人生の教科書



成功哲学

大物になる人の
30の特徴

お気に入り22 読んだ
6

大物は、
元気を自家発電しようとする。

大物は、元気を自家発電しようとする。 | 大物になる人の30の特徴

小心者は「誰かに元気をもらおう」とします。

自分は、強い人間ではないと思っています。

いつも人にすがったり頼ったりしてばかりです。

誰かと一緒にいないと不安なので、行動するときにはいつも友達と一緒です。

いつも友達と一緒になれば、自由な行動ができないので、夢もなかなか叶えられません。

 

一方、大物は、元気を自家発電しようとします。

元気は誰かにもらってもいいですが、まず自分の力で元気になろうとします。

自立するとは、そういうことです。

できることはすべて自分でできるようになってこそ「自分で立つ」と書いて「自立」です。

 

では、元気を自家発電するのは、どうすればいいのでしょうか。

大好きな趣味に没頭して、心から楽しむことです。

好きなことなら、何でもかまいません。

映画館に行って、大好きな映画を見て、物語を楽しみます。

好きな読書を読んだりします。

好きな本を読んでいるときはわくわくして、読み終えたときには達成感があります。

趣味で絵を描いて、自分の作品を完成させてもいいでしょう。

旅行に出かけたり、好きなミュージシャンのCDを買って音楽を聴いて楽しんだりしてもかまいません。

誰でも好きなことをしているときは、心が熱くなり、元気が出てきます。

それが、元気の自家発電なのです。

まとめ

大物になる人の特徴 その6
  • 大好きな趣味に没頭して、
    元気を自家発電する。
大物は、どんな状況も「勉強になります」と胸を張る。

もくじ
(大物になる人の30の特徴)

同じカテゴリーの作品