まとめ
(童心に返る30の方法)
童心に返る30の方法

  • 見栄・体裁・損得勘定を捨てる。
  • 童心に返れることを信じる。
  • 意識的に疑問を持つようにする。
  • 知らないことやわからないことがあれば、そのまま放置するのではなく、積極的に解消していく。
  • 遊ぶときには、余計なことを考えず、とことん集中する。
  • 勇気を出して、新しいことにチャレンジする。
  • 遊園地でたっぷり遊んで、童心に返る。
  • 動物園や水族館に行く。
  • 子供のころによくやった遊びを、久しぶりに楽しんでみる。
  • おもちゃ売り場を歩いてみる。 気に入ったおもちゃがあれば、自分のために買ってみる。
  • 子供と水遊びを楽しむ。
  • 子供とままごとをして、大切なことに気づかせてもらう。
  • 思い出深い写真を見ながら、映った瞬間だけでなく、その前後の出来事を思い出してみる。
  • 久しぶりに懐かしい駄菓子を買って食べてみる。
  • 子供向けのアニメを見て、童心に返る。
  • 童話や昔話を読み返して、そこに含まれる教訓や含蓄に気づく
  • たまには自分のために絵本の読み聞かせをしてみる。
  • 愛らしいパッケージのお菓子を買って、おいしく味わう。
  • 学生時代に書いた作文や卒業文集を読む。
  • 前から気になっている通信教育講座に思い切って申し込む。
  • 霜柱を踏みつぶして遊ぶ。
  • ゲームセンターで1,000円分だけ遊んでみる。
  • 欲しいものが売り切れていたときは、簡単に諦めるのではなく、注文や取り寄せをお願いする。
  • 雪だるまを作ることも、リフレッシュや気分転換として、有効です。
  • パラパラ漫画を描いてみる。
  • 露店巡り・露店グルメ・露店ゲームを楽しむ。
  • 縁日に行って、子供に交じってゲームを楽しむ。
  • 季節外れのクリスマスツリーを楽しんでみる。
  • 季節外れのスイカ割りを楽しんでみよう。 友人とスイカ割りゲームを楽しんでみる。
  • オムレツ・オムライスを食べるときは、トマトケチャップで絵を描いて楽しむ。 上手に描けたら、写真を撮って、ブログやSNSにアップする。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION