勉強法

成績が上がる
30の勉強法

読んだ お気に入り8
19

重要な情報は、
もったいぶらずに共有する。

重要な情報は、もったいぶらずに共有する。 | 成績が上がる30の勉強法

ときどき、自分の知っている勉強情報を、他人に教えない人がいます。

たまたま、自分が見つけた分かりやすい問題の解き方、考え方、ためになる参考書、重要な受験情報などです。

大切な情報をほかの人に教えると、ほかの人に真似されてしまい、おいしいところを持っていかれるような気がします。

教えた人の成績が上がってしまい、逆に自分の順位が下がってしまうという不安があるからです。

もし、同じクラスで成績を競い合うとき、たしかにほかのクラスメートの成績が上がれば、逆に自分の順位が下がってしまいます。

 

しかし、それでも、情報共有はしたほうがいい。

クラスメートや友達を「敵」と考えるべきではありません。

仲間と考えます。

ほかの人に負けてたまるかと、自分が知っている情報は他人に教えず、独り占めしていては、試験に合格できません。

むしろ、自分の知っている情報は、どんどん仲間と共有し合うことで、結果として自分の成績もよくなります。

友達関係も向上して、成績も上がるようになります。

積極的に、友達ともノートの交換をして情報共有をしましょう。

クラス内で競っても、情報共有することでお互いに成績が上がれば、クラス全体のレベルが上がります。

たとえ、自分の知っている情報をクラス内で共有して、自分の成績が多少落ちたとしても問題ありません。

クラス全体の成績の平均値が上がっているだけです。

仲間意識も向上して成績も上がり、クラスの雰囲気がよくなれば、さらに情報共有が進むことでしょう。

 

たとえば、友達の使っているノートを見せてもらって、勉強の参考にします。

黒板の説明を書ききれなかったときには、友達からノートを借りて、コピーをさせてもらいます。

またあなたも友達が困っているときには、助けるようにしましょう。

特にセンター試験、大学受験など、全国レベルの大規模な試験ほど、自分一人の情報収集では限界があります。

多くの人からの有用な情報を集めて試験に立ち向かえば、有利な状態になります。

たくさんの仲間からの情報収集で、あなたの成績は必ず上がります。

まとめ

成績が上がる勉強法 その19
  • クラスメートは、敵と考えるのではなく、仲間と考える。
質を求めた勉強は失敗する。
スピードのある勉強が成功する。

もくじ
成績が上がる30の勉強法
重要な情報は、もったいぶらずに共有する。 | 成績が上がる30の勉強法

  1. 「ノートに書く1時間」と「記憶に集中する1時間」は、まったく別物。
  2. アウトプットは、インプットが大前提。
  3. まず1冊の教科書を使って、徹底的に勉強する。
  4. どんなに古臭い本でも「王道」と言われる本を1冊は持っておくこと。
  5. 勉強には、王道の5段階がある。
  6. 歴史は、漫画を読んで流れをつかむ。
  7. 100点を目指さない。
    90点も取れれば十二分。
  8. 基本5科目「英国理数社」より、はるかに重要な「自分」という科目がある。
  9. 勉強は、夜より、朝する。
  10. 本当に勉強ができる人は、ノートを取らず、教科書に書き込む。
  11. ノートオタクにならないこと。
  12. 勉強に、生理現象の我慢は禁物。
  13. 効果的な勉強に「音読」は当たり前。
    勉強の達人は「立って音読」をする。
  14. トイレ・お風呂・自室の壁を、最大限に活用する。
  15. 区切りや制限時間を作ると、頭がしゃきっとする。
  16. 試験日は、最初に決めてしまう。
  17. 勉強にお金を惜しむと、成績が伸びない。
  18. 予習より、復習に力を入れよう。
  19. 重要な情報は、もったいぶらずに共有する。
  20. 質を求めた勉強は失敗する。
    スピードのある勉強が成功する。
  21. 復習効果を倍増させるには「1人授業」が効果的。
  22. 睡眠時間を削ってまで、勉強をしない。
  23. 勉強のできる人は、パンよりご飯を食べる。
  24. ガムを噛めば、頭の回転がよくなる。
  25. テストの復習をする最もよいタイミングは、受け終わった直後。
  26. 必要な科目が決まったら、必要ない教科は徹底的に捨てること。
  27. 疲れにくく継続ができる勉強は、耳からしよう。
  28. 「鉛筆とノート」より「ボールペンと紙」のほうがいい。
  29. 音楽を聴きながらする勉強は、効果的なのか。
  30. 合格した後の自分を想像しながら、勉強する。

同じカテゴリーの作品