まとめ
(心を豊かにする30の言葉)
心を豊かにする30の言葉

  • 生活を見直して、心の余裕を持つ。
  • 新しいことを始める理由は「興味がある」だけで十分と考える。 少しでも興味があることは、お金と時間の許すかぎり、どしどし積極的にアタックしていく。
  • 自然と早起きをした朝は、早めの活動を始める。
  • 運動不足の解消は「歩くこと」から始める。
  • 誰も成功を信じてくれなくても、自分だけは成功を信じる。
  • 力を入れて仕事をしたときと力を抜いて仕事をしたときで結果を比較してみる。 どちらも結果が大差ないなら、力を抜いて仕事をする。
  • リラックスしているときも、ハッピーであることに気づく。
  • 今後二度と悪口を言わないと決意する。
  • あっさり叶う夢ではなく、叶えるのに時間がかかる夢を持つ。
  • 最高に天気のいい日は、急な予定変更で外出する。
  • 思うようにいかない日々で挫折しかけたときは「ここから私の第2幕が始まる」とつぶやいて、新しい一歩を踏み出す。
  • 普段穏やかな人の態度が悪くなったときは「何かあって余裕がないのだろう」と考える。
  • トイレの個室を入れ替わりで利用する際は、きちんと扉が閉まって、3秒置いてから入る。
  • お会計のとき、感謝しながら支払う。
  • きちんと耳を澄まして、心の声に気づく。
  • 自分より不幸な人を見て安心する暇があるなら、自分より努力している人を見てパワーをもらう。
  • 健康を大切にしていると言いつつ健康診断をスルーしていないか振り返ってみる。 健康を大切にしているなら、毎年きちんと健康診断を受診する。
  • 効率化は、楽しみの損失につながっていないか、一度振り返ってみてください。
  • 絶対許せないことがあれば、嘘でもうわべでもいいので「許せる」と思ってみる。
  • あらゆる失敗は、いつか笑い話になることに気づく。 失敗したら「笑い話のネタができた」と喜ぶ。
  • 直感を生かす場面では、考えすぎないようにする。
  • 大人になるために、年齢より成長を大切にする。
  • 素早い返事を心がける際は「相手が言い終えてから」を意識する。
  • どうしても抵抗があることは、きちんと断る。
  • 「なんだか怪しい」と感じたことは、念のため距離を置いて、関わらないようにしておく。
  • 年始に立てた目標を思い出し、きちんと取り組む。
  • 仕事一色を心がけるのではなく、たまには「仕事に関係ない遊び」を楽しむ。
  • お金がかかることを嘆くのではなく、お金さえ出せば実現できることを喜ぶ。
  • 感情に振り回されそうになったときは「1人の静かな時間」を作る。
  • 諦めるなら、最後にもう一度、すべてを出し切るつもりでチャレンジする。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION