受験勉強の意味と理由を考える
30の覚悟

4
17

未来を切り開く方法は、
勉強するのが一番簡単。

未来を切り開く方法は、勉強するのが一番簡単。 | 受験勉強の意味と理由を考える30の覚悟

スポーツは生まれつきの体格や運動神経が大きく関係しています。

かけっこで足の速い人は、何の練習をしていなくても早い人が多いです。

私は小中学校のころ、かけっこでは校内で走るのが一番でした。

生まれつきの運動神経というのがあります。

何の努力もしていないのに、校内で一番を取れました。

私より一生懸命に走る練習をしたり努力をしたりしている人は、校内に大勢いました。

その人たちは多少タイムを伸ばすことができましたが、何の努力もしていない私のタイムを抜くことができませんでした。

スポーツは生まれつきの運動神経が関係し、努力の量がなかなか比例しにくい世界です。

私はある日、代表として、県大会に出場しました。

そこで初めて大きな挫折を味わいます。

上には上がいて、愛媛県内には私よりはるかに早い人がたくさんいました。

予選は何とか通過できても、決勝では最下位に近い順位でした。

そこで負けたのが悔しくて、その後は走るのを一生懸命に練習するようになりました。

しかし、中学時代に県大会の強豪たちを抜くことはできませんでした。

練習によって多少のタイムはよくなりましたが、県大会の強豪たちを抜くほどのタイムではありませんでした。

そこで運動神経の限界を感じます。

もちろん練習すれば、多少は向上しますが、努力の量に比例しません。

さらに一生懸命に練習を重ねれば、もう少しくらいはタイムがよくなったかもしれませんが、早々に見切りをつけました。

スポーツの世界では、なかなか上下関係が逆転しにくい。

もちろん一例です。

人によっては、タイムが伸びて、逆転することもあるでしょう。

練習しだいで、ぐいぐいタイムがよくなる人もいるかもしれません。

しかし、スポーツはなかなか大逆転が難しい分野です。

努力が確実に成績に比例するという保証がありません。

生まれつきの運動神経が関係している部分が大きく、努力に比例しないところが難しいところです。

その点、勉強は違います。

勉強の世界では、大逆転は簡単です。

やればやるだけ伸びますし、努力に比例します。

身長・体重・性別・生まれや育ちも関係ありません。

効率的で正しい勉強法をしていれば、成績は確実に伸びます。

どんなに貧乏でも、勉強の世界では大逆転の可能性が十分にあります。

学校の義務教育は、そもそも無料です。

教室も無料で借りられ、教科書も無料でもらえます。

家で親がうるさい人は、学校の図書館を活用すればいい。

学校の図書館を活用すれば、無料で静かな環境を入手できます。

勉強は、あなたにやる気や行動があれば、確実に伸びます。

ぐいぐい伸びて、ライバルと成績を逆転させることは簡単です。

そういう意味で、人生を切り開くなら勉強が一番です。

小中学校時代、校内で一番足が速かった私ですら、最終的には勉強で未来を切り開くことに決めました。

勉強こそ、最も人生の道を切り開きやすい手段なのです。

受験勉強の意味と理由を考える覚悟(4)
  • 勉強をして、未来を切り開く。
限られた時間内に、合格点を目指すのが受験勉強。

受験勉強の意味と理由を考える30の覚悟
受験勉強の意味と理由を考える30の覚悟

  1. 旅の始まりは、ゴール地点を定めることから始まる。
    旅の始まりは、ゴール地点を定めることから始まる。
  2. 「何をやりたいのか」を基準に大学を決める。<br>これに勝る選択基準はない。
    「何をやりたいのか」を基準に大学を決める。
    これに勝る選択基準はない。
  3. 田舎を脱出するために勉強を始めてもいい。
    田舎を脱出するために勉強を始めてもいい。
  4. 未来を切り開く方法は、勉強するのが一番簡単。
    未来を切り開く方法は、勉強するのが一番簡単。
  5. 限られた時間内に、合格点を目指すのが受験勉強。
