人生の教科書



住まい

部屋をきれいに整える
30の方法

お気に入り17 読んだ
4

本当にきれいな部屋には、
においがない。

本当にきれいな部屋には、においがない。 | 部屋をきれいに整える30の方法

本当にきれいな部屋は、何のにおいもありません。

無臭です。

人の好みで、きれいさを演出するにおいを、部屋につけることもできます。

それは、その人の好みです。

本人だけの部屋なら、いいでしょう。

それでも、ほかのお客さんが来るときは、においはないほうが無難です。

そのにおいは、お客さんの好みとは限らないからです。

たとえ好みでも、においは「面白い性質」があります。

においに慣れてしまうと、におわなくなるということです。

私はこれで、大失敗を犯してしまったことがあります。

友達の部屋に遊びに行ったとき、いい香りのする部屋で、よい印象を受けたため、自分も真似をしようと思いました。

私は真似をするのが好きです。

得意です。

早速部屋にスプレーするための香水を買い、部屋に噴射します。

いいにおいで、私は満足でした。

 

しかし、それから数日後、おかしなことが起こりました。

いつも同じ量でスプレーしているはずなのに、においが弱くなっているのです。

「おかしいな。香水の成分が薄くなったのかな」と思い、以前より量を増やして、スプレーしました。

 

ところがある日、友達がやって来た日のことです。

入るとすぐ「うわっ、すごいにおい。どうしたの?」と言うのです。

私の鼻では、あまり、においません。

そのとき、ようやく分かりました。

私はにおいに慣れてしまい、におわなくなっていたのです。

友達は嫌な顔をしていました。

友達に不快感を与えるようでは、きれいな部屋は失格です。

それからというもの、部屋にはめったににおいをつけることはなくなりました。

無臭にしてからは、友達からの評判もよくなりました。

ある韓国人の友達に「タカの部屋は、何もにおわないから、部屋にいやすい」と言ってくれたときは嬉しかった。

きれいなにおいは、何もにおわない「無臭」のことだったのです。

まとめ

部屋をきれいに整える方法 その4
  • 部屋は無臭にする。
きれいな色とは、白のこと。

もくじ
(部屋をきれいに整える30の方法)

同じカテゴリーの作品