普通の日常を食のワンダーランドに変える
30の方法

20
0

新しいお店を開拓したいと言いつつ、
新しいお店を避けていないか。

新しいお店を開拓したいと言いつつ、新しいお店を避けていないか。 | 普通の日常を食のワンダーランドに変える30の方法

新しいお店を開拓したい

「新しいお店を開拓したい」と言う人がいます。

新しいお店には、新鮮な雰囲気があります。

素晴らしい美食と出会えるかもしれません。

見たことも食べたこともない珍料理があるかもしれません。

冒険感もあって、わくわくどきどきするでしょう。

初めて行くお店は、冒険をするような気分がありますね。

新しいお店を知ることで、自分の中の世界観も広がります。

そのお店が素晴らしければ、紹介できるお店も増えるでしょう。

「新しいお店を開拓したい」という気持ちを持つ人も多いでしょう。

しかし、ここでよくある矛盾した現象があります。

新しいお店を開拓したいと言いつつ、新しいお店を避けるという現象です。

新しいお店を見つけて気になっても、尻込みして入ろうとしません。

「入ってみたい。でも入りたくない」と言います。

発言と行動が矛盾しています。

新しいお店を避けているかぎり、開拓は不可能です。

不可思議な話ですが、意外とよくあることです。

「また今度」「機会があれば」と思いつつ、いつまで経っても入ることがありません。

自分を振り返って、発言と行動が矛盾していないか確認してみてください。

すでにあなたもその1人かもしれません。

恥ずかしがっていてはダメ

新しいお店を避けてしまう理由は「心理的な抵抗」です。

一度も入ったことがないと、どんなところかわからないため緊張や恥ずかしさがあります。

たしかに初めてのお店は、心理的な抵抗があって入りにくく、避けてしまうことも多いもの。

しかし、それは当然のことです。

新しいお店を開拓するには、勇気を出して、恥ずかしさを乗り越える必要があります。

自分の矛盾した行動パターンに気づくことです。

「新しいお店を開拓したいと言いつつ、新しいお店を避けているのはおかしいよね」

自分の矛盾に気づくだけでも違います。

恥ずかしく感じますが、だからこそ勇気を鍛える機会にもなります。

新しいお店には、今まで食べたことがないようなものがあるかもしれません。

自分の世界が広がる様子を想像すれば、期待に胸を膨らんで勇気が出やすくなります。

勇気が出ないなら、顔をぱちんと叩いて気合を入れ、なけなしの勇気を振り絞りましょう。

新しい世界を知ることに集中すれば、期待感が大きくなるぶんだけ恥ずかしさが半減します。

こういうときに頼りになるのが、友人

どうしても1人で入店するのが難しいときもあるでしょう。

本来であれば1人で入店したほうが、メンタルトレーニングにもなって効果的ですが、勇気が出ないことがあるもの。

どうしても1人で入店するのが難しいなら、友人を誘ってみましょう。

1人で入店するのが恥ずかしくても、友人と一緒なら、抵抗が小さくなるでしょう。

ベストではありませんが、いつまでもためらって入店しないでいるよりはベターです。

困ったときは、素直に友人の力を借りて入店したほうが、新しい未来が切り開けます。

普通の日常を食のワンダーランドに変える方法(20)
  • 新しいお店に入るときは、恥ずかしさを乗り越えるものとする。
季節の先取りは、ファッションに限ったことではない。
食においても大切なこと。

普通の日常を食のワンダーランドに変える30の方法
普通の日常を食のワンダーランドに変える30の方法

  1. 食のワンダーランドに行くのではない。<br>今いる場所を食のワンダーランドにするのだ。
    食のワンダーランドに行くのではない。
    今いる場所を食のワンダーランドにするのだ。
  2. お食事券は、早めに使おう。<br>もたもたしていると、後悔することになる。
    お食事券は、早めに使おう。
    もたもたしていると、後悔することになる。
  3. お気に入りの音楽をBGMにすれば、いい雰囲気で食事ができる。
    お気に入りの音楽をBGMにすれば、いい雰囲気で食事ができる。
  4. あなたは、食の魔法使い。<br>お店に入って一言唱えるだけでいい。
    あなたは、食の魔法使い。
    お店に入って一言唱えるだけでいい。
  5. 食べっぷりの褒め言葉は、人に言うものとは限らない。<br>自分に対して言ってもいい。
    食べっぷりの褒め言葉は、人に言うものとは限らない。
    自分に対して言ってもいい。
  6. 新しい料理との出会いは、行きつけのお店にある。
    新しい料理との出会いは、行きつけのお店にある。
  7. 週末は、外食をするベストタイミング。
    週末は、外食をするベストタイミング。
  8. 1人で食事をするときは、自分と仲良く過ごす時間。<br>自分と向き合って食べていることをイメージする。
    1人で食事をするときは、自分と仲良く過ごす時間。
    自分と向き合って食べていることをイメージする。
  9. カフェ巡り・スイーツ巡りも、素晴らしい趣味。
    カフェ巡り・スイーツ巡りも、素晴らしい趣味。
  10. 料理は、見るのではなく見つめるもの。<br>7秒見つめたら、恋に落ちている。
    料理は、見るのではなく見つめるもの。
    7秒見つめたら、恋に落ちている。
  11. 食欲旺盛がいけないのではない。<br>食べすぎるのがいけないのだ。
    食欲旺盛がいけないのではない。
    食べすぎるのがいけないのだ。
  12. 素晴らしい絶景は、食品売り場にある。<br>食品売り場こそ、食のワンダーランド。
    素晴らしい絶景は、食品売り場にある。
    食品売り場こそ、食のワンダーランド。
  13. 食のワンダーランドは、あなたの手のひらにある。
    食のワンダーランドは、あなたの手のひらにある。
  14. 初めて聞く食べ物は、忘れないうちにメモをする。
    初めて聞く食べ物は、忘れないうちにメモをする。
  15. 新しいお店は「いつもと違った道」にある。
    新しいお店は「いつもと違った道」にある。
  16. あなたの人生を変えてくれるお店は、どこかにきっとある。
    あなたの人生を変えてくれるお店は、どこかにきっとある。
  17. お気に入りのエコバッグを持参すると、買い物がエンターテイメントの時間になる。
    お気に入りのエコバッグを持参すると、買い物がエンターテイメントの時間になる。
  18. お食事券のプレゼントは、食体験のプレゼント。
    お食事券のプレゼントは、食体験のプレゼント。
  19. 食べ歩きが許される場所は、食べ歩きを楽しむチャンス。<br>ちょっとした非日常感を味わえるだろう。
    食べ歩きが許される場所は、食べ歩きを楽しむチャンス。
    ちょっとした非日常感を味わえるだろう。
  20. 新しいお店を開拓したいと言いつつ、新しいお店を避けていないか。
    新しいお店を開拓したいと言いつつ、新しいお店を避けていないか。
  21. 季節の先取りは、ファッションに限ったことではない。<br>食においても大切なこと。
    季節の先取りは、ファッションに限ったことではない。
    食においても大切なこと。
  22. あなたの舌は、ダンス会場。<br>舌の上で食べ物を踊らせよう。
    あなたの舌は、ダンス会場。
    舌の上で食べ物を踊らせよう。
  23. 食事をする時間を「夢の時間」と考える。
    食事をする時間を「夢の時間」と考える。
  24. 今年一番のアタリのお店に、大切な人を招待する。
    今年一番のアタリのお店に、大切な人を招待する。
  25. あなたは「食後の余韻」を大切にしているか。
    あなたは「食後の余韻」を大切にしているか。
  26. 飲食店は、日常に点在するピット。
    飲食店は、日常に点在するピット。
  27. 出前のメリットは、手間暇を省けることだけではない。<br>ユニークな食体験を楽しめること。
    出前のメリットは、手間暇を省けることだけではない。
    ユニークな食体験を楽しめること。
  28. 合言葉キャンペーンは、勇気を鍛えるキャンペーン。
    合言葉キャンペーンは、勇気を鍛えるキャンペーン。
  29. あなたは、食の冒険者。<br>おいしいものを探す旅に出かけよう。
    あなたは、食の冒険者。
    おいしいものを探す旅に出かけよう。
  30. いつか行ってみたいお店に今すぐ行こう。<br>本気になれば、今日中に実現できるはずだ。
    いつか行ってみたいお店に今すぐ行こう。
    本気になれば、今日中に実現できるはずだ。

同じカテゴリーの作品

4:16

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION