人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
受験対策
ノート魔にならない。
就職活動
自己分析用ノートを作らないと、自己分析は始まらない。

成績が上がる
30の勉強法

お気に入り10 読んだ
11

ノートオタクにならないこと。

ノートオタクにならないこと。 | 成績が上がる30の勉強法

どうしてもノートが必要なら、ノートを用意してもいいでしょう。

基本は、教科書に書き込むという姿勢です。

 

しかし、思わぬ大切な情報を、先生が黒板に書き始めるということも少なくありません。

ささいなポイントなら、教科書に直接書き込めばいいでしょう。

大きな関係図になると、教科書の余白に限りがあるため、書ききれません。

そういうときは、ノートに書くしかないので、ノートを最大限に活用しましょう。

 

しかし、間違っても、ノートオタクにならないよう注意しましょう。

ノートオタクとは、次のような人のことです。

  • 何でもノートに書きとめる人
  • きれいな字で書きとめる人

何でも書きとめる必要はまったくありません。

本当に大切なところだけ、書きとめるだけで結構です。

きれいな字で書きとめる必要もありません。

きれいな字で書くことに集中してしまうと「勉強」ではなく「文字の稽古」になります。

必要な事柄を忘れないように書きとめておくのが、ノートです。

英語でnoteとは、名詞では「ノート」という意味ですが、動詞では「書きとめる」という意味があります。

覚える時間が十分にないので、忘れないようにノートに書きとめます。

覚える時間がないくらいですから走り書きになり、当然、ノートの字は汚くなるはずです。

自分のためのノートですから、自分だけが読める字でいい。

ノートが、きれいな人をときどき見かけます。

ノートをきれいにとっていると、先生や友達から褒められ、一生懸命に勉強していると思われます。

 

しかし、実際は一生懸命に勉強ではなく、文字の稽古をしているだけです。

きれいに書くことが目的ではなく、後から復習することが目的です。

字は汚くても、まったく問題ありません。

先生が一瞬口にしたポイント、教科書には書ききれない大きな図などを、ノートにさっと書き込むのです。

成績が上がる勉強法 その11

  • ノートオタクにならないようにする。
勉強に、生理現象の我慢は禁物。

もくじ
(成績が上がる30の勉強法)

同じカテゴリーの作品