    限られた時間内に、合格点を目指すのが受験勉強。
  6. ハイレベルの大学を目指して、勉強への勢いをつけろ!
    ハイレベルの大学を目指して、勉強への勢いをつけろ!
  7. モテたければ、賢くなるのが一番。
    モテたければ、賢くなるのが一番。
  8. 「勉強しなければならないこと」より「勉強しなくていいこと」をはっきりさせる。
    「勉強しなければならないこと」より「勉強しなくていいこと」をはっきりさせる。
  9. 合格に関係のない勉強は、合格した後にすればいい。
    合格に関係のない勉強は、合格した後にすればいい。
  10. 志望校は宣言せよ!
    志望校は宣言せよ!
  11. 真剣に勉強するから、適正が見えてくる。
    真剣に勉強するから、適正が見えてくる。
  12. 勉強は、始めたばかりのころが一番大変。<br>しばらく続けていれば、楽になる。
    勉強は、始めたばかりのころが一番大変。
    しばらく続けていれば、楽になる。
  13. 「勉強が嫌い」と拒むのは簡単。<br>それを乗り越える訓練をしている。
    「勉強が嫌い」と拒むのは簡単。
    それを乗り越える訓練をしている。
  14. 今の勉強が、役立っているところを想像する。
    今の勉強が、役立っているところを想像する。
  15. 参考書以外に必要で大切な本がある。
    参考書以外に必要で大切な本がある。
  16. やる気がなくても、とりあえず体を動かす癖をつける。
    やる気がなくても、とりあえず体を動かす癖をつける。
  17. 友人と行動してばかりの勉強は進みにくい。
    友人と行動してばかりの勉強は進みにくい。
  18. 「昨日わからなかったことが、今日からわかるようになる」これが勉強の面白さ。
    「昨日わからなかったことが、今日からわかるようになる」これが勉強の面白さ。
  19. 恋人がいると受験に失敗するのは、嘘。
    恋人がいると受験に失敗するのは、嘘。
  20. 禁欲的な生活を避けつつ、勉強に集中できる工夫がある。
    禁欲的な生活を避けつつ、勉強に集中できる工夫がある。
  21. 覚えられない理由を頭の悪さにしない。<br>きちんとした勉強法を学ぶこと。
    覚えられない理由を頭の悪さにしない。
    きちんとした勉強法を学ぶこと。
  22. 勉強ばかりできる今だからこそ、後悔しないように専念する。
    勉強ばかりできる今だからこそ、後悔しないように専念する。
  23. 勉強にもウォーミングアップが必要。
    勉強にもウォーミングアップが必要。
  24. 長丁場の試験勉強では、2種類の計画が必要になる。
    長丁場の試験勉強では、2種類の計画が必要になる。
  25. 勉強するほどでもない短い時間を、最大限に活用。
    勉強するほどでもない短い時間を、最大限に活用。
  26. 得意分野から始める真の理由とは、自信をつけるため。
    得意分野から始める真の理由とは、自信をつけるため。
  27. 「ここに来れば、なぜか集中できる」という場所を見つけよう。
    「ここに来れば、なぜか集中できる」という場所を見つけよう。
  28. 受験時代に培った勉強法は、社会に出てからも通用する世渡り術へと変化する。
    受験時代に培った勉強法は、社会に出てからも通用する世渡り術へと変化する。
  29. 学生時代に節約は必要ない。<br>回収可能な抜群の投資時期と考えていい。
    学生時代に節約は必要ない。
    回収可能な抜群の投資時期と考えていい。
  30. 学力の差がつく瞬間は、朝ご飯を食べるときから始まっている。
    学力の差がつく瞬間は、朝ご飯を食べるときから始まっている。

同じカテゴリーの作品

4:14
related

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION