成功者になる
30の条件

  • 報酬は
    「お金」より
    「成長」を求める人が成功する。
成功者になる30の条件

報酬は「お金」より「成長」を求める人が成功する。

あなたは会社に対して何を求めていますか。
報酬ですか、それともお金ですか。
会社に対してお金を求めるのか、成長を求めるのかのどちらに重点を置くかによって、これからの人生の成り行きが変わります。

報酬は「お金」より「成長」を求める人が成功する。

20歳の人間に適性はない。
適性は、やりたいことをやって身についてくる。

成功している人は、やりたいことを貫いた人です。
やりたいことをしたから、成功できたのです。
大学生が、就職活動でこんな質問をします。

20歳の人間に適性はない。適性は、やりたいことをやって身についてくる。

無理に続けることは、続かない。

無理をしている人を、ときどき見かけます。
無理をして勉強している人や、無理をしてフィットネスへ通っている人です。
無理をする必要はありません。

無理に続けることは、続かない。

できない人は、言葉で口説く。
できる人は、行動で口説く。

リーダーシップのある人は、部下を言葉より行動で口説く人です。
言葉であれこれと言うのではなく、行動で手本を見せたほうが本人のためになるからです。
できる人には、カリスマがあるということです。

できない人は、言葉で口説く。できる人は、行動で口説く。

できる人は、ビジョンを語り合う。
できない人は、過去を語り合う。

できる人とできない人の差は、会話にも表れます。
できる人は未来のビジョンを語り合い、できない人は過去の失敗を語り合います。
過去の話をしていけないわけではありません。

できる人は、ビジョンを語り合う。できない人は、過去を語り合う。

予定変更は延期ではなく、前倒しにするとうまくいく。

できる人はやる気に満ちていますから、いつも「早く行動したい。早く終わらせたい」という気持ちです。
特に予定変更をするときには、顕著に表れます。
相手先から、アポイント(予定)変更の電話が入ります。

予定変更は延期ではなく、前倒しにするとうまくいく。

フットワークが軽い人は、仕事ができる人。

できる人は、軽いフットワークを兼ね備えています。
突発的な仕事にもいつでも対応できるように、軽いフットワークを意識している人です。
軽さには、2種類あります。

フットワークが軽い人は、仕事ができる人。

できる人は、先手を打って有利になる。

できる人の共通点は、先手を打つことです。
先手を打つことで、有利な立場に立てます。
これは、どの世界でも共通して言えます。

できる人は、先手を打って有利になる。

実力社会こそ、数字が正直に評価される社会だ。

数字で表すとやる気が出ます。
具体的だからです。
自分の状態を数字で表現できるというのは、わかりやすいことです。

実力社会こそ、数字が正直に評価される社会だ。

1人の時間とは、自分のことを考える時間のこと。

1人で行動できる人は、間違いなく精神的に強い人です。
1人は、行動の全責任が自分に返ってきます。
つらいといえば、それまでです。

1人の時間とは、自分のことを考える時間のこと。

敵は殺さず、仲間にしてしまう。
桃太郎に見習おう。

できる人は、敵さえ仲間にしてしまいます。
強い敵が仲間になると、仕事の効率がよくなるからです。
敵だからとはいえ勝ったとしても、やがて恨みから仕返しにやってきます。

敵は殺さず、仲間にしてしまう。桃太郎に見習おう。

一生懸命仕事ができる人は、一生懸命遊ぶことができる人。

気分を切り替えることは、気持ちを切り替えることです。
日頃の作業にマンネリ気味になっていても、疲れを癒す気分転換ができていればつらい日常を乗り越えることができます。
自分の中で、どれだけうまく気分転換ができているかが成功のためのキーポイントです。

一生懸命仕事ができる人は、一生懸命遊ぶことができる人。

早歩きの人は、頭の回転が速くなる。

頭の回転が速く回っているときは、自然と体も動きが速くなります。
また体の動きが速いときも、自然と頭の動きも速くなります。
これは脳の神経と体の運動神経がつながっていて、連動しているからです。

早歩きの人は、頭の回転が速くなる。

できる人は、哲学を持っている。
判断基準がしっかりすると、生き方もしっかりする。

できる人になるための簡単な方法があります。
できる人がもつ哲学を学ぶのです。
できる考えを身につけるのです。

できる人は、哲学を持っている。判断基準がしっかりすると、生き方もしっかりする。

前かがみになっている人は、やる気のある人。

できる人は、前かがみになっています。
やる気満々といった感じです。
前かがみの姿勢は、少しでも相手に近づこうという意欲の表れです。

前かがみになっている人は、やる気のある人。

本は心の栄養。
体は大きくならないが、心は無限大に大きくなっていく。

読書をしている人は、成長している人です。
本は、先人の知識知恵の塊です。
先人は、人が経験するであろう失敗を先に経験して、そこで初めて得る知識や知恵を本にまとめて残しています。

本は心の栄養。体は大きくならないが、心は無限大に大きくなっていく。

朝から飛ばしてスタートすると、1日全体の調子がよくなる。

できる人は、いつでもできるわけではありません。
できる人は、朝が一番できる人になっています。
むしろ朝だからできるのです。

朝から飛ばしてスタートすると、1日全体の調子がよくなる。

やろうとしないだけ。
やってみれば、何とかなる。

「難しい」の一言で終わらせていませんか。
難しいかどうかは、やるだけやった人が言う言葉です。
とにかく、やってみることが大切です。

やろうとしないだけ。やってみれば、何とかなる。

記憶力より記録力。
社会で必要な人材は、記録力を持った人。

学校の勉強は暗記です。
先生が「ここがテストに出ますよ」というところをしっかり暗記ができていれば、テストで点が必ず取れます。
しっかり点が取れる人は「頭がいい」と言われます。

記憶力より記録力。社会で必要な人材は、記録力を持った人。

「あんなふうになりたい」と思ったことは、自分にもそうなれる才能がある。

「あんなふうになりたい」と思ったことは、自分にもそうなれる、隠れた才能があります。
憧れがあるからです。
憧れるということは、そうなりたいと願っているということです。

「あんなふうになりたい」と思ったことは、自分にもそうなれる才能がある。

完璧を目指す人に、完璧はない。
「今」の「自分」の「100パーセント」を出すことが大切。

日本人には、死ぬまで学び続けてしまう癖があります。
完璧を目指そうとしているから、死ぬまで学び続けてしまうのです。
死ぬまで学ぶのでは意味がありません。

完璧を目指す人に、完璧はない。「今」の「自分」の「100パーセント」を出すことが大切。

他人の考えより、自分が考えて間違えるほうが、かっこいい。

考える人は成長します。
考える人が成功します。
学問は、考えないとできません。

他人の考えより、自分が考えて間違えるほうが、かっこいい。

本、人、映画などの経験は、心の状態に応じて、受ける刺激が変わってくる。

同じ本でも、ときを変えて読み返してみると感じ方が変わっていることがあります。
本から「何を学ぶか」は「いつ読むか」がポイントです。
同じことを書いている本でも、あるときには一番に刺激されることもあれば、またあるときには4番に刺激されるときもあります。

本、人、映画などの経験は、心の状態に応じて、受ける刺激が変わってくる。

すべての「マイナス思考」は「プラス思考」に変えることができる。
意識を変えるだけでいい。

意識を変えることで、幸せに気づけます。
意識改革をしましょう。
具体的な方法は「気づく」ことです。

すべての「マイナス思考」は「プラス思考」に変えることができる。意識を変えるだけでいい。

学校教育が、天才を凡才にしてしまう。

世の中に存在する人は、すべて先生です。
自分にとってどうでもいいと言う人は、自分のこともどうでもいいということです。
私は、小さな子供と話すことが好きです。

学校教育が、天才を凡才にしてしまう。

本に低級も高級もない。
ためになる本なら、何でもいい。

本には低級も高級もありません。
本の評価は、本人のためになるかどうかで決まります。
ためになる本なら、何でもよいのです。

本に低級も高級もない。ためになる本なら、何でもいい。

行動できる人が、成功する。

思い立ったら行動すればいいのです。
次はないと思ってください。
次にはやる気がなくなっています。

行動できる人が、成功する。

成功者ほど、頭の中が整理されている。

成功者は頭の中で、たくさんのことを考えているように思えます。
たしかにたくさん考えています。
しかし、頭の中が整理されています。

成功者ほど、頭の中が整理されている。

失敗者は「逆境」で諦める。
成功者は「逆境」をバネにする。

成功者に1人残らず共通する決定的な共通点があります。
「逆境」です。
それも、大きな逆境です。

失敗者は「逆境」で諦める。成功者は「逆境」をバネにする。

当たり前のことほど見落としやすいのが、人間。

私はたくさんの話を、ウェブサイトの中で紹介します。
中身のある話を、読みやすく、理解しやすいように紹介します。
どれも比較的、当たり前のことばかりです。

当たり前のことほど見落としやすいのが、人間。

同じカテゴリーの作品

1:24:17
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION