執筆者:水口貴博

段取り力を高める
30の方法

22
14

応用とは
「基本の組み合わせ」であり
「積み重ね」。

応用とは「基本の組み合わせ」であり「積み重ね」。 | 段取り力を高める30の方法

段取りとは、順番です。

物事には、効率よく進めるために適した順序があります。

順序をきちんと整えて勉強や仕事をすれば、速く正確に進めることができます。

たとえば、勉強のときには「基本を徹底的に極める」という当たり前の順番を守ることです。

少しでも早く成績を上げたい人は、いきなり応用問題に取り組もうとします。

応用問題ほど本も分厚く、勉強をしているような気になります。

しかし、そういう人ほど、勉強に挫折します。

基本をおろそかにすると、難しい問題を解く理解がなく、三日坊主に終わります。

頭の善しあしや才能は、関係ありません。

順番であり、段取りです。

成績のいい人ほど、基本問題を山ほどこなしている人です。

基本を徹底的に学び、理解して、身につけているからこそ、応用問題を理解する力がつきます。

応用とは「基本の組み合わせ」であり「積み重ね」です。

単なる漢字1つでも、難しい漢字は、基本的な漢字の組み合わせです。

「嘘」という漢字は「口」「虚」という漢字から成り立っています。

いきなり「嘘」という漢字を覚えようと思えばできるでしょう。

しかし、理解や意味が伴っていない暗記は、あっという間に忘れます。

「嘘」という漢字を覚える前に「口」と「虚」という字を徹底的に学び、意味と書き方を理解すれば覚えやすく忘れにくくなります。

「口から虚ろ(うつろ)なことを言うから、嘘なのだな」

そういう意味を理解して覚えれば、覚えやすく忘れにくくなります。

なにより、意味がわかれば、勉強は楽しくなります。

すべての学問は、そういう成り立ちです。

応用は、基本の組み合わせであり、積み重ねです。

段取りとはいえ、奇をてらうようなテクニックは不要です。

まず素直に、基本から徹底的に学び、次第にレベルを上げていくという流れでいいのです。

段取り力を高める方法(22)
  • 基本から徹底的に学ぶ。
疲れたら、疲れていない部分を使えばいい。

段取り力を高める30の方法
段取り力を高める30の方法

  1. 豊かな時間は、段取りのよさから生まれる。
    豊かな時間は、段取りのよさから生まれる。
  2. うまくいかなかったときは「段取りの悪さ」を見直す機会と考える。
    うまくいかなかったときは「段取りの悪さ」を見直す機会と考える。
  3. 楽をしたいから、サボるのではない。<br>楽をしたいから、段取りを考えるのだ。
    楽をしたいから、サボるのではない。
    楽をしたいから、段取りを考えるのだ。
  4. 簡単な問題から始めたほうがうまくいく。
    簡単な問題から始めたほうがうまくいく。
  5. 段取りの悪い会議は、会議中に資料を配る。<br>段取りのいい会議は、会議前に資料を配る。
    段取りの悪い会議は、会議中に資料を配る。
    段取りのいい会議は、会議前に資料を配る。
  6. わかりやすくするために、図表は本当に必要かを考える。
    わかりやすくするために、図表は本当に必要かを考える。
  7. 誰もしないことをするのが、段取りだ。
    誰もしないことをするのが、段取りだ。
  8. 作業は、単発より、連続にする。
    作業は、単発より、連続にする。
  9. 旅の帰りに旅をする。
    旅の帰りに旅をする。
  10. 段取りの下手な人は、会話を減らす。<br>段取りの上手な人は、会話を増やす。
    段取りの下手な人は、会話を減らす。
    段取りの上手な人は、会話を増やす。
  11. 段取りとは、区切ること。
    段取りとは、区切ること。
  12. 遅刻のときは、どんな場所でもきちんと連絡を入れる。
    遅刻のときは、どんな場所でもきちんと連絡を入れる。
  13. 具を入れる順番を整えないと、おいしいカレーは作れない。
    具を入れる順番を整えないと、おいしいカレーは作れない。
  14. いらない物は捨て、好きなことをすれば、集中力は自然と出る。
    いらない物は捨て、好きなことをすれば、集中力は自然と出る。
  15. 段取り上手には「まとめる力」と「分ける力」がある。
    段取り上手には「まとめる力」と「分ける力」がある。
  16. 好きなことを始めにして、嫌いなものは後回しでいい。
    好きなことを始めにして、嫌いなものは後回しでいい。
  17. 軽いジョークから始めたほうが、提案はうまくいく。
    軽いジョークから始めたほうが、提案はうまくいく。
  18. 話をしないのも、段取りだ。
    話をしないのも、段取りだ。
  19. 規模が大きく、複数人で作業をするときは、あらかじめ流れを紙に書いておく。
    規模が大きく、複数人で作業をするときは、あらかじめ流れを紙に書いておく。
  20. 「知ろうとする努力」から「知ろうとしない努力」へと転換する。
    「知ろうとする努力」から「知ろうとしない努力」へと転換する。
  21. 段取りとは、一歩先の未来を考えた行動のこと。
    段取りとは、一歩先の未来を考えた行動のこと。
  22. 応用とは「基本の組み合わせ」であり「積み重ね」。
    応用とは「基本の組み合わせ」であり「積み重ね」。
  23. 疲れたら、疲れていない部分を使えばいい。
    疲れたら、疲れていない部分を使えばいい。
  24. 一番手が、一番大変。
    一番手が、一番大変。
  25. キーマンを見つけて、人脈を開拓する。
    キーマンを見つけて、人脈を開拓する。
  26. 段取りで大切なことは「パーフェクト」ではなく「テンポ」。
    段取りで大切なことは「パーフェクト」ではなく「テンポ」。
  27. 仕事をたくさんすれば、段取りは自然と身につく。
    仕事をたくさんすれば、段取りは自然と身につく。
  28. 時系列を記録すると、やる気が出る。
    時系列を記録すると、やる気が出る。
  29. マナーそのものが、素晴らしい段取りである。
    マナーそのものが、素晴らしい段取りである。
  30. 段取りは、トラブルが起こることを前提に考える。
    段取りは、トラブルが起こることを前提に考える。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION