人生の教科書



気力
自己管理が苦手な人は、学校に頼ればいい。
ただし、自分のお金を使うこと。
人生論
会う人みんなが、先生になる。
成功哲学
やりたいことが見つかり、でも学校の中に道がなければ、中退という道がある。
生き方
大雨は、強い精神力を養うチャンス。
勉強法
学校ほど、学びを凝縮させた場所はない。
勉強法
学校なんて比にならない。
日常生活そのものが学びの世界。
受験対策

受験勉強の意味と理由を考える
30の覚悟

お気に入り4 読んだ
2

「何をやりたいのか」を基準に大学を決める。
これに勝る選択基準はない。

「何をやりたいのか」を基準に大学を決める。これに勝る選択基準はない。 | 受験勉強の意味と理由を考える30の覚悟

理想的な大学の選択方法は、やはり自分の夢につながる大学です。

偏差値で選ぶ方法もあります。

偏差値を基準で大学を決めるのは、やりたいことが見つからない人がする、仕方ない選択基準です。

大学に入ってから、自分の夢を見つけていこうというのも悪くはありません。

やはり偏差値が高い大学のほうが、講師の良質な授業を受けられますし、入学してから進路を選択する幅が広がります。

 

しかし、偏差値以上に大切なのは、やはり「自分は何をやりたいのか」ということです。

これに、勝る目的はありません。

大学というのは、夢を叶える手段にすぎません。

自分の夢につながるために、ベストな大学を選びます。

福祉や介護をしたければ福祉介護系学校。

ITで仕事をしたければ情報系学校。

医療を目指したければ医療系学校。

音楽を目指すなら音楽系学校。

人々に生きる意味を説いていきたければ宗教系学校もあります。

必ずしも偏差値で決めるのではなく、あくまであなたのやりたいことを実現するのが目的です。

夢実現に特化した学校を選ぶことです。

その選択の早さは、偏差値の高い大学以上に有利になります。

世の中は、専門が強くなる世界になっています。

何でもできるが中途半端より、これしかできないが誰にも負けない人が求められています。

そういう人は就職でも入社後も有利になります。

まとめ

受験勉強の意味と理由を考える覚悟 その2
  • 夢を実現させるために、
    ベストな学校を選ぶ。
田舎を脱出するために勉強を始めてもいい。

もくじ
(受験勉強の意味と理由を考える30の覚悟)

同じカテゴリーの作品