受験勉強の意味と理由を考える
30の覚悟

7
12

モテたければ、
賢くなるのが一番。

モテたければ、賢くなるのが一番。 | 受験勉強の意味と理由を考える30の覚悟

一昔前、頭のいい人には「モテない」というイメージがありました。

いつも勉強ばかりで、話も面白くなく、硬いイメージがあったからです。

しかし、実のところ、そうした勉強家が大人になると、大逆転します。

必ずモテるようになります。

学生時代にどんなにモテなくても、勉強ができて、いい大学に入った後はモテるようになります。

なぜでしょうか。

大人になってから「今まで勉強してきた人」と「そうでない人」の知識と知恵の差が、はっきりわかれるようになるからです。

中学高校まではインプットの段階です。

小中高を通して、一般的な知識を学びます。

それだけでなく、頭の使い方、時間管理術、世渡り術など、数多くのことを学びます。

もちろん勉強には時間がかかりますし、遊ぶ時間も十分に持てません。

中学高校では、そうした学問を学ぶ段階ですから、勉強せずに遊んでばかりの人のほうが一時的にモテます。

勉強ばかりしている人はモテません。

しかし、大学生を過ぎたくらいから、立場が大逆転します。

学生時代、勉強ばかりしてモテなかった人が、急にモテるようになります。

今まで勉強してきた人の蓄積は、膨大で強力です。

知識も豊富で、話題の幅が広く、話をしていても面白くなります。

また受験勉強で時間の管理術や世渡り術を学んできているため、社会においてもスムーズになります。

頭がいいし、仕事もできるし、話題も豊富。

また、いい大学でいい会社に入ることで、収入にも恵まれます。

そうした知力・体力・財力の余裕が「人気」に転じます。

学生時代にモテていた人を抜いて、さらにモテるようになります。

勉強はたしかに苦しいかもしれません。

モテなくて「自分には魅力がないのではないか」と思うかもしれません。

しかし、今しばらくの辛抱です。

モテない理由は「今はインプットの時期だから」と思うことです。

差は、後から出てきます。

つらい勉強をしばらく続けていれば、後から大逆転ができるのです。

受験勉強の意味と理由を考える覚悟(7)
  • モテたければ、勉強する。
「勉強しなければならないこと」より「勉強しなくていいこと」をはっきりさせる。

受験勉強の意味と理由を考える30の覚悟
受験勉強の意味と理由を考える30の覚悟

  1. 旅の始まりは、ゴール地点を定めることから始まる。
    旅の始まりは、ゴール地点を定めることから始まる。
  2. 「何をやりたいのか」を基準に大学を決める。<br>これに勝る選択基準はない。
    「何をやりたいのか」を基準に大学を決める。
    これに勝る選択基準はない。
  3. 田舎を脱出するために勉強を始めてもいい。
    田舎を脱出するために勉強を始めてもいい。
  4. 未来を切り開く方法は、勉強するのが一番簡単。
    未来を切り開く方法は、勉強するのが一番簡単。
  5. 限られた時間内に、合格点を目指すのが受験勉強。
    限られた時間内に、合格点を目指すのが受験勉強。
  6. ハイレベルの大学を目指して、勉強への勢いをつけろ!
    ハイレベルの大学を目指して、勉強への勢いをつけろ!
  7. モテたければ、賢くなるのが一番。
    モテたければ、賢くなるのが一番。
  8. 「勉強しなければならないこと」より「勉強しなくていいこと」をはっきりさせる。
    「勉強しなければならないこと」より「勉強しなくていいこと」をはっきりさせる。
  9. 合格に関係のない勉強は、合格した後にすればいい。
    合格に関係のない勉強は、合格した後にすればいい。
  10. 志望校は宣言せよ!
    志望校は宣言せよ!
  11. 真剣に勉強するから、適正が見えてくる。
    真剣に勉強するから、適正が見えてくる。
  12. 勉強は、始めたばかりのころが一番大変。<br>しばらく続けていれば、楽になる。
    勉強は、始めたばかりのころが一番大変。
    しばらく続けていれば、楽になる。
  13. 「勉強が嫌い」と拒むのは簡単。<br>それを乗り越える訓練をしている。
    「勉強が嫌い」と拒むのは簡単。
    それを乗り越える訓練をしている。
  14. 今の勉強が、役立っているところを想像する。
    今の勉強が、役立っているところを想像する。
  15. 参考書以外に必要で大切な本がある。
    参考書以外に必要で大切な本がある。
  16. やる気がなくても、とりあえず体を動かす癖をつける。
    やる気がなくても、とりあえず体を動かす癖をつける。
  17. 友人と行動してばかりの勉強は進みにくい。
    友人と行動してばかりの勉強は進みにくい。
  18. 「昨日わからなかったことが、今日からわかるようになる」これが勉強の面白さ。
    「昨日わからなかったことが、今日からわかるようになる」これが勉強の面白さ。
  19. 恋人がいると受験に失敗するのは、嘘。
    恋人がいると受験に失敗するのは、嘘。
  20. 禁欲的な生活を避けつつ、勉強に集中できる工夫がある。
    禁欲的な生活を避けつつ、勉強に集中できる工夫がある。
  21. 覚えられない理由を頭の悪さにしない。<br>きちんとした勉強法を学ぶこと。
    覚えられない理由を頭の悪さにしない。
    きちんとした勉強法を学ぶこと。
  22. 勉強ばかりできる今だからこそ、後悔しないように専念する。
    勉強ばかりできる今だからこそ、後悔しないように専念する。
  23. 勉強にもウォーミングアップが必要。
    勉強にもウォーミングアップが必要。
  24. 長丁場の試験勉強では、2種類の計画が必要になる。
    長丁場の試験勉強では、2種類の計画が必要になる。
  25. 勉強するほどでもない短い時間を、最大限に活用。
    勉強するほどでもない短い時間を、最大限に活用。
  26. 得意分野から始める真の理由とは、自信をつけるため。
    得意分野から始める真の理由とは、自信をつけるため。
  27. 「ここに来れば、なぜか集中できる」という場所を見つけよう。
    「ここに来れば、なぜか集中できる」という場所を見つけよう。
  28. 受験時代に培った勉強法は、社会に出てからも通用する世渡り術へと変化する。
    受験時代に培った勉強法は、社会に出てからも通用する世渡り術へと変化する。
  29. 学生時代に節約は必要ない。<br>回収可能な抜群の投資時期と考えていい。
    学生時代に節約は必要ない。
    回収可能な抜群の投資時期と考えていい。
  30. 学力の差がつく瞬間は、朝ご飯を食べるときから始まっている。
    学力の差がつく瞬間は、朝ご飯を食べるときから始まっている。

同じカテゴリーの作品

2:56
related

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION