まとめ
(幸せ体質になる30の方法)
幸せ体質になる30の方法

  • 幸せを感じる時間を、1分1秒でも増やしていく。
  • 幸せになるために、地位・お金・成功を求めるのはやめる。 「物質的な豊かさ」より「精神的な豊かさ」を大切にする。
  • 作ってくれた人を思い浮かべて、感謝の念を持つ。
  • 常にバランスを心がける。
  • 積極的にトッピングをする。
  • 褒められるための趣味をしない。 自分が楽しく感じる趣味をする。
  • 物を置くときは、丁寧な動作を心がける。
  • 最初から評判を気にしない。 評判が知りたいなら、仕事が終わってからにする。
  • きれい好きになる。
  • 積極的にもらい笑いをしていく。
  • 自分の失敗を許して寛大な心を養い、人の失敗も許せるようになる。
  • めでたいことがあれば、自分で自分に花を贈って、きちんと祝う。
  • わくわくして寝られなかったときは「幸せな睡眠不足」と呼んでみる。
  • アドバイスをするときは、内容よりも言い方に注意する。
  • 時給の低い仕事でも、ばかにせず、リスペクトする。
  • 夢を持ち、夢に向かって努力する。
  • 「なんだか苦手」という人がいれば、すでに仲良しのつもりで話しかけてみる。
  • 思うだけでは意味がありません。
  • 保身で「寝不足」という言葉を使っているなら、今すぐやめる。
  • 1日3回は「幸せだな」と思う習慣を作る。
  • 幸せな人から、幸せ菌を分けてもらう。 幸せ菌の保持者になれば、恩返しとして、別の人に分けていく。
  • 嫌われたことに落ち込むのではなく、覚えてもらえたことを喜ぶ。
  • 周りの人を元気にしていく。 周りの人を元気にしていくことを、自分の喜びとする。 「明るい笑顔」「前向きな言葉」「親切な接し方」の3つを心がける。
  • わからないことがあって調べるとき、検索する前に考える癖をつける。
  • できるだけ反論をせず、素直に受け止める。
  • 頑張って好きになろうとしていることは、最初から諦めてしまう。 自然と好きになったことを大切にする。
  • 「なかなかうまくいかない」と思ったら、うまくいっているところに着目する。
  • 人違いされたとき、にっこりして軽い会釈を返す。
  • 「いらいらしたときは、普段より丁寧に振る舞う」というルールを、あらかじめ作っておく。
  • できなかったことは見ないで、できたことだけ見るようにする。

同じカテゴリーの作品

4:17
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION