場所は、机の前だけではない。
    勉強をする場所は、机の前だけではない。
  16. 遠くへ行けば、旅行になった気になっていませんか。
    遠くへ行けば、旅行になった気になっていませんか。
  17. 勉強のために、文系や理系という区切りは必要ない。
    勉強のために、文系や理系という区切りは必要ない。
  18. 「何を知るか」より「どう使うか」のほうが大切。
    「何を知るか」より「どう使うか」のほうが大切。
  19. 初めてあったときに、次に会う約束をする。
    初めてあったときに、次に会う約束をする。
  20. どんな旅行ブックより、現地の人ほど詳しい人はいない。
    どんな旅行ブックより、現地の人ほど詳しい人はいない。
  21. 「早起き」という言葉を使うのが恥ずかしいくらい、当たり前の習慣にする。
    「早起き」という言葉を使うのが恥ずかしいくらい、当たり前の習慣にする。
  22. 今日勉強していることが、未来のあなたを形作る。
    今日勉強していることが、未来のあなたを形作る。
  23. 難しい言い回しを使わない努力をすればするほど、知性的になれる。
    難しい言い回しを使わない努力をすればするほど、知性的になれる。
  24. 本当の知性とは、面白さに気づけること。
    本当の知性とは、面白さに気づけること。
  25. 一番前の席が、一番勉強ができる。
    一番前の席が、一番勉強ができる。
  26. 時間術を学ぶ時間があるなら、仕事を当たり前に進めたほうが早い。
    時間術を学ぶ時間があるなら、仕事を当たり前に進めたほうが早い。
  27. 友人と一緒に勉強会を開かない。
    友人と一緒に勉強会を開かない。
  28. 完璧な英語を求めると、話せない。<br>不完全な英語でいいと思えば、話せるようになる。
    完璧な英語を求めると、話せない。
    不完全な英語でいいと思えば、話せるようになる。
  29. 目的地にたどり着くためには、2つの把握が必要。
    目的地にたどり着くためには、2つの把握が必要。
  30. 1,000冊以上読んで学んだことは「本を読む暇があれば行動しろ!」という悟りだった。
    1,000冊以上読んで学んだことは「本を読む暇があれば行動しろ!」という悟りだった。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION