受験勉強の意味と理由を考える
30の覚悟

26
6

得意分野から始める真の理由とは、
自信をつけるため。

得意分野から始める真の理由とは、自信をつけるため。 | 受験勉強の意味と理由を考える30の覚悟

国語・語学・歴史・数学・物理などなど……。

受験勉強を始めるにあたり、どの科目から勉強を始めていいのかわからないときがあります。

「やりやすい勉強から始めるべきか」

「それとも苦手な勉強から始めたほうがいいのか」

もちろん状況によってさまざまな方法があります。

こうしたとき、世間では「得意分野から始める」というのが一般的な方法です。

得意な分野なら、取り組みやすく、勉強もスムーズに進むからです。

自分に合っている科目ですから点数の伸びもよく、理解もスムーズに進みますし、勉強そのものが楽しく感じられますね。

やる気も出てきます。

やる気が出れば、さらに勉強に力が入り、点数も伸びていくという好循環になります。

得意な分野は、比較的自分に向いた科目であるため、理解もしやすく、勉強をしやすくなるでしょう。

しかし、得意な分野から始める理由はこれだけではありません。

得意な分野から始める真の理由とは「自信をつけるため」です。

「やればできる。自分はできる」

そういう自信をつけるために、得意な分野から始めることが大切です。

これが一番大切です。

勉強とは、やればできます。

理解し、覚え、正しく回答すれば、必ず点数は上がります。

一生懸命に勉強すれば、きちんと点に表れるという正直な世界です。

やればできるはずの勉強ですが「勉強」という難しい響きのためかアレルギーを持つ人がいます。

「難しい」「大変」「苦しい」というイメージがこびりついているのでしょう。

得意分野の勉強から始めて、楽しく勉強しながらスコアを上げれば、自信がつきます。

「なんだ。こんな自分でもやればできるものだな」

こう思うようになれば、後は勢いに乗りましょう。

得意分野の勉強の後は、別の分野の勉強もしやすくなります。

もし、得意科目がなければ、得意な分野だけでもかまいません。

英語は苦手だけど「熟語だけは得意」という特定分野があるかもしれません。

範囲は狭くても大丈夫です。

自分にとって得意なところから始めていきましょう。

得意な勉強をして「自信」という土台を作ってください。

「やればできる」と自信ができれば、苦手な科目に取り組もうとしたとき「難しいけどやればできるはずだ」と前向きになれます。

得意なところから勉強を始め、最初の波を作りましょう。

小さな波の始まりこそ「得意なところから始める」という方法なのです。

受験勉強の意味と理由を考える覚悟(26)
  • 得意な分野から勉強を始め、勉強への自信をつける。
「ここに来れば、なぜか集中できる」という場所を見つけよう。

受験勉強の意味と理由を考える30の覚悟
受験勉強の意味と理由を考える30の覚悟

  1. 旅の始まりは、ゴール地点を定めることから始まる。
    旅の始まりは、ゴール地点を定めることから始まる。
  2. 「何をやりたいのか」を基準に大学を決める。<br>これに勝る選択基準はない。
    「何をやりたいのか」を基準に大学を決める。
    これに勝る選択基準はない。
  3. 田舎を脱出するために勉強を始めてもいい。
    田舎を脱出するために勉強を始めてもいい。
  4. 未来を切り開く方法は、勉強するのが一番簡単。
    未来を切り開く方法は、勉強するのが一番簡単。
  5. 限られた時間内に、合格点を目指すのが受験勉強。
    限られた時間内に、合格点を目指すのが受験勉強。
  6. ハイレベルの大学を目指して、勉強への勢いをつけろ!
    ハイレベルの大学を目指して、勉強への勢いをつけろ!
  7. モテたければ、賢くなるのが一番。
    モテたければ、賢くなるのが一番。
  8. 「勉強しなければならないこと」より「勉強しなくていいこと」をはっきりさせる。
    「勉強しなければならないこと」より「勉強しなくていいこと」をはっきりさせる。
  9. 合格に関係のない勉強は、合格した後にすればいい。
    合格に関係のない勉強は、合格した後にすればいい。
  10. 志望校は宣言せよ!
    志望校は宣言せよ!
  11. 真剣に勉強するから、適正が見えてくる。
    真剣に勉強するから、適正が見えてくる。
  12. 勉強は、始めたばかりのころが一番大変。<br>しばらく続けていれば、楽になる。
    勉強は、始めたばかりのころが一番大変。
    しばらく続けていれば、楽になる。
  13. 「勉強が嫌い」と拒むのは簡単。<br>それを乗り越える訓練をしている。
    「勉強が嫌い」と拒むのは簡単。
    それを乗り越える訓練をしている。
  14. 今の勉強が、役立っているところを想像する。
    今の勉強が、役立っているところを想像する。
  15. 参考書以外に必要で大切な本がある。
    参考書以外に必要で大切な本がある。
  16. やる気がなくても、とりあえず体を動かす癖をつける。
    やる気がなくても、とりあえず体を動かす癖をつける。
  17. 友人と行動してばかりの勉強は進みにくい。
    友人と行動してばかりの勉強は進みにくい。
  18. 「昨日わからなかったことが、今日からわかるようになる」これが勉強の面白さ。
    「昨日わからなかったことが、今日からわかるようになる」これが勉強の面白さ。
  19. 恋人がいると受験に失敗するのは、嘘。
    恋人がいると受験に失敗するのは、嘘。
  20. 禁欲的な生活を避けつつ、勉強に集中できる工夫がある。
    禁欲的な生活を避けつつ、勉強に集中できる工夫がある。
  21. 覚えられない理由を頭の悪さにしない。<br>きちんとした勉強法を学ぶこと。
    覚えられない理由を頭の悪さにしない。
    きちんとした勉強法を学ぶこと。
  22. 勉強ばかりできる今だからこそ、後悔しないように専念する。
    勉強ばかりできる今だからこそ、後悔しないように専念する。
  23. 勉強にもウォーミングアップが必要。
    勉強にもウォーミングアップが必要。
  24. 長丁場の試験勉強では、2種類の計画が必要になる。
    長丁場の試験勉強では、2種類の計画が必要になる。
  25. 勉強するほどでもない短い時間を、最大限に活用。
    勉強するほどでもない短い時間を、最大限に活用。
  26. 得意分野から始める真の理由とは、自信をつけるため。
    得意分野から始める真の理由とは、自信をつけるため。
  27. 「ここに来れば、なぜか集中できる」という場所を見つけよう。
    「ここに来れば、なぜか集中できる」という場所を見つけよう。
  28. 受験時代に培った勉強法は、社会に出てからも通用する世渡り術へと変化する。
    受験時代に培った勉強法は、社会に出てからも通用する世渡り術へと変化する。
  29. 学生時代に節約は必要ない。<br>回収可能な抜群の投資時期と考えていい。
    学生時代に節約は必要ない。
    回収可能な抜群の投資時期と考えていい。
  30. 学力の差がつく瞬間は、朝ご飯を食べるときから始まっている。
    学力の差がつく瞬間は、朝ご飯を食べるときから始まっている。

同じカテゴリーの作品

3:28
related

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION