人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
睡眠
部屋が暗いと、自然な眠気がやってくる。
住まい
きれいにするためのキーワードは「統一感」。
住まい
部屋の状態は、住んでいる人の心の状態。
住まい
一人暮らしが、1つのテーマを作り上げる。
睡眠
ツボを押して、安眠と健康を手に入れよう。
住まい
本当にきれいな部屋には、においがない。

安眠快眠
30シンプル方法

お気に入り3 読んだ
30

「安眠儀式」があると、
りやすくなる

「安眠の儀式」があると、眠りやすくなる。 | 安眠・快眠の30のシンプルな方法

眠の儀式」とは何かというと、これまで紹介した安眠のコツをうまく組み合わせて、一連の儀式を作ることです。

これまでのコツの紹介では、単体で実行することでした。

 

しかし、組み合わせると、さらに効果は倍増します。

組み合わせは、もちろん自由です。

順番も自由です。

これをやるかやらないかは、かなり大きな差があります。

あなたが好きなようにアレンジして、自分に最適な安眠の儀式を作ってください。

実は、この「安眠の儀式」なるものは、私の母から教えてもらった知恵です。

私の母は、毎日寝る前に「安眠の儀式」を行います。

まず、お風呂はぬるま湯に浸かります。

寝る前には部屋を暗くして、腕や太ももをマッサージしています。

開脚をしたり、前屈をしたりして、ストレッチをします。

母に、なぜマッサージやストレッチを毎日しているのかと尋ねると、こうしたほうが眠りやすくなるから、といいます。

暗い部屋と、マッサージやストレッチで体を柔らかくほぐすことで、副交感神経が優位になり、リラックス効果があるようです。

特にお風呂上りは体が柔らかくなっていますから、ストレッチには最も適した時間帯です。

さらに部屋の明かりを暗くして行うと、なお効果的です。

こういう過程を経て、体の副交感神経が次第に優位となります。

メラトニンが分泌して、自然な眠気がやってきます。

長年、母が見つけ実行し続けている安眠の儀式です。

これは、母の一例です。

ほかにも、アロマを取り入れたり、癒しの音楽をかけたり、足湯に浸かったり、リラックスできる方法はたくさんあります。

自分にとって、最もリラックスできる方法を見つけ、組み合わせてください。

大切なことは「安眠の儀式」を作るということです。

安眠上手な人は、いきなり寝ようとしません。

いきなり寝ようと部屋の電気を暗くしても、体が追いつきません。

安眠の儀式を取り入れ、その儀式を通じて、ゆっくり体を睡眠モードに移行させるのです。

安眠・快眠のシンプルな方法 その30

  • 「安眠儀式」
まとめ

もくじ
(安眠・快眠の30のシンプルな方法)

同じカテゴリーの作品