暮らし

ゆっくり豊かな暮らしのすすめ

2
16

よく噛んで、
よく味わい、
健康になる。

よく噛んで、よく味わい、健康になる。 | ゆっくり豊かな暮らしのすすめ

日本の弥生時代には、一度の食事は60分弱であり、噛む回数はおよそ4,000回だったと言われています。

肉を切る道具の切れ味が悪かったため、飲み込む前によく噛み砕く必要がありました。

食料の保存もできないため、しばらく経った肉は硬くなり、食べるときにはよく噛む必要がありました。

 

しかし、文明は発達します。

柔らかい食事、消化のいい食事が登場しました。

時代とともに噛む回数は減り、鎌倉時代には30分で約2700回、第2次世界大戦前には約20分で1,400回だったそうです。

現在はさらに減って、10分ほどでたったの600回。

人によっては、それ以下の人もいるようです。

柔らかい食事や消化のよい食事が増えたため、噛む回数が減る一方です。

顎の骨格についても、昔の人はしっかりした大きな顎でしたが、現代人は細長くなっています。

いま一度噛む回数を増やすことで、健康を見直す必要があります。

スローライフでは、ゆっくり食事をして、噛む回数を増やすことです。

まずは「健康のため」です。

満腹感が得られて、食べすぎを防止する効果があります。

噛むことで脳への刺激も増えるため、ぼけの防止につながることが医学的にも証明されています。

もちろんより食事をおいしく味わうことも忘れてはなりません。

噛む回数が多くなると、だ液腺を刺激するため、だ液がたくさん分泌されます。

噛めば噛むほど甘い味がしてくるのは、だ液によって消化された糖によるものです。

だ液の中には「アミラーゼ」という消化酵素が含まれており、でんぷんを糖に分解する働きがあります。

食事をするとき、今より10回多く噛んで食べる習慣を持ってください。

おいしい食事が、さらにおいしく感じられることでしょう。

ゆっくり豊かな暮らしのすすめ(16)
  • 飲み込むまでの噛む回数を、あと10回増やす。
速く働く心は病んでいる。
ゆっくり働く心は健全である。
不動の心は神聖である。

もくじ
ゆっくり豊かな暮らしのすすめ
よく噛んで、よく味わい、健康になる。 | ゆっくり豊かな暮らしのすすめ

  1. ゆっくりだからこそ、見えるものがある。
    ゆっくりだからこそ、見えるものがある。
  2. スローライフの真意とは、心を充実させること。
    スローライフの真意とは、心を充実させること。
  3. スローとだらだらは、別である。
    スローとだらだらは、別である。
  4. 早歩きをやめる。
    早歩きをやめる。
  5. 階段を、1段飛ばしで上がらない。
    階段を、1段飛ばしで上がらない。
  6. 1日中、読書を楽しむ日を作る。
    1日中、読書を楽しむ日を作る。
  7. 即答は、思わぬ失言を招く。
    即答は、思わぬ失言を招く。
  8. スローになると、優しい気持ちがよみがえってくる。
    スローになると、優しい気持ちがよみがえってくる。
  9. 現在は、これまでの過去の「結果」。<br>現在は、これからやってくる未来の「原因」。
    現在は、これまでの過去の「結果」。
    現在は、これからやってくる未来の「原因」。
  10. たくさんの作品を楽しむより、1つの作品を何度も楽しむ。
    たくさんの作品を楽しむより、1つの作品を何度も楽しむ。
  11. 世界的にヒットしているシリーズ作品には、大作が多い。
    世界的にヒットしているシリーズ作品には、大作が多い。
  12. 食事をすればいいと言うわけではない。<br>作るところから食事を味わう。
    食事をすればいいと言うわけではない。
    作るところから食事を味わう。
  13. 精神と呼吸は、深いところではつながっている。
    精神と呼吸は、深いところではつながっている。
  14. 本来、水はおいしい。
    本来、水はおいしい。
  15. 人生のステージに応じて、住む場所を変える。
    人生のステージに応じて、住む場所を変える。
  16. よく噛んで、よく味わい、健康になる。
    よく噛んで、よく味わい、健康になる。
  17. 速く働く心は病んでいる。<br>ゆっくり働く心は健全である。<br>不動の心は神聖である。
    速く働く心は病んでいる。
    ゆっくり働く心は健全である。
    不動の心は神聖である。
  18. 私たちが最終的に目指すべきは「不動の心」。
    私たちが最終的に目指すべきは「不動の心」。
  19. 電車の窓から、外の景色を楽しむ。
    電車の窓から、外の景色を楽しむ。
  20. 疲れたから休憩ではなく、疲れる前に休憩する。
    疲れたから休憩ではなく、疲れる前に休憩する。
  21. いい物品と長い年月を共にして、愛着を根づかせる。
    いい物品と長い年月を共にして、愛着を根づかせる。
  22. 使う頻度や使用時間の長さから考えれば、寝具は最もお金をかけるべき。
    使う頻度や使用時間の長さから考えれば、寝具は最もお金をかけるべき。
  23. ファストフードやジャンクフードを、食べない。
    ファストフードやジャンクフードを、食べない。
  24. ゆっくり1つずつ確実に行動することで、ミスが減り速くなる。
    ゆっくり1つずつ確実に行動することで、ミスが減り速くなる。
  25. 遠くを見ていると、生き方は安定する。
    遠くを見ていると、生き方は安定する。
  26. 植物の成長は、時間がかかるからこそいい。
    植物の成長は、時間がかかるからこそいい。
  27. ちびちびと食べれば、長く味を楽しめる。
    ちびちびと食べれば、長く味を楽しめる。
  28. なぜデパートの地下の食品売り場には、時計がないのか。
    なぜデパートの地下の食品売り場には、時計がないのか。
  29. 値札を見ないで、買い物をする。
    値札を見ないで、買い物をする。
  30. 自然の音こそ、一番のヒーリングミュージック。
    自然の音こそ、一番のヒーリングミュージック。

同じカテゴリーの作品