人生の教科書



気力
自分の財布からお金を出して学校に通う人は、意気込みがすごい。
人生論
恋愛という科目は、学校にはない。
成功哲学
学校教育が、天才を凡才にしてしまう。
人生論
学校では「勉強の楽しさ」を教えてくれない。
人生論
夢は、自動的に叶うものではない。
スキル
世渡りには、カンニングが必要不可欠。
気力

たるんだ心と気持ちを引き締める
30の方法

お気に入り7 読んだ
25

自己管理が苦手な人は、
学校に頼ればいい。
ただし、
自分のお金を使うこと。

自己管理が苦手な人は、学校に頼ればいい。ただし、自分のお金を使うこと。 | たるんだ心と気持ちを引き締める30の方法

勉強のベストは「独学」です。

自分で自分を管理するというのは生きる上で基本だからです。

自分をコントロールできなくて、誰が自分をコントロールするのでしょうか。

もちろんはじめこそ独学は大変ですが、自己コントロールを鍛える貴重な経験ができます。

スケジュール管理、勉強の進め方など、自己コントロールをするノウハウは、社会に出てからも通用します。

はじめ苦労した分、後で必ず役立ちます。

独学とは、そんな自分を律するよい機会になります。

大変と感じる独学だからこそ、学校では学べない多くのことを学ぶ機会になります。

 

しかし、です。

そうは言っても、独学がなかなかうまくいかない人もいるでしょう。

勉強を、どこからどう手をつけていいのか分からないと、途方に暮れます。

自己管理に自信がない人や、そもそも自分で自分を管理できない人は「最終手段」があります。

学校に頼ることです。

学校に通えば、学校側でカリキュラムを立ててくれます。

生徒の理解に応じてカリキュラムを立ててくれるので、理解もしやすく、挫折も減ることでしょう。

先生の分かりやすい指導もあれば、難しい問題も解けるようになります。

ほかの生徒もいるので、だらだらした人も気持ちが引き締まります。

自分で自分の気持ちをなかなか引き締められない人は、学校に通えばいい。

このように数多くのメリットのある学校です。

 

しかし、独学が苦手で学校に通う場合、次の約束だけは必ず守ってください。

「学費は自分で払う」という条件です。

親からお金を出してもらっては、いくら学校に通うとはいえ、サボり始める姿が目に見えます。

そもそも、自分で自分を管理できないから、学校に頼ろうというような人です。

そんな怠け癖のある人は、たとえ親からお金を出してもらっても、勉強への意気込みは乏しいことでしょう。

だからこそ、学校に通うなら「自分のお金で通うこと」が大切です。

自分のお金だから、勉強に活力と緊張感があふれ、成功につながるのです。

まとめ

たるんだ心と気持ちを引き締める方法 その25
  • 独学が苦手な人は、
    自分のお金で、
    学校に頼る。
競争の世界に身を置くと、おのずから闘争心が湧いてくる。

もくじ
(たるんだ心と気持ちを引き締める30の方法)

同じカテゴリーの作品