元気になる
30の習慣

24
27

「言葉遣い」

「言葉遣い」 | 元気になる30の習慣

言葉遣いを正しておかないと、元気はあっても、ただのやんちゃになります。

同じ意味を伝えたいときでも、言葉や表現が少し違うだけで、印象はまったく変わってきます。

「神経質」と言えばネガティブに聞こえ、不快感を与えますが「細かいところまで気づく性格」と言えばポジティブに聞こえます。

「肥満」という言葉も要注意です。

相手を軽蔑する表現は、できるだけ避けましょう。

代わりに「美食家」と表現すれば、楽しむことを楽しんでいる印象に変わります。

ささいな言葉遣いで、大きな差を生み出してしまうのです。

「頭が悪い」とストレートに表現するくらいなら「勉強が足りない」と言うほうが柔らかくなります。

「のろのろした人」と言ってしまうくらいなら「自分のペースを大切にしている」と個人を尊重した言い方にすることです。

「品のある言葉遣い」を心がけるよう常に習慣付けておくことです。

相手に不快感を与えてしまうような汚れた俗語を使っている人は、自分はイケてると思い込み、勘違いをした人たちばかりです。

周りの人の迷惑や毒をき散らしていることに一切気づきもせず「わが道を行く」で自分のことしか考えていない人なのです。

言葉遣いを正しておくことは、自分のためだけでなく、周りの人のためにもなるのです。

元気になる習慣(24)
  • 「品のある言葉遣い」を、習慣にする。
「歯磨き」

元気になる30の習慣
元気になる30の習慣

  1. 「スピード」
    「スピード」
  2. 「とりあえずやってみる」
    「とりあえずやってみる」
  3. 「まめ」
    「まめ」
  4. 「自分で自分を褒める」
    「自分で自分を褒める」
  5. 「振り返る」
    「振り返る」
  6. 「爽やか」
    「爽やか」
  7. 「すべてが自分に関係している」
    「すべてが自分に関係している」
  8. 「勢い」
    「勢い」
  9. 「昔の自分と比べる」
    「昔の自分と比べる」
  10. 「褒める」
    「褒める」
  11. 「天気に気分を左右されない」
    「天気に気分を左右されない」
  12. 「段取り」
    「段取り」
  13. 「昼寝」
    「昼寝」
  14. 「小さな成功を積み上げる」
    「小さな成功を積み上げる」
  15. 「良いことを先に考える」
    「良いことを先に考える」
  16. 「行動」
    「行動」
  17. 「風通しよく」
    「風通しよく」
  18. 「書いてみる」
    「書いてみる」
  19. 「腰が低い」
    「腰が低い」
  20. 「脇役」
    「脇役」
  21. 「吐き出す」
    「吐き出す」
  22. 「想定外は想定内」
    「想定外は想定内」
  23. 「失敗を教材にする」
    「失敗を教材にする」
  24. 「言葉遣い」
    「言葉遣い」
  25. 「歯磨き」
    「歯磨き」
  26. 「変化」
    「変化」
  27. 「自分を貫く」
    「自分を貫く」
  28. 「お返し」
    「お返し」
  29. 「背伸び」
    「背伸び」
  30. 「今」
    「今」

同じカテゴリーの作品

1:50

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION