執筆者:水口貴博

心に響く30の言葉

9

おしゃれでも、元気がないと、魅力的に見えない。おしゃれでなくても、元気があると、魅力的に見える。

おしゃれでも、元気がないと、魅力的に見えない。おしゃれでなくても、元気があると、魅力的に見える。 | 心に響く30の言葉

魅力的に見えるためにはどうすればいいか。

代表的な方法の1つが「おしゃれ」です。

おしゃれを磨けば、魅力的に見えると考える人も多いのではないでしょうか。

もちろん魅力を出すなら、おしゃれは有効です。

きれいな服装。

整った髪型。

美しいメイク。

さりげなく輝く装飾品。

爽やかな清潔感。

身なりに気を配れば、さぞ魅力的に見えるでしょう。

コーディネートが上手なら、センスのよい雰囲気が漂います。

明るくて華やかな雰囲気も出れば、多くの人から注目してもらえます。

おしゃれは、効果的で即効性もあります。

自分の魅力をアピールしようと、おしゃれを頑張る人も多いのではないでしょうか。

ところが、どんなにおしゃれであっても「あること」がなくなると、一気に魅力がなくなります。

元気なのです。

想像してみてください。

おしゃれな人でも、元気がないと、どう見えるでしょうか。

口数が少ない。

話の内容が暗い。

疲れた表情をしている。

腰が曲がっていて、姿勢が悪い。

何をするにも、だるそう。

暗い雰囲気が漂っていると、魅力が乏しく見えるはずです。

一緒にいても、ぎこちない空気が流れ、気が滅入ってしまうでしょう。

どんなにおしゃれでも、元気がないと、魅力的に見えないのです。

魅力的になりたいなら、おしゃれより元気を心がけましょう。

魅力を出すには、おしゃれも大切ですが、元気はもっと大切です。

元気があってこそ、おしゃれも映えます。

おしゃれに自信がないなら、元気を心がけるのが得策です。

元気さえあれば、おしゃれが物足りなくても、魅力的に見えます。

人間味があふれていて、パワーが感じられます。

人は、元気のある人に引き寄せられます。

子どもたちが魅力的に見えるのは、元気があるからです。

いつも明るく元気で活発だから、魅力に見えます。

高級な宝飾品を身につけなくても、元気があれば、生き生きした輝きが出ます。

元気こそ、最高の魅力。

生命力を感じさせ、幸せな雰囲気も出てきます。

おしゃれを頑張るのもいいですが、まず元気を心がけましょう。

おしゃれでなくても、元気があると、魅力的に見えるのです。

心に響く言葉(9)
  • 魅力を出したいなら、おしゃれより元気に力を入れる。
他人の魅力は、真似するものではなく、参考にするもの。
自分の魅力は、作るものではなく、引き出すもの。

心に響く30の言葉

  1. いいことがあるから、いい顔をするのではない。
    いい顔をするから、いいことがある。
  2. 褒め言葉は、いきなり否定するものではなく、まず感謝するもの。
  3. 失敗が悪いわけではない。
    失敗を隠そうとするのが悪いのだ。
  4. 幸福は気づきにくい。
    不幸は気づきやすい。
  5. 完全にぼうっとするのではない。
    問題を意識しながらぼうっとする。
  6. 世の中に完全な理解はない。
    「理解は誤解の一種」と心得る。
  7. 自分の才能を開花させるには「捨てる覚悟」が必要。
  8. 第一志望を受験しなければ、合格の可能性はゼロ。
  9. おしゃれでも、元気がないと、魅力的に見えない。
    おしゃれでなくても、元気があると、魅力的に見える。
  10. 他人の魅力は、真似するものではなく、参考にするもの。
    自分の魅力は、作るものではなく、引き出すもの。
  11. 怒りを感じるのはいい。
    怒りを爆発させるのがいけない。
  12. 現在は1つしかない。
    未来は無限にある。
  13. 始めるきっかけは何でもいい。
  14. 明けない夜はない。
    やまない雨もない。
    過ぎ去らない嵐もない。
  15. 頭で考えるのは大切。
    心で感じるのはもっと大切。
  16. 当たり前の生活習慣は、簡単であっても一番大変。
  17. 車のハンドルは「遊び」があるから、安全運転できる。
    人生も「遊び」があるから、うまくいく。
  18. 友情の絆は、急にできるものではなく、育てていくもの。
  19. 友情・愛情で大切なのは、物理的な距離より精神的な距離。
  20. やりたいことをやっている人は、成果にかかわらず、かっこいい。
  21. 人生の扉を切り開く鍵は、あなたの心の中にある。
  22. 肉体は消耗品。
  23. 知識の偏りを恐れるな。
    知識は偏りがあって正常。
  24. 注意されるうちが華。
    注意されていらいらしたら、心の小さい自分を反省する。
  25. 屈辱は、恥で終わるものではなく、バネにして晴らすもの。
  26. 前回の話を思い出せないのは、真剣に聞いていなかった証拠。
  27. 普段から頭を下げておかないと、大切な場面で頭を下げにくくなる。
  28. 1日1日がチャンス。
  29. 邪念が湧いて良心を失いそうになったら、天から神様が見ている様子をイメージしよう。
  30. 心に響いた名言が、あなたの人生を変える。

同じカテゴリーの作品

3:11

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION