生き方

自分らしく生きる
30の方法

35
28

壁を乗り越えるための手段は2つ。
「実力」をつけるか
「方法」を知るか。

壁を乗り越えるための手段は2つ。「実力」をつけるか「方法」を知るか。 | 自分らしく生きる30の方法

「限界」と感じることは、限界ではありません。

ただその壁を乗り越えられないでいるのです。

世の中には限界ということはないため、何とかして乗り越えられる方法があります。

壁を乗り越えるためには、次のどちらかの手段が考えられます。

  1. 実力をつける
  1. 方法を見つける

初めに考えられるのが(1)の「実力をつける」です。

壁を感じて乗り越えられないでいたら、単純に実力がないからという理由が考えられます。

こうしたときには、もっと実力をつけることで乗り越えていけます。

 

ただし、必ずしもすべてが実力をつけることでしか解決できないということではありません。

壁を乗り越えるためには、もう1つのアプローチがあります。

それが(2)の「方法を見つける」ということです。

これは実力は十分に身についているはずなのに、壁を乗り越えていくことができないときの手段です。

実力があっても乗り越えられないのは、方法を知らないからです。

頭を柔らかくして考えれば単純な方法で壁を乗り越えていくこともできます。

 

たとえば、目の前に大きな山があります。

それこそヒマラヤのエベレスト山のような、大きな山です。

何とかして山の向こう側へと行きたいのですが、目の前に山があるために前に進んでいくことができません。

そんなときに「ここが限界か」と、くじける必要はありません。

何とかして山を乗り越えられる手段があるはずです。

まず一番原始的な方法で言えば、単純に山を乗り越えられるという実力を身につけ、山を歩いて乗り越えていくことです。

山が大きいだけに、実力も大きなものでなければいけません。

実力を身につけるまで時間も長くかかることでしょうし、効率が悪くなります。

そんなときに頭のいい人は、飛行機という「方法」を使って山を乗り越えていきます。

山を乗り越えるためには、足の実力をつけるだけとは限らず、単に飛行機を使ってすいすい飛んでいけばいいだけです。

これは本人に、飛行機という方法が思いつくかどうかがポイントです。

往々に目の前に山が立ちふさがると、目の前にある大きな存在に視界がいっぱいになります。

そのため視野を広くした考えがしにくくなり、簡単な方法でも頭が回らなくなってしまうのです。

乗り越える山が大きいばかりに頭がいっぱいになっている人は、実力をつけるためにたくさんの時間を使ってしまうことになります。

 

しかし、もっと冷静になって考えれば「方法」はほかにもあるのです。

飛行機という方法でなくても、列車でもトンネルを抜けることでも気球でもかまいません。

目の前にある山を乗り越えるために、あらゆる手段を考えてみることが、人生では大切なのです。

諦めたら、それで最後なのです。

自分らしく生きる方法(28)
  • あらゆる手段を考える。
「やらされる」から「やる」へと変えよう。

もくじ
自分らしく生きる30の方法
壁を乗り越えるための手段は2つ。「実力」をつけるか「方法」を知るか。 | 自分らしく生きる30の方法

  1. 自分らしく生きるとは、好きなことをやっていくということ。
    自分らしく生きるとは、好きなことをやっていくということ。
  2. 好きなことをやっていれば、必ず幸せになれる。
    好きなことをやっていれば、必ず幸せになれる。
  3. 利益を追い求めてしまうと、やりたいことがわからなくなってしまう。
    利益を追い求めてしまうと、やりたいことがわからなくなってしまう。
  4. こっそりしていることが、あなたの本当の好きなこと。
    こっそりしていることが、あなたの本当の好きなこと。
  5. 好きなことをやっていると、失敗さえも嬉しく感じてしまう。
    好きなことをやっていると、失敗さえも嬉しく感じてしまう。
  6. 今の小さな積み重ねが、将来の花になる。
    今の小さな積み重ねが、将来の花になる。
  7. 目的があるから目標がある。
    目的があるから目標がある。
  8. 楽しそうだからやろう。
    楽しそうだからやろう。
  9. 思い立ったら吉日。
    思い立ったら吉日。
  10. 楽しいことに、楽しいことを重ねてみよう。
    楽しいことに、楽しいことを重ねてみよう。
  11. 「失敗してもいい」と思えば、行動ができるようになる。
    「失敗してもいい」と思えば、行動ができるようになる。
  12. 自分のためにやれば、勉強も楽しくなる。
    自分のためにやれば、勉強も楽しくなる。
  13. 自分が体験したことが、一番頼りがいがある。
    自分が体験したことが、一番頼りがいがある。
  14. 「うまくいかないかもしれない」と思っていると、本当にうまくいかなくなる。
    「うまくいかないかもしれない」と思っていると、本当にうまくいかなくなる。
  15. 思いきって生きると、自分をもっと思いきれる。
    思いきって生きると、自分をもっと思いきれる。
  16. 若さは、それだけで強さになる。
    若さは、それだけで強さになる。
  17. 自分らしく生きるためには、周りに振り回されないこと。
    自分らしく生きるためには、周りに振り回されないこと。
  18. 選択肢を狭めているのは、実は自分。
    選択肢を狭めているのは、実は自分。
  19. 1人になったときの自分が、本当の個性。
    1人になったときの自分が、本当の個性。
  20. 直感的に感じたら、それを信じよう。
    直感的に感じたら、それを信じよう。
  21. 泣きたいときには、泣こう。<br>笑いたいときには、笑おう。
    泣きたいときには、泣こう。
    笑いたいときには、笑おう。
  22. 自己中心も、突き詰めれば、奉仕になる。
    自己中心も、突き詰めれば、奉仕になる。
  23. 負けないとわからないことは、負けてみないとわからない。
    負けないとわからないことは、負けてみないとわからない。
  24. ペースが速い人ではなく、ペースを崩さなかった人が最後に勝つ。
    ペースが速い人ではなく、ペースを崩さなかった人が最後に勝つ。
  25. いらない部分はどんどん捨てる。<br>最後に残ったものが本当のあなた。
    いらない部分はどんどん捨てる。
    最後に残ったものが本当のあなた。
  26. 量をこなして、初めて個性が成長する。
    量をこなして、初めて個性が成長する。
  27. 人間には、最高はあっても、限界はない。
    人間には、最高はあっても、限界はない。
  28. 壁を乗り越えるための手段は2つ。<br>「実力」をつけるか「方法」を知るか。
    壁を乗り越えるための手段は2つ。
    「実力」をつけるか「方法」を知るか。
  29. 「やらされる」から「やる」へと変えよう。
    「やらされる」から「やる」へと変えよう。
  30. 人生における目的と目標の極論は「何のために生きるのか」ということ。
    人生における目的と目標の極論は「何のために生きるのか」ということ。

同じカテゴリーの作品