人生の教科書



生き方
60代からは「新しい生きがい」が必要になる。
ニート
生きがいがなくて、大いに結構。
健康
腹八分目は長生きの習慣。
生き方
空の巣症候群にならないために、子供以外の生きがいを持つ。
健康

長生きをする
30の方法

お気に入り6 読んだ
27

長生きできる人は
「生きがい」を持っている。

長生きできる人は「生きがい」を持っている。 | 長生きをする30の方法

長生きできる人は、元気です。

気持ちが若いです。

私の祖母は現在80歳を超え、90歳に近づいていますが、まったくそうとは感じさせないバイタリティーがあります。

ある日、長生きのポイントを聞いたことがありました。

「子や孫の育っていく顔を見るのが生きがいだ」と言います。

子や孫の成長が見たいがために長生きをしたいと思っています。

さらに長く生きれば、ひい孫の顔も見ることができるでしょう。

そういう生きがいを持つことで、長く生きたいというモチベーションを作り、気持ちを若くさせているようです。

長生きをするために必要なのは、まさに「生きがい」です。

生きがいは、孫の成長を見るだけでなく、人によってさまざまです。

いつまでも精力的に仕事をしたい人もいれば、世界中を旅したいからという人もいます。

「何かをしたい! やり遂げたい!」という前向きな生きがいを持つことで、気持ちまで前向きになります。

私は今、100歳まで生きるという目標を掲げています。

HappyLifeStyleが生きがいであり、この大きな夢を達成するためにできるだけ長く生きたいからです。

HappyLifeStyleによって人々の悩みが改善され、幸せな生活が実現されるのを自分の目で確かめたい欲求があります。

これが私の生きがいです。

そういう目標が決まれば、日頃の食生活や生活習慣を本気で見直したくなるのです。

まとめ

長生きをする方法 その27
  • 長生きしたいと思う「生きがい」を持つ。
次のページ >>
気を長くすれば、寿命も長くなる。

もくじ
(長生きをする30の方法)

同じカテゴリーの作品