心に響く
30の言葉

23
1

知識の偏りを恐れるな。
知識は偏りがあって正常。

知識の偏りを恐れるな。知識は偏りがあって正常。 | 心に響く30の言葉

「知識に偏りがあるね」

そう言われたとき、自分の勉強不足に気づかされます。

誰もが普通に知っていることを自分だけ知らないと、自分が遅れているように感じて、不安になる。

勉強不足の自分が恥ずかしく感じ、情けなくなる。

「そんなことも知らない」と言われると、見下されたように感じ、むっとする人もいるかもしれません。

知識の偏りをばかにされると、興味関心のない分野であっても、広く満遍なく勉強もしようとする人もいるでしょう。

もちろん一般常識ならいいのです。

日常を過ごす上で必要な知識なら、ある程度広く浅く知っておく必要があるでしょう。

税の知識、健康の知識、法律の知識。

生活上の知恵、仕事上の知恵。

言葉遣い、マナー、礼儀作法。

社会のこと、政治のこと、世の中のこと。

生活に密着した知識は生きる上で必要ですから、一般常識を知っておくことは大切です。

しかし、自分の専門に関しては、平均以上に知識を深めておく必要があります。

知識を深めて深めすぎることはありません。

専門は、仕事の範囲であり、守備範囲です。

人や社会の発展につながり、使命を果たす場所ですから、とことん知識を深めておきたい。

自分が戦う土俵に関してだけは、誰にも負けないくらい詳しくなっておく必要があります。

詳しいからこそ、素晴らしい結果を発揮できるようになります。

するとどうなるか。

専門に関しては博識になる一方、専門以外は素人同然、あるいはそれ以下になります。

専門を深めるにつれて知識が豊富になる一方、専門以外とのギャップが広がっていきます。

つまり、相対的な差が広がっていくのです。

知識の偏りを恐れてはいけません。

知識の偏りは、あって正常です。

とことん専門を深めていけば、知識が偏るのは自然なこと。

知識が偏っているのは、むしろ自分の専門を深められている証拠です。

「詳しいね」「よく知っているね」と周りから感心されるくらいになっておきたい。

自分の守備範囲を、しっかりカバーできているといえます。

得意分野が確立され、仕事における武器として磨きがかかっています。

「知識が偏っているね」と指摘されることを恐れないことです。

自分から知識を偏らせにいくくらいでかまいません。

知識が偏ってこそプロの条件。

広く浅く知っている人より、特定の分野だけ詳しくなっているほうが、プロの風格です。

心に響く言葉(23)
  • 知識の偏りを恐れない。
  • 自分の専門分野の知識は、徹底的に深めておく。
注意されるうちが華。
注意されていらいらしたら、心の小さい自分を反省する。

心に響く30の言葉
心に響く30の言葉

  1. いいことがあるから、いい顔をするのではない。<br>いい顔をするから、いいことがある。
    いいことがあるから、いい顔をするのではない。
    いい顔をするから、いいことがある。
  2. 褒め言葉は、いきなり否定するものではなく、まず感謝するもの。
    褒め言葉は、いきなり否定するものではなく、まず感謝するもの。
  3. 失敗が悪いわけではない。<br>失敗を隠そうとするのが悪いのだ。
    失敗が悪いわけではない。
    失敗を隠そうとするのが悪いのだ。
  4. 幸福は気づきにくい。<br>不幸は気づきやすい。
    幸福は気づきにくい。
    不幸は気づきやすい。
  5. 完全にぼうっとするのではない。<br>問題を意識しながらぼうっとする。
    完全にぼうっとするのではない。
    問題を意識しながらぼうっとする。
  6. 世の中に完全な理解はない。<br>「理解は誤解の一種」と心得る。
    世の中に完全な理解はない。
    「理解は誤解の一種」と心得る。
  7. 自分の才能を開花させるには「捨てる覚悟」が必要。
    自分の才能を開花させるには「捨てる覚悟」が必要。
  8. 第一志望を受験しなければ、合格の可能性はゼロ。
    第一志望を受験しなければ、合格の可能性はゼロ。
  9. おしゃれでも、元気がないと、魅力的に見えない。<br>おしゃれでなくても、元気があると、魅力的に見える。
    おしゃれでも、元気がないと、魅力的に見えない。
    おしゃれでなくても、元気があると、魅力的に見える。
  10. 他人の魅力は、真似するものではなく、参考にするもの。<br>自分の魅力は、作るものではなく、引き出すもの。
    他人の魅力は、真似するものではなく、参考にするもの。
    自分の魅力は、作るものではなく、引き出すもの。
  11. 怒りを感じるのはいい。<br>怒りを爆発させるのがいけない。
    怒りを感じるのはいい。
    怒りを爆発させるのがいけない。
  12. 現在は1つしかない。<br>未来は無限にある。
    現在は1つしかない。
    未来は無限にある。
  13. 始めるきっかけは何でもいい。
    始めるきっかけは何でもいい。
  14. 明けない夜はない。<br>やまない雨もない。<br>過ぎ去らない嵐もない。
    明けない夜はない。
    やまない雨もない。
    過ぎ去らない嵐もない。
  15. 頭で考えるのは大切。<br>心で感じるのはもっと大切。
    頭で考えるのは大切。
    心で感じるのはもっと大切。
  16. 当たり前の生活習慣は、簡単であっても一番大変。
    当たり前の生活習慣は、簡単であっても一番大変。
  17. 車のハンドルは「遊び」があるから、安全運転できる。<br>人生も「遊び」があるから、うまくいく。
    車のハンドルは「遊び」があるから、安全運転できる。
    人生も「遊び」があるから、うまくいく。
  18. 友情の絆は、急にできるものではなく、育てていくもの。
    友情の絆は、急にできるものではなく、育てていくもの。
  19. 友情・愛情で大切なのは、物理的な距離より精神的な距離。
    友情・愛情で大切なのは、物理的な距離より精神的な距離。
  20. やりたいことをやっている人は、成果にかかわらず、かっこいい。
    やりたいことをやっている人は、成果にかかわらず、かっこいい。
  21. 人生の扉を切り開く鍵は、あなたの心の中にある。
    人生の扉を切り開く鍵は、あなたの心の中にある。
  22. 肉体は消耗品。
    肉体は消耗品。
  23. 知識の偏りを恐れるな。<br>知識は偏りがあって正常。
    知識の偏りを恐れるな。
    知識は偏りがあって正常。
  24. 注意されるうちが華。<br>注意されていらいらしたら、心の小さい自分を反省する。
    注意されるうちが華。
    注意されていらいらしたら、心の小さい自分を反省する。
  25. 屈辱は、恥で終わるものではなく、バネにして晴らすもの。
    屈辱は、恥で終わるものではなく、バネにして晴らすもの。
  26. 前回の話を思い出せないのは、真剣に聞いていなかった証拠。
    前回の話を思い出せないのは、真剣に聞いていなかった証拠。
  27. 普段から頭を下げておかないと、大切な場面で頭を下げにくくなる。
    普段から頭を下げておかないと、大切な場面で頭を下げにくくなる。
  28. 1日1日がチャンス。
    1日1日がチャンス。
  29. 邪念が湧いて良心を失いそうになったら、天から神様が見ている様子をイメージしよう。
    邪念が湧いて良心を失いそうになったら、天から神様が見ている様子をイメージしよう。
  30. 努力は、必ず報われるとは限らない。<br>ただし、努力した事実と経験は消えない。
    努力は、必ず報われるとは限らない。
    ただし、努力した事実と経験は消えない。

同じカテゴリーの作品

3:30

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION