読み上げ動画・音声
睡眠
人間は寝ている間に、200mlもの水分が失われている。
睡眠
積極的に水を飲むと、体の調子がよくなる。
猫があまり水を飲んでくれない。
喉は渇かないの?
仕事効率化
水を大量に飲むことは、意外な仕事術の1つ。

心地よい睡眠
30方法

お気に入り2 読んだ
その7

ているにも、
大量水分われる

寝ている間にも、大量の水分が失われる。 | 心地よい睡眠の30の方法

は、寝ている間におよそ200mlの水分が失われると言われています。

寝ている間にコップ1杯分が、汗として発汗されると考えるといいでしょう。

睡眠中の体温調節のために、寝ている間も汗をかいているのです。

起きた直後は軽い水分不足の状態になっているため、水分の補給が必要です。

寝ている間に大量に発汗した分、朝にしっかり補給しておく必要があるのです。

逆も言えます。

夜、寝ている間に水分が失われるからこそ、寝る前に水を飲んでおくということです。

また寝る前の水分補給はお肌に水分を行き渡らせることもでき、美容にも有効です。

こうしたことを踏まえ、私はいつも夜寝る前と寝起き直後には、水素水を飲むことが習慣になっています。

寝る前にはコップ1杯分の水を飲み、起きたら水を飲んで目を覚ますといった感じです。

人の体のほとんどは、水分でできています。

しっかり水分を取っておくことは、就寝前後だけでなく、普段から必要なことなのです。

心地よい睡眠の方法 その7

  • きた直後に、

【→次の記事】

積極的に水を飲むと、体の調子がよくなる。

もくじ
(心地よい睡眠の30の方法)

同じカテゴリーの作品