まとめ
(仕事の神様に愛される30の方法)
仕事の神様に愛される30の方法

  • 誰よりも早く出社して、仕事の神様と仲良くなる。
  • いい仕事は、寝ることから始める。
  • 仕事のスピードを上げるより、仕事に取りかかるスピードを上げる。
  • 嫌いな人であろうと生理的に受け付けない人であろうと、挨拶だけはきちんとする。
  • つまらない仕事は「実は楽しい仕事」と思って、仕事の良さを発見していく。
  • 「自分に合わない」と思ったことでも、一度きちんと取り組んでみて「本当の相性」を確認してみる。
  • 神様にお願いを叶えてもらうのではなく、神様のお願いを叶える。
  • 紙に仕事のメリットを7つ書き出すことで、仕事の意義を実感して、モチベーションを上げる。
  • 「雑用をしている」と思ったら「価値のある雑用」と言い換えてみる。
  • 本当に苦手なのか、苦手と思い込んでいるだけなのか、きちんと分けて考える。
  • すべての手抜きが悪いと考えない。 「普通の手抜き」は避け「上手な手抜き」をする。
  • タイトルや見出しが思い浮かばなければ、先に本文から始めてしまう。
  • 「上司から与えられた仕事」は「神様から任された仕事」と言い換える。
  • 長文メールは避けて、3行メールを心がける。
  • ぎちぎちのスケジュールではなく、余裕のあるスケジュールに快感を覚えるようにする。
  • きちんとマイペースを把握する。 言葉や数字など、具体的にマイペースを説明できるようにしておく。
  • 好きなことでも、たまには休憩を入れる。
  • 押し付けがましく語る人にならない。
  • 点と点をつなげて線を作り、線と線をつなげて形を作る。
  • 上司から進捗を聞かれることがないよう、日頃から小まめな連絡を心がける。
  • 掃除をして、仕事運を高める。 トイレも忘れずに掃除する。
  • 教えたがり屋とは、深く関わらないようにする。
  • 便利な通信手段に頼りすぎない。 重要な場面では、通信手段で済ませるのではなく、実際に会ってコミュニケーションを取る。
  • しっかり仕事をして、しっかり遊んで、しっかり休む。
  • 「もっと頑張っている人がいる」というフレーズを信じて、際限なく頑張らない。 人の限界を基準にするのではなく、自分の限界を基準に考えて、頑張る。
  • 与えられた仕事は、どんな内容であろうと、使命感を持って取り組む。
  • 年上だけでなく、年下からも、学ぶようにする。
  • スランプになっても、諦めず、自分に合った方法で前を向き続ける。
  • 仕事がダメになっても、ふてくされず、前向きに考える。
  • 「生涯現役」を宣言して、元気で素晴らしい人生を送る。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION