人生の教科書



読み上げ動画・音声
就職活動
ビジネスの場にふさわしい身だしなみを心がける。
ニート
職業安定所に向かうなら、ビジネススーツ。
就職活動
髪を染めたまま、面接を受けてもいいのか。
独立・起業
服装は印象に残らない。
印象に残るのは、表情だ。

大物になる
30特徴

お気に入り12 読んだ
3

大物られるは、
である

ジネススーツといえば「黒」が定番です。

紺やグレーのタイプもありますが、やはり世界のどこを見ても、黒が一番人気です。

なぜ、ビジネススーツに黒が採用されているのかというと、信用・自信・強さを表現できる色だからです。

この色の効果のため、ビジネスでは最も着用されている色です。

もし、ビジネススーツが緑色だったら、嫌です。

「この人は何だか信用できない」と、見た目で判断してしまいます。

怪しい人に見えてしまい、警察に呼び止められ、職務質問をされてしまいそうです。

赤や紫も、ビジネススーツには不向きです。

学校の先生が黄色いスーツを着ていたら「これから番組の司会でもやるのかな」と思います。

もし、実際に赤や紫のビジネススーツを着ている人がいれば、不安になって仕方ありません。

話している言葉も、どこか嘘があるのではないかと疑ってしまいます。

色は、人の心に訴えかけ、イメージさえも左右します。

たとえ、仕事のできない学生でも、黒のスーツを着ることで、ビジネスマンらしい姿になります。

黒のいいところは、イメージだけではありません。

組み合わせやすいところです。

黒は、ほかのどんな色とも似合います。

黒を着て失敗することはありません。

ビジネスでもプライベートでも共通して使える、大物には欠かせない色なのです。

大物になる人の特徴 その3

  • て、
    イメージアップする
低い声の重みは、言葉の重みにまで影響する。

もくじ
(大物になる人の30の特徴)

同じカテゴリーの作品