人生の教科書



読み上げ動画・音声
就職活動
なぜ面接では、笑顔が大切なのか。
スキル
お金のかからない表情は、笑顔が一番。
成功哲学
「存在価値」は「笑顔の数」に比例する。
生き方
人生は、笑うが勝ち。

大物になる
30特徴

お気に入り7 読んだ
24

大物は、
普段仏頂面で、
ときおりにこっと笑顔になる

顔は、人間関係の潤滑油です。

にこっと笑えば、相手との心の距離が近づき、親近感が持てますね。

私も、にこにこしている人が大好きです。

人付き合いが上手な人は、にこにこよく笑っています。

 

しかし、にこにこした笑顔はいいですが、にたにたした笑顔は苦手です。

にたにたした笑いには、軽い印象があります。

何か裏があるのではないかと感じてしまい、素直に笑顔を受け入れにくくなります。

にたにた笑っている人に重大な仕事をお願いできるかといえば、ためらいます。

にたにたしているばかりでは、頼りなく見えてしまうからです。

せっかくの笑顔でも、にたにたしていると、嘘のように見える。

いつでも笑っていればいいのかというと、そうではありません。

笑顔は大切ですが、逆に笑わないからこそ出る効果もあります。

大物感を演出させるためには、にたにたした顔を見せるのは、タブーです。

 

たとえば、法の最高権威である最高裁の裁判長が、にたにた笑っていたら頼りなく映ります。

軽薄な調子で判決文を読まれると「適当に決めた判決なのか」と思います。

最高裁の裁判長は、仏頂面だからこそ、力強く映ります。

警察官や自衛隊も、いつもは仏頂面だからこそ、緊張があります。

お釈迦様や観音様は、無表情だからこそ、神秘的です。

笑顔が不要な場面もあります。

大物ほど、普段は笑いません。

普段は笑わず、ときおり、にこっとします。

そうした笑顔が、さらに存在感を引き立てるのです。

大物になる人の特徴 その24

  • にこにこしすぎないようにする
ぴんと伸びた背筋は、考え方や信念まで伸びている印象を与える。

もくじ
(大物になる人の30の特徴)

同じカテゴリーの作品