人生の教科書



ダイエット
マーガリンを食べるとは、穏やかな自殺である。
才能
本ほど、自由度の高い先生はいない。
ダイエット
運動はしすぎても、老化を促進させる。
スキンケア
「活性酸素」は、肌にいいものなの?
健康

長生きをする
30の方法

お気に入り10 読んだ
6

小食は、
長生きのポイントである。

小食は、長生きのポイントである。 | 長生きをする30の方法

「人が老いる」というのは、例えて言えば「さびる」と同じ話です。

いわゆる「酸化」と考えればイメージがしやすいと思います。

鉄は、使っても使わなくても、ほうっておけば自然とさびていきますね。

それは、鉄と酸素が触れることで、鉄の酸化が進行するからです。

バナナをほうっておくと、だんだん茶色になります。

リンゴも切って、ほうっておけば、だんだん茶色になります。

同じ話で、酸化するからです。

酸素のある空気中に存在するかぎり、避けては通れません。

同じように、人の体もさびます。

厳密に言えば、細胞が酸化します。

人が生きて活動する際には、エネルギーが必要です。

エネルギーは、細胞と血液中の酸素とが結合することで、発生します。

その際に、少しずつ細胞のさびが進行していきます。

そのさびた細胞が増えるほど、老化していきます。

私たちは、酸素がないと生きていけません。

さびの原因である酸素をなくすわけにはいかず、細胞のさびは避けては通れない道です。

まさに、地球上、生きとし生けるものに課せられた宿命です。

 

しかし、です。

このさびを完全に避けて通ることはできませんが「遅らせること」ならできます。

通常、体内に取り入れられた2~3パーセントが、活性酸素になると言われています。

長生きをするためには、このさびの進行を少しでも遅らせればいい。

そのポイントこそ「食べる量」です。

食べる量が少なければ、消化活動のために必要とされる酸素も少なくなり、さびの進行も遅くなります。

ただ少なければよいという問題ではなく、もちろん栄養バランスの取れた食事であることが前提です。

長寿を目指すために、食べる量を減らし、小食を心がけることです。

食べる量が多ければ、その消化のために大量の活性酸素が生産され、細胞のさびが早く進行し、老化も早く進んでしまいます。

食べる量が少なければ、発生する活性酸素が抑えられ、細胞のさびの進行も、老化の進行も緩やかにさせることができます。

1回の食事ではほんのわずかの違いです。

 

しかし、何年にも及ぶ小食の習慣があれば、年を追うごとに、その差は歴然となります。

長寿の人たちが、決まって小食なのは、そういう理由があるからです。

小食を心がけることは、ダイエットにつながる効果だけではありません。

ダイエット効果があると同時に、長寿につながる効果もあるのです。

まとめ

長生きをする方法 その6
  • 小食を心がける。
次のページ >>
睡眠時間が短いと、寿命も短くなる。
睡眠時間が長いと、寿命も長くなる。

もくじ
(長生きをする30の方法)

同じカテゴリーの作品