悪酔いを防ぐ方法

2
3

飲みすぎの防止は、
自覚から始まる。

飲みすぎの防止は、自覚から始まる。 | 悪酔いを防ぐ方法

飲みすぎを防ぐなら「自覚」が欠かせません。

あなたは飲みすぎやすいタイプですか。

お酒を飲んだとき、どんなふうになるでしょうか。

お酒を飲んだときの行動パターンは、人によってさまざまです。

「調子に乗ると、すぐ飲みすぎてしまう」

「周りの雰囲気に飲み込まれると、飲みすぎる」

「最初はちびちび飲んでいても、盛り上がってくると、お酒を飲みすぎやすい」

飲みすぎる傾向があるなら、きちんと自覚しておきましょう。

飲みすぎを認めるのは、自己管理能力が足りないように感じて、抵抗感があるかもしれません。

だらしない自分を責めているように感じて、あえて現実の自分を見ないようにしていることもあるでしょう。

しかし、きちんと飲みすぎを防ぎたいなら、自覚は大切なポイントです。

自覚をすることは、自分を知ることでもあります。

自分を知らずして、お酒と正しい付き合い方をするのは難しい。

お酒の場で、自分はどんな振る舞い方をしているか。

自分の様子を振り返って、飲みすぎる傾向があるなら、きちんと自覚しておきましょう。

お酒に関する自分の特徴や傾向を、あらかじめ把握しておくことです。

「自分はお酒を飲むと調子に乗りやすいから、しっかり注意しよう」

「自分はお酒に弱い体質だから、無理をするのは避けよう」

「自分の場合、酔うと酒癖が悪くなりやすいから、飲みすぎないようにしよう」

お酒を飲んだときの傾向を把握しておけば、対策や注意喚起をしっかり行えます。

自慢にならないことであってもかまいません。

恥になることであっても、自分の傾向や特徴を把握しておけば、それに合わせた対策を立てることができます。

飲みすぎを防ぐなら、きちんと自覚しておくことが大切です。

自覚すれば100パーセント飲みすぎを防げるわけではありませんが、少なくとも防ぎやすくなります。

自覚することなくして、飲みすぎの対策はできません。

飲みすぎの防止は、自覚することから始まるのです。

悪酔いを防ぐ方法(2)
  • 飲みすぎる傾向があるなら、あらかじめ自覚する。
適量を守って楽しむお酒が、一番おいしい。

悪酔いを防ぐ方法
悪酔いを防ぐ方法

  1. 悪酔いを防ぐ基本は1つだけ。<br>「適量を守りながら、ゆっくり飲むこと」
    悪酔いを防ぐ基本は1つだけ。
    「適量を守りながら、ゆっくり飲むこと」
  2. 飲みすぎの防止は、自覚から始まる。
    飲みすぎの防止は、自覚から始まる。
  3. 適量を守って楽しむお酒が、一番おいしい。
    適量を守って楽しむお酒が、一番おいしい。
  4. お酒と水分を一緒に取るようにする。
    お酒と水分を一緒に取るようにする。
  5. もともとお酒に弱い体質なら、適量範囲を狭めておく。
    もともとお酒に弱い体質なら、適量範囲を狭めておく。
  6. 空腹や喉が渇いているときにお酒を飲むと、悪酔いしやすい。
    空腹や喉が渇いているときにお酒を飲むと、悪酔いしやすい。
  7. たくさんお酒が飲めることが偉いのではない。<br>節度を持ってお酒を飲めることが偉いのだ。
    たくさんお酒が飲めることが偉いのではない。
    節度を持ってお酒を飲めることが偉いのだ。
  8. 飲酒は、物足りないくらいでやめるのが、ちょうどいい
    飲酒は、物足りないくらいでやめるのが、ちょうどいい
  9. ため込んでいるストレスが、酒癖の悪さにつながっていないか。
    ため込んでいるストレスが、酒癖の悪さにつながっていないか。
  10. お酒の一気飲みほど、危険な飲み方はない。
    お酒の一気飲みほど、危険な飲み方はない。
  11. お酒の飲み方でかっこつけるのではない。<br>仕事の結果でかっこつけるのだ。
    お酒の飲み方でかっこつけるのではない。
    仕事の結果でかっこつけるのだ。
  12. 飲酒に集中するのではない。<br>コミュニケーションに集中するのだ。
    飲酒に集中するのではない。
    コミュニケーションに集中するのだ。
  13. 安酒は悪酔いしやすい。
    安酒は悪酔いしやすい。
  14. 悪酔いをするのは、お酒の種類にあるのかもしれない。
    悪酔いをするのは、お酒の種類にあるのかもしれない。
  15. 周りのペースに乗せられないように注意する。
    周りのペースに乗せられないように注意する。
  16. お酒が好きな人の近くに座ると、飲みすぎやすくなる。<br>お酒が苦手な人の近くに座れば、飲みすぎることもない。
    お酒が好きな人の近くに座ると、飲みすぎやすくなる。
    お酒が苦手な人の近くに座れば、飲みすぎることもない。
  17. あらかじめ相談をしておき、お酒の予防線を張っておく。
    あらかじめ相談をしておき、お酒の予防線を張っておく。
  18. お酒で大失敗をしたら、記憶と後悔が鮮明なうちに一部始終を書き留めておく。
    お酒で大失敗をしたら、記憶と後悔が鮮明なうちに一部始終を書き留めておく。
  19. 筋トレ後の飲酒は、悪酔いの原因になる。
    筋トレ後の飲酒は、悪酔いの原因になる。
  20. 二日酔いを迎え酒で紛らわせるほど、危険な飲み方はない。
    二日酔いを迎え酒で紛らわせるほど、危険な飲み方はない。
  21. 寝酒・昼酒・迎え酒は、アルコール依存症の入り口。
    寝酒・昼酒・迎え酒は、アルコール依存症の入り口。
  22. 酒癖を直す手がかりは、子供時代の熱中にある。
    酒癖を直す手がかりは、子供時代の熱中にある。
  23. 飲酒量を把握しておかなければ、適量の調整も難しい。
    飲酒量を把握しておかなければ、適量の調整も難しい。
  24. 最初に飲むぶんだけ注文して、追加注文をしない。
    最初に飲むぶんだけ注文して、追加注文をしない。
  25. 悪酔いを防ぐなら、ちゃんぽんは避けたほうが安心。
    悪酔いを防ぐなら、ちゃんぽんは避けたほうが安心。
  26. 上手な嘘は、社交の知恵。<br>「お酒に弱い」という嘘も、時には有効。
    上手な嘘は、社交の知恵。
    「お酒に弱い」という嘘も、時には有効。
  27. 体調が悪いときは、無理にお酒を飲むのは控える。
    体調が悪いときは、無理にお酒を飲むのは控える。
  28. 悪酔い・二日酔い防止のサプリメントに頼る。
    悪酔い・二日酔い防止のサプリメントに頼る。
  29. どれだけ酒癖の悪い人も、そもそもお酒を飲まなければ、醜態をさらすことはない。
    どれだけ酒癖の悪い人も、そもそもお酒を飲まなければ、醜態をさらすことはない。
  30. どうしてもお酒がやめられないなら、アルコール依存症を疑ってみる。
    どうしてもお酒がやめられないなら、アルコール依存症を疑ってみる。

同じカテゴリーの作品

飲み会・宴会」の人気記事

1
いきなり乾杯をするのはご法度。乾杯の前にしなければいけないこととは。
飲み会・宴会
いきなり乾杯をするのはご法度。
乾杯の前にしなければいけないこととは。
飲み会・宴会で幹事が心がける30の心得
2
会話の苦手な人が、話題の引き出しを手軽に増やす方法。
飲み会・宴会
会話の苦手な人が、話題の引き出しを手軽に増やす方法。
飲み会が苦手な人が酒を楽しむ30の方法
3
幹事は、やる気があれば、誰でもできる。そう思ったある人物との出会い。
飲み会・宴会
幹事は、やる気があれば、誰でもできる。
そう思ったある人物との出会い。
飲み会・宴会で幹事が心がける30の心得
4
乾杯直後の表情が、大切だ。
飲み会・宴会
乾杯直後の表情が、大切だ。
飲み会が苦手な人が酒を楽しむ30の方法
5
普通のビールがおいしくなる、つぎ方。
飲み会・宴会
普通のビールがおいしくなる、つぎ方。
飲み会が苦手な人が酒を楽しむ30の方法
6
幹事を楽しむ気持ちがあれば、企画も準備も、面白くなる。
飲み会・宴会
幹事を楽しむ気持ちがあれば、企画も準備も、面白くなる。
飲み会・宴会で幹事が心がける30の心得
7
上司から説教を言われたときの、定番の決まり文句とは。
飲み会・宴会
上司から説教を言われたときの、定番の決まり文句とは。
飲み会が苦手な人が酒を楽しむ30の方法
8
自分が飲むお酒を自分でつぐのは、普通のこと。どんどん手酌をしてもいい。
飲み会・宴会
自分が飲むお酒を自分でつぐのは、普通のこと。
どんどん手酌をしてもいい。
飲み会が苦手な人が酒を楽しむ30の方法
9
メモ用紙とボールペンがあると、話が盛り上がりやすい。
飲み会・宴会
メモ用紙とボールペンがあると、話が盛り上がりやすい。
飲み会が苦手な人が酒を楽しむ30の方法
10
宴会における最大の事故は、最も油断しがちな帰り際に起こりやすい。
飲み会・宴会
宴会における最大の事故は、最も油断しがちな帰り際に起こりやすい。
飲み会・宴会で幹事が心がける30の心得

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION