執筆者:水口貴博

段取り力を高める
30の方法

9
3

旅の帰りに旅をする。

旅の帰りに旅をする。 | 段取り力を高める30の方法

私がアメリカを旅行したときのことです。

たまたま夏休みの時期と重なり、なかなか航空券が思うように取れませんでした。

日本から直接アメリカへ行く旅券は何とか取れましたが、アメリカから日本へ直接向かう旅券は、予約がいっぱいで取れません。

ようやく取れたチケットは「アメリカ発、韓国経由、日本行き」というものでした。

さらに不運なことに、韓国経由と言っても、韓国で一夜を過ごさなければなりません。

飛行機代もかかり、また韓国のホテル代や交通費も余分に必要です。

私は最初「何とか旅券は取れたけど、時間もお金もかかって面倒だな」と思っていました。

しかし、ふと、少し考え方を変えてみました。

「帰りに韓国へ立ち寄るなら、韓国も観光すればいいじゃないか!」

韓国経由を、うまくプラスに考えました。

こう考えると、時間もお金も無駄とは思えなくなります。

旅の帰りに旅をする、ということです。

せっかく韓国に立ち寄るなら、韓国も観光しないと損だと思いました。

行動したときに、その行動でほかの行動もできないかと考えましょう。

行動のためには、重い腰を上げなければいけません。

人間は、行動するときには早いですが、行動するまでが長いです。

1つの行動をするときに、ついでに2つも3つも合わせて行動すれば、時間もエネルギーも節約できるのです。

段取り力を高める方法(9)
  • 旅の帰りに、旅をする。
段取りの下手な人は、会話を減らす。
段取りの上手な人は、会話を増やす。

段取り力を高める30の方法
段取り力を高める30の方法

  1. 豊かな時間は、段取りのよさから生まれる。
    豊かな時間は、段取りのよさから生まれる。
  2. うまくいかなかったときは「段取りの悪さ」を見直す機会と考える。
    うまくいかなかったときは「段取りの悪さ」を見直す機会と考える。
  3. 楽をしたいから、サボるのではない。<br>楽をしたいから、段取りを考えるのだ。
    楽をしたいから、サボるのではない。
    楽をしたいから、段取りを考えるのだ。
  4. 簡単な問題から始めたほうがうまくいく。
    簡単な問題から始めたほうがうまくいく。
  5. 段取りの悪い会議は、会議中に資料を配る。<br>段取りのいい会議は、会議前に資料を配る。
    段取りの悪い会議は、会議中に資料を配る。
    段取りのいい会議は、会議前に資料を配る。
  6. わかりやすくするために、図表は本当に必要かを考える。
    わかりやすくするために、図表は本当に必要かを考える。
  7. 誰もしないことをするのが、段取りだ。
    誰もしないことをするのが、段取りだ。
  8. 作業は、単発より、連続にする。
    作業は、単発より、連続にする。
  9. 旅の帰りに旅をする。
    旅の帰りに旅をする。
  10. 段取りの下手な人は、会話を減らす。<br>段取りの上手な人は、会話を増やす。
    段取りの下手な人は、会話を減らす。
    段取りの上手な人は、会話を増やす。
  11. 段取りとは、区切ること。
    段取りとは、区切ること。
  12. 遅刻のときは、どんな場所でもきちんと連絡を入れる。
    遅刻のときは、どんな場所でもきちんと連絡を入れる。
  13. 具を入れる順番を整えないと、おいしいカレーは作れない。
    具を入れる順番を整えないと、おいしいカレーは作れない。
  14. いらない物は捨て、好きなことをすれば、集中力は自然と出る。
    いらない物は捨て、好きなことをすれば、集中力は自然と出る。
  15. 段取り上手には「まとめる力」と「分ける力」がある。
    段取り上手には「まとめる力」と「分ける力」がある。
  16. 好きなことを始めにして、嫌いなものは後回しでいい。
    好きなことを始めにして、嫌いなものは後回しでいい。
  17. 軽いジョークから始めたほうが、提案はうまくいく。
    軽いジョークから始めたほうが、提案はうまくいく。
  18. 話をしないのも、段取りだ。
    話をしないのも、段取りだ。
  19. 規模が大きく、複数人で作業をするときは、あらかじめ流れを紙に書いておく。
    規模が大きく、複数人で作業をするときは、あらかじめ流れを紙に書いておく。
  20. 「知ろうとする努力」から「知ろうとしない努力」へと転換する。
    「知ろうとする努力」から「知ろうとしない努力」へと転換する。
  21. 段取りとは、一歩先の未来を考えた行動のこと。
    段取りとは、一歩先の未来を考えた行動のこと。
  22. 応用とは「基本の組み合わせ」であり「積み重ね」。
    応用とは「基本の組み合わせ」であり「積み重ね」。
  23. 疲れたら、疲れていない部分を使えばいい。
    疲れたら、疲れていない部分を使えばいい。
  24. 一番手が、一番大変。
    一番手が、一番大変。
  25. キーマンを見つけて、人脈を開拓する。
    キーマンを見つけて、人脈を開拓する。
  26. 段取りで大切なことは「パーフェクト」ではなく「テンポ」。
    段取りで大切なことは「パーフェクト」ではなく「テンポ」。
  27. 仕事をたくさんすれば、段取りは自然と身につく。
    仕事をたくさんすれば、段取りは自然と身につく。
  28. 時系列を記録すると、やる気が出る。
    時系列を記録すると、やる気が出る。
  29. マナーそのものが、素晴らしい段取りである。
    マナーそのものが、素晴らしい段取りである。
  30. 段取りは、トラブルが起こることを前提に考える。
    段取りは、トラブルが起こることを前提に考える。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION