勉強法

成績が上がる
30の勉強法

読んだ お気に入り9
11

ノートオタクにならないこと。

ノートオタクにならないこと。 | 成績が上がる30の勉強法

どうしてもノートが必要なら、ノートを用意してもいいでしょう。

基本は、教科書に書き込むという姿勢です。

 

しかし、思わぬ大切な情報を、先生が黒板に書き始めるということも少なくありません。

ささいなポイントなら、教科書に直接書き込めばいいでしょう。

大きな関係図になると、教科書の余白に限りがあるため、書ききれません。

そういうときは、ノートに書くしかないので、ノートを最大限に活用しましょう。

 

しかし、間違っても、ノートオタクにならないよう注意しましょう。

ノートオタクとは、次のような人のことです。

  • 何でもノートに書きとめる人
  • きれいな字で書きとめる人

何でも書きとめる必要はまったくありません。

本当に大切なところだけ、書きとめるだけで結構です。

きれいな字で書きとめる必要もありません。

きれいな字で書くことに集中してしまうと「勉強」ではなく「文字の稽古」になります。

必要な事柄を忘れないように書きとめておくのが、ノートです。

英語でnoteとは、名詞では「ノート」という意味ですが、動詞では「書きとめる」という意味があります。

覚える時間が十分にないので、忘れないようにノートに書きとめます。

覚える時間がないくらいですから走り書きになり、当然、ノートの字は汚くなるはずです。

自分のためのノートですから、自分だけが読める字でいい。

ノートが、きれいな人をときどき見かけます。

ノートをきれいにとっていると、先生や友達から褒められ、一生懸命に勉強していると思われます。

 

しかし、実際は一生懸命に勉強ではなく、文字の稽古をしているだけです。

きれいに書くことが目的ではなく、後から復習することが目的です。

字は汚くても、まったく問題ありません。

先生が一瞬口にしたポイント、教科書には書ききれない大きな図などを、ノートにさっと書き込むのです。

まとめ

成績が上がる勉強法 その11
  • ノートオタクにならないようにする。
勉強に、生理現象の我慢は禁物。

もくじ
成績が上がる30の勉強法
ノートオタクにならないこと。 | 成績が上がる30の勉強法

  1. 「ノートに書く1時間」と「記憶に集中する1時間」は、まったく別物。
  2. アウトプットは、インプットが大前提。
  3. まず1冊の教科書を使って、徹底的に勉強する。
  4. どんなに古臭い本でも「王道」と言われる本を1冊は持っておくこと。
  5. 勉強には、王道の5段階がある。
  6. 歴史は、漫画を読んで流れをつかむ。
  7. 100点を目指さない。
    90点も取れれば十二分。
  8. 基本5科目「英国理数社」より、はるかに重要な「自分」という科目がある。
  9. 勉強は、夜より、朝する。
  10. 本当に勉強ができる人は、ノートを取らず、教科書に書き込む。
  11. ノートオタクにならないこと。
  12. 勉強に、生理現象の我慢は禁物。
  13. 効果的な勉強に「音読」は当たり前。
    勉強の達人は「立って音読」をする。
  14. トイレ・お風呂・自室の壁を、最大限に活用する。
  15. 区切りや制限時間を作ると、頭がしゃきっとする。
  16. 試験日は、最初に決めてしまう。
  17. 勉強にお金を惜しむと、成績が伸びない。
  18. 予習より、復習に力を入れよう。
  19. 重要な情報は、もったいぶらずに共有する。
  20. 質を求めた勉強は失敗する。
    スピードのある勉強が成功する。
  21. 復習効果を倍増させるには「1人授業」が効果的。
  22. 睡眠時間を削ってまで、勉強をしない。
  23. 勉強のできる人は、パンよりご飯を食べる。
  24. ガムを噛めば、頭の回転がよくなる。
  25. テストの復習をする最もよいタイミングは、受け終わった直後。
  26. 必要な科目が決まったら、必要ない教科は徹底的に捨てること。
  27. 疲れにくく継続ができる勉強は、耳からしよう。
  28. 「鉛筆とノート」より「ボールペンと紙」のほうがいい。
  29. 音楽を聴きながらする勉強は、効果的なのか。
  30. 合格した後の自分を想像しながら、勉強する。

同じカテゴリーの作品