人生の教科書



ストレス対策
ストレスに悩んでいる人に限って、睡眠時間が短い。
ストレス対策
睡眠時間を削るということは、命を削るということ。
ダイエット
睡眠不足になると、太りやすくなる。
ダイエット
寝る前は「読書」と「ストレッチ」がおすすめ。
自分磨き
爽やかな人は、肌がきれい。
自分磨き
疲れとストレスをためないことが、怠け癖を直すことにもつながる。
健康

長生きをする
30の方法

お気に入り4 読んだ
7

睡眠時間が短いと、
寿命も短くなる。
睡眠時間が長いと、
寿命も長くなる。

睡眠時間が短いと、寿命も短くなる。睡眠時間が長いと、寿命も長くなる。 | 長生きをする30の方法

しっかり睡眠時間を取りましょう。

特にこれは、若いころからの蓄積が大切です。

長生きする人の生活スタイルを研究すると、睡眠時間が多いことに気づきます。

7~8時間前後の十分な睡眠を、若いころから心がけている人が多いです。

なぜ、睡眠時間が重要なのかというと「ストレス解消」が関係します。

老化の原因は、人がさびる要因となる「活性酸素」が原因です。

その活性酸素は、生きていれば必ず発生しますが、特に「大量に発生する瞬間」があります。

ストレスを感じているときです。

精神的なストレスは、多くの活性酸素を作り、老化を促進させてしまいます。

ストレスを感じると、その穴を埋めるために、体中が活動するからです。

ストレスがなければいいと考えてしまいますが、そう単純な話ではありません。

ストレスがない生活は、社会生活を営む上では避けられませんし、適度なストレスはむしろ勉強や仕事でよい刺激となります。

大切なことは、ストレスを「感じないこと」ではなく「ためないこと」です。

適度なストレスのある生活は心がけつつも、ストレスはためず、その日のうちに解消できればいい。

そのポイントこそ「睡眠」です。

最低6時間以上の睡眠は、必要です。

理想は、7~8時間前後です。

9時間以上の長すぎる睡眠も体によくない研究結果がありますが、忙しい現代社会に、長い睡眠を取る心配は、さほどないでしょう。

7~8時間前後の睡眠をしっかり取れば、ストレス解消ができ、健全、かつ長生きのできる生活スタイルになります。

寝るのは時間の無駄、と思わないでください。

しっかり寝ると、ストレス解消だけでなく、成長に必要なさまざまなホルモンが分泌されます。

しっかり睡眠を取れば、次の日の朝、肌の調子がよくなるのはそのためです。

まさに、美容と健康における、最高の投資なのです。

まとめ

長生きをする方法 その7
  • 睡眠は、最低6時間は取る。
次のページ >>
人生で大切なのは、生きた長さより、生きた濃さ。

もくじ
(長生きをする30の方法)

同じカテゴリーの作品