受験勉強の意味と理由を考える
30の覚悟

3
7

田舎を脱出するために勉強を始めてもいい。

田舎を脱出するために勉強を始めてもいい。 | 受験勉強の意味と理由を考える30の覚悟

私が受験時代、勉強をする動機は「田舎から離れたい、都会に住みたい」という気持ちでした。

本来、受験勉強を始めるにあたって最もよい方法は「夢を定めること」です。

夢がわかっていれば、進学すべき大学がわかり、必要な勉強の範囲もはっきりします。

これほど勉強がやりやすくなる方法はありません。

それは高校生の私も、十分わかっている方法でした。

しかし、です。

まだ10代の若い時期です。

将来像を描きたい気持ちはあっても、描きにくい環境でした。

私の実家は愛媛の田舎です。

家の近くには、自販機・コンビニ・道路に信号機すらないところです。

家の前に道路はありますが、車が全然通りません。

通るのは車ではなく、畑を耕す機械や脱穀機ばかりです。

生まれ育った田舎という環境が、未来の自分像を膨らませることを防いでいたのかもしれません。

刺激や情報が少ない場所は、イメージも膨らみにくい。

周りに畑しかない田舎にいた私が描いた将来像は「くわを持って畑を耕しているところ」でした。

家が兼業農家だったので、何かを想像するときにいつも「くわ」や「畑」が必ず登場します。

もちろんそういう仕事をしたくて、農業という夢に進むならいいでしょう。

しかし、そういう物しか見ていないと、そういう将来像しか描けません。

刺激の少ない環境にいると、何か自分の若い活力を制限してしまうような気がしました。

テレビを見ては、都会に憧れていました。

大都会のネオンや立ち並ぶビル街を見て「何でもありそうだな。ああいうところに住んでみたいな」と思いました。

雑誌に登場するおしゃれな人たちを見て「かわいい子ばかりじゃないか」と思いました。

10代後半は、都会に強く憧れを抱く時期です。

そんなときです。

私は、ぱっと思いつきました。

具体的な将来像が、脳裏に飛び込んできました。

「都会の大学にさえ合格すれば、田舎を脱出でき、都会に進出できる」

急に明るい未来が見えました。

若い時期は刺激を求めたがります。

一方で「親から離れたい」という気持ちも強くなる時期です。

「大学に合格すれば、都会生活も親は反対できないだろう」

「とりあえず具体的な将来の職業は、都会の大学に進んでから決めよう」

「都会で生活をしていれば、何か別の選択肢が見つかるはずだ」

「親から離れて、一人暮らしをしたい。自立したい」

こうしたさまざまな願いを、一度に叶えられる方法でした。

私は急に元気になりました。

とりあえず夢らしき夢を見つけました。

同時に、勉強への強い動機になりました。

将来の職業がまだ定めることが難しかった私は、田舎を脱出するために猛烈に勉強し始めたのでした。

徹底的に勉強をするようになり、親も驚いたようです。

高校1年の冬のころでした。

受験勉強の意味と理由を考える覚悟(3)
  • 田舎を脱出し、都会で生活するという動機にする。
未来を切り開く方法は、勉強するのが一番簡単。

受験勉強の意味と理由を考える30の覚悟
受験勉強の意味と理由を考える30の覚悟

  1. 旅の始まりは、ゴール地点を定めることから始まる。
    旅の始まりは、ゴール地点を定めることから始まる。
  2. 「何をやりたいのか」を基準に大学を決める。<br>これに勝る選択基準はない。
    「何をやりたいのか」を基準に大学を決める。
    これに勝る選択基準はない。
  3. 田舎を脱出するために勉強を始めてもいい。
    田舎を脱出するために勉強を始めてもいい。
  4. 未来を切り開く方法は、勉強するのが一番簡単。
    未来を切り開く方法は、勉強するのが一番簡単。
  5. 限られた時間内に、合格点を目指すのが受験勉強。
    限られた時間内に、合格点を目指すのが受験勉強。
  6. ハイレベルの大学を目指して、勉強への勢いをつけろ!
    ハイレベルの大学を目指して、勉強への勢いをつけろ!
  7. モテたければ、賢くなるのが一番。
    モテたければ、賢くなるのが一番。
  8. 「勉強しなければならないこと」より「勉強しなくていいこと」をはっきりさせる。
    「勉強しなければならないこと」より「勉強しなくていいこと」をはっきりさせる。
  9. 合格に関係のない勉強は、合格した後にすればいい。
    合格に関係のない勉強は、合格した後にすればいい。
  10. 志望校は宣言せよ!
    志望校は宣言せよ!
  11. 真剣に勉強するから、適正が見えてくる。
    真剣に勉強するから、適正が見えてくる。
  12. 勉強は、始めたばかりのころが一番大変。<br>しばらく続けていれば、楽になる。
    勉強は、始めたばかりのころが一番大変。
    しばらく続けていれば、楽になる。
  13. 「勉強が嫌い」と拒むのは簡単。<br>それを乗り越える訓練をしている。
    「勉強が嫌い」と拒むのは簡単。
    それを乗り越える訓練をしている。
  14. 今の勉強が、役立っているところを想像する。
    今の勉強が、役立っているところを想像する。
  15. 参考書以外に必要で大切な本がある。
    参考書以外に必要で大切な本がある。
  16. やる気がなくても、とりあえず体を動かす癖をつける。
    やる気がなくても、とりあえず体を動かす癖をつける。
  17. 友人と行動してばかりの勉強は進みにくい。
    友人と行動してばかりの勉強は進みにくい。
  18. 「昨日わからなかったことが、今日からわかるようになる」これが勉強の面白さ。
    「昨日わからなかったことが、今日からわかるようになる」これが勉強の面白さ。
  19. 恋人がいると受験に失敗するのは、嘘。
    恋人がいると受験に失敗するのは、嘘。
  20. 禁欲的な生活を避けつつ、勉強に集中できる工夫がある。
    禁欲的な生活を避けつつ、勉強に集中できる工夫がある。
  21. 覚えられない理由を頭の悪さにしない。<br>きちんとした勉強法を学ぶこと。
    覚えられない理由を頭の悪さにしない。
    きちんとした勉強法を学ぶこと。
  22. 勉強ばかりできる今だからこそ、後悔しないように専念する。
    勉強ばかりできる今だからこそ、後悔しないように専念する。
  23. 勉強にもウォーミングアップが必要。
    勉強にもウォーミングアップが必要。
  24. 長丁場の試験勉強では、2種類の計画が必要になる。
    長丁場の試験勉強では、2種類の計画が必要になる。
  25. 勉強するほどでもない短い時間を、最大限に活用。
    勉強するほどでもない短い時間を、最大限に活用。
  26. 得意分野から始める真の理由とは、自信をつけるため。
    得意分野から始める真の理由とは、自信をつけるため。
  27. 「ここに来れば、なぜか集中できる」という場所を見つけよう。
    「ここに来れば、なぜか集中できる」という場所を見つけよう。
  28. 受験時代に培った勉強法は、社会に出てからも通用する世渡り術へと変化する。
    受験時代に培った勉強法は、社会に出てからも通用する世渡り術へと変化する。
  29. 学生時代に節約は必要ない。<br>回収可能な抜群の投資時期と考えていい。
    学生時代に節約は必要ない。
    回収可能な抜群の投資時期と考えていい。
  30. 学力の差がつく瞬間は、朝ご飯を食べるときから始まっている。
    学力の差がつく瞬間は、朝ご飯を食べるときから始まっている。

同じカテゴリーの作品

4:03
related

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION